ディスカバーのロードマップ

最終更新日:

Pendoロードマップは、さまざまな使い方ができる柔軟なツールです。次の四半期に実施予定の業務に関する幅広いテーマをリーダーに示し、次に起こりうることを関係者に伝えることができ、関係者は今後の展開に期待する見込み客と顧客を取得できます。

ロードマップは、社内チームを対象としています。顧客向けではありませんが、ロードマップを画像としてダウンロードして外部と共有できます。詳しくは、この記事のロードマップの可視性のセクションをご覧ください。

この記事では、ディスカバーのロードマップについて以下の内容を説明します。

  • 四半期ごとのタイムフレームでのロードマップの作成。
  • イニシアチブとフィーチャーの作成。
  • ドラッグアンドドロップ機能。
  • ページを離れずにフィーチャーとイニシアチブの詳細を参照できるUI操作。
  • フィーチャーとイニシアチブを追加および削除できるバックログ。
  • ロードマップをプレゼンテーションや組織外で共有するためのダウンロード機能。

Pendoのディスカバーでロードマップを作成する方法については、ロードマップの作成と編集を参照してください。

重要:Pendo Feedbackのロードマップ体験に関する情報をお探しの場合は、FeedbackのPendoロードマップの記事を参照してください。

テンプレート

カスタマイズ可能なロードマップテンプレートを使用すると、プロダクトやプロジェクト、プロセスの状況を従来の形式(タイムライン)またはかんばんスタイルのボード形式(現在、次、今後)で整理して伝えることができます。

Roadmap templates.png

タイムライン

タイムラインテンプレートを使用すると、時間軸で進捗を追跡できます。ここでは、特定のイニシアチブやフィーチャーを所定の開始日と終了日とともにタイムラインに沿って視覚化できます。四半期ごとの境界線を使用して、イニシアチブやフィーチャーのスケジュールを示します。四半期ごとの境界線は、1年のどの月からでも開始できるため、ロードマップを計画サイクルに合わせることができます。

Product roadmap example.png

現在、次、今後

現在、次、今後テンプレートを使用すると、進行中のタスクと実施予定のタスクの管理や追跡が簡単になります。現在の取り組みを「現在」「次期」「今後」「完了」という4つの優先順位で整理して、取り組みの計画を立て、関係者と共有できます。

Now, Next, Later.png

スイムレーン

使用しているテンプレートに関係なく、ロードマップでは、スイムレーンを使ってイニシアチブやフィーチャーをテーマ別に見ることができます。これらは柔軟性があります。たとえば、スイムレーンを使って、ロードマップの項目をプロダクトエリア、社内の部署、部門などでグループ化できます。ロードマップには、少なくとも1つのスイムレーンを含める必要があります。

Timeline swimlanes.png

Now Next Later Swimlanes.png

イニシアチブとフィーチャー

ロードマップには、ロードマップのニーズと企業のプロセスに合わせて使用できる2つのアイテムタイプを設定できます。

  • イニシアチブは、紫色のロケットのアイコンで表されます。イニシアチブは通常、プロジェクトなど大きな目標のことを指し、その中で細かい作業項目を整理することができます。イニシアチブはフィーチャーを含むことができます。
  • フィーチャーは、緑色の星型アイコンで表示されます。フィーチャーは通常、プロダクトの機能的要素をロードマップ上で表す時に使います。フィーチャーはより大きなイニシアチブに属する場合もありますが、単体で存在することもできます。

会社の目標やチームのプロセスに沿った内容や、ターゲット層に応じた内容を示すために、ロードマップのアイテムで細かい具体的な内容を表したり、大まかな概要を表したりできます。たとえば、ロードマップを画像として顧客と共有するには、大まかな計画に基づいたロードマップが必要で、営業と共有するには、近い将来に期待される具体的なロードマップが必要になります。

ステータス

ロードマップ編集者は、イニシアチブまたはフィーチャーを開いたときに、右側のパネルのドロップダウンメニューからロードマップ内のイニシアチブとフィーチャーのステータスを設定できます。ステータスのオプションは、検証のアイデアのステータスオプションと同じです。

  • 新規
  • 検討中
  • 検出時
  • 開発中
  • 現在公開中
  • アーカイブ済み

Roadmap statuses.png

ネスト

ロードマップのアイテム間の関係や、計画された作業がビジネス全体にどのような影響を与えるかを示すために、イニシアチブの中にフィーチャーを入れ込むことができます。たとえば、イニシアチブを使用して目標や目的を説明し、その目標や目的を達成するために提供する予定のフィーチャーを、イニシアチブの中に入れ込むようなイメージです。

Nesting.png

リサイズ

タイムラインテンプレートを使用している場合は、ロードマップ上のアイテムのサイズを変更して、タイムラインに沿って必要な場所で開始および終了するようにできます。これは、イニシアチブの中に入れ込まれたそれぞれのフィーチャーも含まれます。つまり、イニシアチブの全期間にわたってフィーチャーを設定するのではなく、入れ込まれたアイテムに対してより細かい時間枠を指定することができます。

たとえば、複数の四半期にまたがるイニシアチブがある場合、2週間スパンで次々と開発していく計画を、イニシアチブの中に関連するフィーチャーを入れ込んで表すことができます。これらのフィーチャーのサイズを変更し、タイムラインに沿って配置することで、イニシアチブの一環として、いつ、何が最初に作られるかを伝えることができます。

Screenshot_2023-03-06_at_16.00.46.png

バックログ

イニシアチブとフィーチャーはバックログに保存されます。バッグログは、ロードマップの右上にある[バックログ(Backlog)]ボタンで開きます。パネルはロードマップページの右側に表示されます。

RoadmapBacklog.png

バックログで個々のアイテムを開くと、その情報が[概要(Overview)]タブに表示されます。イニシアチブまたはフィーチャーのカードの右上で[表示(View)]を選択すると、その詳細が表示されます。[バッグログで表示(View in Backlog)]を選択すると、バッグログでアイテムのリストを再度表示できます。詳細については、ロードマップの作成と編集アイテムの詳細を表示するを参照してください。

View backlog item.png     View in backlog.png

アクセスと共有

デフォルトでは、新しいロードマップはすべて[非公開(自分のみ)(Private (Only Me))]に設定されています。ロードマップをより多くの人と共有するには、ロードマップの上部にある[共有(Share)]ボタンを選択します。特定の人と共有することも、リンクをコピーすることも可能です。

ShareRoadmap.png

[ユーザーと共有(Sharing with People)] フィールドにメールアドレスを追加して、閲覧者または編集者のアクセス権を付与するユーザーを指定します。追加できるのは、Pendoアカウントにアクセスできるユーザーのメールアドレスのみです。検索ボックスの右側にあるドロップダウンメニューを使用して、アクセスレベルを選択します。

ShareRoadmap.png

更新してサブスクリプションの全員にアクセスを提供する場合は、[リンクを取得(Get Link)]を選択します。[<subscription>と共有(Share with <subscription>)]を選択します。アクセスレベルをリセットする場合は、ドロップダウンメニューで[制限あり(Restricted)]を選択できます。これにより、[ユーザーと共有(Sharing with People)]フィールドで指定したユーザーを除く、アカウントのすべてのユーザーのアクセスが削除されます。

サブスクリプションと共有する場合は、最初のドロップダウンメニューから[閲覧者(Viewer)]または[編集者(Editor)]のアクセス権を選択し、[リンクをコピー(Copy Link)]を選択して他のユーザーと共有します。

Roadmaps_Get_Link.png

ユーザーアクセス(ユーザーと共有)は、リンクによって提供される一般的なアクセス権より優先されます。

初期設定では、新しいロードマップ体験は社内チームのみが利用できます。ただし、ロードマップを画像(PNG)としてダウンロードして他のユーザーと共有できます。ロードマップの上部にある省略記号(...)を選択してドロップダウンメニューを開き、 [ダウンロード(Download)]を選択してください。

複数のロードマップ

ロードマップは1つに限定されるものではありません。プロダクトや対象者ごとに複数のロードマップを作成できます。

[ロードマップ(Roadmap)]ページには、表示されている既存のすべてのロードマップが一覧表示されます。これには、自分が作成したロードマップと、自分と共有されている他の人が作成したロードマップが含まれます。表の上部にあるドロップダウンメニューで、このリストを絞り込むことができます。また、表の右上にある検索機能を使用してロードマップを検索することもできます。

この記事は役に立ちましたか?
1人中0人がこの記事が役に立ったと言っています