SalesforceとPendo Discoverのインテグレーション(ベータ版)

最終更新日:

SalesforceとDiscoverのインテグレーションでは、標準的なSalesforceとPendoのインテグレーションに機能が追加され、次のことが可能になります。

  • Salesforceから顧客フィードバックを送信して、Pendo Discoverに表示する。
  • Discoverからのフィードバック項目をSalesforceで確認し、カスタムSalesforceレポートを作成する。

標準的なSalesforceとPendoのインテグレーションがすでに実装されており、さらにARRフィールドなどのSalesforceの[アカウント(Account)]オブジェクトにPendoアカウントがマッピングされている場合は、Discoverでのレポート作成にSalesforceインテグレーションを使用できる状態になっています。たとえば、[発見(Discover)]>[検証(Validate)]>[分析(Analysis)]で、上位のアイデアを値でフィルタリングできます。

概要

Pendo DiscoverプラットフォームでSalesforceとのインテグレーションを設定するには、SalesforceとPendoのインテグレーションの記事で説明した設定とは異なる、固有の設定が必要です。具体的には、SalesforceとDiscoverのインテグレーションには、次の設定が必要です。

  • Pendoアカウントを特定のSalesforceアカウントオブジェクトと同期する。これは、標準的なSalesforceとPendoのインテグレーションではオプションです。
  • SalesforceのURLにパッケージを追加する。

SalesforceとPendo Discoverのインテグレーションの後、サインインしているSalesforceおよびPendoのユーザーは次のことができるようになります。

  • Salesforceの[フィードバックを送信(Submit Feedback)]ボタンを使用する。これにより、顧客対応チームはSalesforceから直接、顧客に代わってDiscoverにフィードバック項目を追加できるようになります。
  • Salesforceで顧客に関連付けられたすべてのフィードバック項目の概要を表示する。すべてのフィードバック項目はSalesforceと同期され、追加機能が使用できるようになります。

前提条件

  • Salesforceインテグレーションが[設定(Settings)]>[サブスクリプション設定(Subscription Settings)]で有効になっていること。
  • サードパーティ製アプリの追加/設定や、レイアウトの設定を含む、Salesforceの管理者権限。
  • Pendoの管理者権限。
  • PendoとSalesforceの両方での認証。
  • PendoとSalesforceで一致するアカウントID。これは2つのデータソースを接続するために必要です。

個々の従業員に関連付けられたレコードを使用するのではなく、Pendoおよびその他のサードパーティ用のSalesforceユーザーレコードを作成することをお勧めします。これにより、従業員が退職した場合にSalesforceユーザーが非アクティブ化されることを防ぎます。

ステップ1. 接続を設定する

このステップは、アカウントのマッピングが必須プロセスである点を除き、標準的なSalesforceとPendoのインテグレーションと同様です。

標準的なSalesforceとPendoのインテグレーションがすでに実装されており、PendoアカウントがSalesforceの[アカウント]オブジェクトにマッピングされている場合は、ステップ2. Salesforceパッケージをインストールするに進みます。

このステップでは、データ同期ではなく、初期接続の設定のみを行います。ここでは、接続するSalesforceオブジェクトと、接続に使用する一意の識別子を選択します。

  1. Pendoで[設定]>[データマッピング(Data Mappings)]>[アカウントレベルのデータ(Account Level Data)]に移動します。
  2. ページの下部にある青色のSalesforceボックスで[開始(Begin)]を選択し、次に[マッピングを設定(Setup Mapping)]を選択します。
  3. プロンプトが表示されたら、認証ステップを完了します。
  4. Pendoアカウントオブジェクトに接続するSalesforceアカウントオブジェクトを選択します。
  5. 一意の識別子として使用するPendoフィールドとSalesforceフィールドをそれぞれ選択します。これらはアプリケーション間で1対1に対応させる必要があります。
  6. [保存(Save)]を選択して、インテグレーションの開始ステップを完了します。

ステップ2. Salesforceパッケージをインストールする

このステップでは、Salesforceに[フィードバックを送信(Submit Feedback)]ボタンとアカウントのフィードバック項目の概要を追加します。[フィードバックを送信]ボタンは、サインインしているPendoユーザーのみが利用できます。PendoでDiscoverとSalesforceのインテグレーションを設定するまで、[フィードバックを送信]ボタンは機能しません(ステップ3. Pendoでインテグレーションを設定する)。

パッケージID「/packaging/installPackage.apexp?p0=04tpf0000000DDNIA2」をSalesforce URLに追加して、インテグレーションパッケージをインストールします。たとえば、完全なURLは「https://login.mysalesforce.com/packaging/installPackage.apexp?p0=04tpf0000000DDNIA2」のようになります。

これにより、[Discoverをインストール(Install Discover)]ページが表示されます。ここから、次のステップに進みます。

  1. パスワードとして、Yt62932hs18mと入力します。
  2. [すべてのユーザーにインストール(Install for All Users)]を選択します。[フィードバックを送信]ボタンを使用するには、PendoユーザーかつPendoにサインインしている必要があります。
  3. Salesforce以外のアプリケーションをインストールすることを承認し、[インストール(Install)]を選択します。

その後送信されるメールに、次のステップに進む前に返信する必要があります。

ステップ3. Pendoでインテグレーションを設定する

  1. Pendo にサインインして[設定]>[インテグレーション(Integrations)]>[ベータ版インテグレーション(Beta Integrations)]に移動します。
  2. [Salesforce Discover]インテグレーションを見つけて開きます。画面右側にパネルが表示されます。
  3. [セットアップ(Setup)]タブを開きます。
  4. Salesforceユーザーの認証情報を入力します。
  5. [次へ(Next)]を選択してから、[完了(Finish)]を選択します。

ステップ4. Salesforceのレイアウトを変更する

Salesforceのアカウントページレイアウトを更新して、Salesforceとアカウントの概要に[フィードバックを送信]ボタンを追加します。これにより、顧客対応チームは、Pendo Discoverを開くことなく、Salesforceのから直接フィードバック項目を作成できるようになります。

  1. Salesforceで右上にある歯車アイコンを選択し、[セットアップ]を選択します。
  2. [オブジェクトマネージャー(Object Manager)]タブを開きます。
  3. リストから[アカウント]オブジェクトを見つけて開きます。
  4. 左側のメニューのオブジェクト管理設定で、[ページレイアウト(Page Layouts)]を開きます。
  5. 更新するレイアウトを選択します。
  6. 以下の手順に従って、[フィードバックを送信]ボタンを追加し、ページにアカウントの概要を追加します。

Salesforce Lightningでボタンを追加する

[フィードバックの送信]ボタンをSalesforceに追加する手順は、次のとおりです。

  1. ページの左上付近のリストから[モバイルとLightningのアクション(Mobile & Lightning Actions)]を選択します。
  2. [フィードバックを送信]ボタンを見つけて、[SalesforceモバイルとLightningの体験アクション(Salesforce Mobile and Lightning Experience actions)]セクションにドラッグします。

Salesforce Lightningでアカウントの概要を追加する

アカウントの概要をSalesforceに追加する手順は、次のとおりです。

  1. ページの左上付近のリストから[関連リスト(Related Lists)]を選択します。
  2. [フィードバック(Feedback)]を見つけて、[関連リスト]セクションにドラッグします。
  3. [関連リスト]に追加したばかりの[フィードバック]項目のスパナアイコンを選択して、編集します。
  4. [列(Columns)]セクションで、関連リストに表示するフィールドを追加します。最も重要なフィールドは、[タイトル(Title)][フィードバックサマリー(Feedback Summary)][重要度(Importance)]です。
  5. [ボタン(Buttons)]>[標準ボタン(Standard Buttons)]で、[新規(New)]ボタンと[オーナーを変更(Change Owner)]ボタンのチェックボックスをオフにして、これらのボタンを削除します。
  6. [ボタン]>[カスタムボタン(Custom Buttons)]で、[フィードバックを送信]ボタンを追加して、Salesforceからフィードバックを送信するための別のショートカットを作成します。
  7. [OK]を選択します。
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています