Pendoの直接インストールのトラブルシューティング

最終更新日:

この記事では、インストールスクリプトを使用してPendoをインストールする際に発生する一般的な問題の解決策について説明します。インストールについては、アプリへの直接実装を計画するインストールスクリプトを使用したPendoの実装に関する開発者ガイドを参照してください。

コンソールのエラーメッセージ:APIキーが設定されていません(No API key configured)

このメッセージは通常、初期化コードにエラーが生じた場合に表示されます。多くの場合、pendo.initialize()の呼び出し時に、初期化コードに渡されている1つ以上の変数が使用できない状態を意味します。pendo.initialize()を呼び出す前に、値が存在することを確認してください。

このエラーは、ページ上でpendo.initialize()を呼び出していないことを意味している可能性もあります。インストールドキュメントとインストールを確認して、Pendoが正しく初期化されていることを確認してください。

コンソールの警告:現在の訪問者は識別されず「匿名」とされます(The current visitor is not identified and will be treated as "anonymous")

この警告は、訪問者IDフィールドに値が渡されなかった場合に表示されます。値が渡されず、空白の文字列が渡された場合、Pendoエージェントは匿名の訪問者IDを作成します。一般に、匿名IDを持つのはサインインしていないユーザーのみです。そのため、ユーザーがサインインしている場合は、安定した識別子を訪問者IDとして渡す必要があります。

Pendoにデータが表示されません

データはすぐには表示されません。毎時0分に一括集計され、Pendo UIに完全に表示されるまでに、毎時0分を過ぎてから最大15分かかることがあります。それでもPendoにデータが表示されない場合は、以下をお試しください。

インストールスクリプトにAPIキーが含まれていることを確認してください。[インストール設定(Install Settings)]ページからコードブロックをコピーした場合は、APIキーはすでに含まれています。

データ構文のルールに従っていることを確認してください。どのフィールドにもNULL値を送信しないでください。データがないフィールドは送信しないでください。インストールスクリプトで追加されたカスタムフィールドにスペースを含めないでください。フィールドは、アルファベットまたはアンダースコアで始まり、その後にアルファベットまたは数字、アンダースコアを組み合わせることができます。詳細については、訪問者とアカウントのメタデータ設定を参照してください。

メッセージ:ログインしているユーザーがいません

セットアップ中に「ログインしているユーザーがいません(No Logged In Users)」というメッセージが表示される場合、Pendoがアプリケーションから基本データを受信している(アプリでページやフィーチャーが使用されている)にもかかわらず、ユーザーの識別情報がない状態を意味します。このデータがなくてもPendoを使用することはできますが、機能は大幅に低下します。

これは、アプリケーションからPendoに送信されるすべての変数への代入が完了する前にPendoを初期化したことが原因である可能性があります。この問題を解決する方法については、「条件付きでPendoを初期化する」の記事の「例2. 変数が入力された後の条件付き初期化」を参照してください。

インストールスクリプトでは、データが渡されていないか、訪問者ブロックまたはアカウントブロックのデータ構造が正しくありません。このコードのテンプレートは以下のとおりです。

visitor: {
  id:              'VISITOR-UNIQUE-ID'   // Required if user is logged in
  // email:        // Recommended if using Pendo Feedback, or NPS Email
  // full_name:    // Recommended if using Pendo Feedback
  // role:         // Optional

  // You can add any additional visitor level key-values here,
  // as long as it's not one of the above reserved names.
},
account: {
  // id:           'ACCOUNT-UNIQUE-ID' // Highly recommended
  // name:         // Optional
  // is_paying:    // Recommended if using Pendo Feedback
  // monthly_value:// Recommended if using Pendo Feedback
  // planLevel:    // Optional
  // planPrice:    // Optional
  // creationDate: // Optional

  // You can add any additional account level key-values here,
  // as long as it's not one of the above reserved names.
}

以下は、コード内のデータの表示例です。

visitor: {
  id:              $user.ID,
  email:           $user.email,
  full_name:       $user.full_name,
  role:            $user.accessLevel,
  creationDate:    $user.creationDate
},
account: {
  id:           $account.ID,
  name:         $account.name,
  is_paying:    $account.is_paying,
  monthly_value:$account.monthly_value,
  planLevel:    $account.subscriptionCost,
  isFoo:        $account.isFoo
}

以下は、コードの処理およびPendoへの送信後の表示例です。

visitor: {
  id:              62343,
  email:           john@doe.com,
  full_name:       John Doe,
  role:            admin,
  creationDate:    1404326949156
},

account: {
  id:           17,
  name:         Acme, inc,
  is_paying:    true,
  monthly_value:99.99,
planLevel:    995,
  isFoo:        false
この記事は役に立ちましたか?
2人中0人がこの記事が役に立ったと言っています