ディスカバーでフィードバックを管理する(ベータ版)

最終更新日:

Pendo ディスカバーは、プロダクトのアイデアを一元化された場所で収集、分類、優先順位付け、ルーティング、および伝達するのに役立つツールを組み合わせたものです。機能の概要については、Pendo ディスカバーの概要をご覧ください。

注:ディスカバーのフィードバックは従来のPendo Feedbackとは異なり、現在クローズドベータ版として一部のPendoのお客様にのみテストとして提供されています。以下の情報は、誓約、保証、法的義務を伴うものではありません。ここに記載されているフィーチャーの開発、リリース、およびタイミングは、Pendoの裁量により予告なく変更される場合があります。このフィーチャーを早期に試し、フィードバックを提供したいとお考えの場合は、ベータ版ウェイティングリストにご登録ください

顧客フィードバックを表示する

顧客フィードバックを表示するには、[ディスカバー(Discover)] >[フィードバックビュー(Feedback views)]> [すべてのフィードバック(All Feedback)] に移動し、 [フィードバック項目(Feedback items)]タブを開きます。このページでは、すべてのフィードバック項目がテーブルビューで表示され、以下の列を追加、移動、削除できます。

  • タイトル(Title)。フィードバック項目に付けられたわかりやすい名前。各タイトルの左側にあるアイコンは、Pendoの投票とアンケート調査、CSVアップロード、Salesforce、ディスカバーのフィードバックフォーム経由の送信など、フィードバックの提供元(フィードバックソース)を示しています。詳細については、顧客フィードバックの収集フィードバックソースを接続するを参照してください。
  • アカウント(Account)。フィードバックに関連するアカウント。デフォルトでは、この列は訪問者が所属するアカウントのアカウントIDを表示します。ここに表示される値を変更するには、[データマッピング(Data Mappings)]>[アカウントレベルデータ(Account Level Data)]に移動し、[アカウント表示設定(Account Display Settings)]ドロップダウンメニューから別の値を選択します。
  • 訪問者(Visitor)。フィードバックに関連付けられている訪問者。
  • ステータス(Status)。フィードバック項目がフィードバックプロセスのどこにあるかを表し、テーブルから更新できます。
  • 重要度(Importance)。フィードバック項目に割り当てられた重要度。
  • ラベル(Labels)。フィードバック項目に付けられたラベル。テーブルから編集できます。ラベルとその使用方法の詳細については、顧客フィードバックの収集ベストプラクティスを参照してください。
  • アプリ(Apps)。フィードバックが関連するアプリケーション。
  • プロダクトエリア(Product areas)。フィードバックが関連するプロダクトエリア。テーブルから編集できます。プロダクトエリアとその使用方法の詳細については、顧客フィードバックの収集ベストプラクティスを参照してください。
  • 作成時刻(Created time)。フィードバック項目が作成された時刻。
  • 作成者(Created by)。フィードバックフォームを送信したユーザー。
  • 最終更新時刻(Last updated time)。フィードバック項目が最後に編集された時間。
  • 最終更新者(Last updated by)。フィードバック項目を最後に更新した人。
  • リンクされたアイデア(Linked ideas)。フィードバックにリンクされているアイデア。アイデアは、テーブルから選択して編集できます。この列に数字付きの杖アイコンがある場合、ディスカバーにリンクの候補が表示されます。詳細については、フィードバック項目をアイデアにリンクするを参照してください。

各行の左側にあるチェックボックスを使用すると、複数のフィードバック項目を選択してアイデアを一括でリンクできます。詳細については、フィードバック項目をアイデアにリンクするを参照してください。

テーブルの列を編集する

テーブルの列を編集するには、[フィードバック(Feedback)]テーブルの右上にある[列を管理(Manage columns)] アイコンを選択します。

  • 列の並べ替えを行うには、移動する列の横にある3つの点が縦に並んだボタンを選択し、列のリストの上または下へドラッグ&ドロップします。
  • 列を追加するには、[フィードバック]テーブルの右上にある[列を管理]アイコンを選択し、ウィンドウの下部にある[+列を追加(+ Add Column)]を選択して、ドロップダウンメニューから列を選択します。
  • 列を削除するには、テーブルから削除する列の横にある十字(X)を選択します。この列はいつでも追加し直すことができます。

変更したら[保存(Save)]を選択します。これにより、列の変更のみが保存されます。カスタムフィードバックテーブルビューを保存する手順については、フィードバックのカスタムビューを保存するを参照してください。

顧客フィードバックを見つけてフィルターする

フィードバックのテーブルビューの列を変更するだけでなく、テーブル内の結果をフィルターし、そのビューを保存して、後で参照することができます。これにより、テーブルの上部に[保存]ボタンが表示され、フィードバックの新しいテーブルビューを[フィードバックビュー(Feedback views)]ページに保存できます。フィードバックの保存されたビューの詳細については、フィードバックのカスタムビューを保存するを参照してください。

次のいずれかまたは両方を使用してフィードバック項目を検索できます。

  • フィルターセクションの右上にあるキーワード検索バー。
  • ページ上部のフィルターリストと選択リスト。

フィルターセクションの検索バーは、ディスカバーの右上にある検索バーとは異なります。フィルターセクションの検索バーは、フィードバックビュー内のフィードバック項目のみをフィルターします。ディスカバープラットフォームの右上にある検索バーは、フィードバック項目とアイデアの両方を検索します。詳しくは、Pendo ディスカバーの概要をご覧ください。

フィルターは、[インサイト(Insights)]タブと[フィードバック項目(Feedback items)]タブの両方に表示されます。

  • 最初のドロップダウンメニューを使用して、別のセグメントを選択します。デフォルトは[全員(Everyone)]です。
  • 特定の日付範囲内に送信されたフィードバックのみを表示する場合は、トグルを使用して[全期間(All Time)]をオフにします。
  • アプリのドロップダウンメニューを使用して、特定のアプリを選択します。

メインフィルターの下にある選択リストを使用して、フィードバックリストを以下のフィードバック項目に限定します。

  • 特定のプロダクトエリアに関連付けられている。
  • 特定のステータスが割り当てられている。
  • 特定のユーザーによって作成されている。
  • 特定の重要度レベルが割り当てられている。
  • 特定のラベルを含む。
  • アイデアにリンクされている、またはリンクされていない。
  • ガイドやCSVアップロードなどの特定のソースから取得されている。詳細については、顧客フィードバックの収集フィードバックソースを接続するを参照してください。

フィードバックの詳細を表示および編集する

特定のフィードバックの詳細を表示するには、[Discover] >[フィードバック]に移動し、ビューを選択して[フィードバック項目]タブを開き、[フィードバック]テーブルからフィードバック項目を選択します。すると、ページの右側にパネルが開き、以下のことができます。

  • フィードバック項目のタイトルを選択し、直接編集して新しいタイトルに変更する。
  • フィードバックを送信した訪問者やアカウントを表示する。
  • 誰がいつフィードバックを作成したかを表示する。

[概要(Overview)]タブでは、以下のことができます。

  • フィードバック項目のステータスを表示および変更する。
  • フィードバック項目の[説明(Description)]を表示および変更する。
  • 画像やリンクを表示する。
  • フィードバック項目に添付された[ラベル(Labels)]を表示、追加、削除する。
  • 割り当てられた[重要度(Importance)]レベルを表示および変更する。
  • [アプリ(App)]を表示および変更する。
  • [プロダクトエリア(Product area)]を表示および変更する。

注:すべての新しいフィードバック項目は、自動的に[新規(New)]」というステータスになります。このステータスは、テーブル内または個々のフィードバック項目の詳細ページから、[レビュー中(Under Review)]または[レビュー済み(Reviewed)]に変更できます。

[リンクされたアイデア(Linked ideas)]タブでは、以下のことができます。

  • リンクされたアイデアを表示および削除する。
  • 提案されたアイデアを表示、却下、承諾する。

以下は、開いているタブに関係なく実施できます。

  • 訪問者がフィードバックフォームを送信しているときのリプレイを見る。このオプションは、セッションリプレイをご利用のお客様のみお使いいただけます。確認できるリプレイは、過去30日以内に作成されたもののみです。Pendoでのリプレイに関する詳細は、セッションリプレイの概要を参照してください。
  • [リンクされたアイデア]タブから、リンクされたアイデアを追加する。この詳細と手順については、検証でフィードバック項目をアイデアにリンクするを参照してください。

フィードバック項目を削除する

フィードバック項目の削除は元に戻せません。フィードバック項目を削除するには、以下の手順を実行します。

  1. [ディスカバー] >[フィードバック]に移動します。
  2. フィードバックビューを選択します。
  3. [フィードバック項目]タブを開きます。
  4. [フィードバック]テーブルからフィードバック項目を見つけて選択すると、ページ右側にパネルが表示されます。
  5. ページの右側にある詳細パネルの上部で、ゴミ箱アイコンを選択します。確認ウィンドウが開きます。
  6. [フィードバックを削除(Delete Feedback)]を選択するか、戻る場合は[キャンセル(Cancel)]を選択します。

 

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています