SalesforceとPendoディスカバー(ベータ版)のインテグレーション

最終更新日:

この記事では、SalesforceとPendoディスカバーのインテグレーションの概要、その仕組み、SalesforceとPendoのユーザーのユーザー体験について説明します。 インテグレーションの設定方法については、SalesforceとPendoディスカバーのインテグレーションを参照してください。

機能

Salesforceとディスカバーのインテグレーションでは、標準的なSalesforceとPendoのインテグレーションに追加機能が提供されます。標準的なSalesforceインテグレーションの一環として、SalesforceアカウントオブジェクトにPendoアカウントがマッピングされている場合は、ディスカバーでのレポート作成にSalesforceインテグレーションを使用することができます。これにより、Salesforceに保存されている顧客や見込み客のデータに基づいて、市場や顧客の需要をより詳細に分析できるようになります。以下はその例です。

  • PendoアカウントをARRフィールドを含むSalesforceの[アカウント(Account)]オブジェクトにマッピングすると、[Pendo]> [ディスカバー(Discover)]>[検証(Validate)]>[分析(Analysis)]でトップアイデアを値で絞り込むことができます。
  • Salesforceのセグメント(コマーシャルやエンタープライズなど)や場所(EMEAや北米など)を使用して、特定のコホートに基づいてディスカバーのフィードバックに関するレポートをセグメント化できます。

標準的なSalesforceとPendoのインテグレーションで、Salesforceの情報を取り込んでPendoのメタデータを充実させたり、PendoのデータをSalesforceにプッシュバックしたりするだけでなく、Salesforceとディスカバーのインテグレーションによって次が提供されます。

  • Salesforceを通じてディスカバーにフィードバックを送信する仕組み。
  • Salesforceのユーザーインターフェース(UI)でフィードバックを表示する機能。

詳細については、この記事のユーザービューを参照してください。

ユースケース

標準的なSalesforceとPendoのインテグレーションによってSalesforceのデータとPendoのデータをリンクさせると、ディスカバーを含むPendo全体でSalesforceを使用して、Salesforceの属性に基づいたデータのフィルタリングやレポートの実行が可能になります。

このセクションでは、標準的なインテグレーションに加え、Salesforceとディスカバーのインテグレーションによって提供される追加機能を使用するケースについて説明します

市場需要を把握して成長に寄与する

Salesforceから、セールスチームはSalesforceのオブジェクトにリンクされたフィードバック項目の形で市場の需要を把握し、確認することができます。

Pendoから、プロダクトチームはSalesforceを通じて送信された顧客フィードバックをディスカバーの他のフィードバックと併せて表示して、顧客が何を望んでいるのかを確認し、より広いコンテキストでのフィードバックの優先順位を把握できます。

セールスチームとプロダクトチームの間の効率を向上させる

Salesforceで、顧客対応チームがアカウントの代わりにフィードバックを送信できます。これにより、Salesforceから別アプリに切り替えることなく、アカウントのフィードバックデータをPendoに簡単に送信できます。

PendoでSalesforceから送信されたフィードバックの受信を開始したら、Salesforceから送信されたすべてのフィードバックを収集するフィードバックビューを作成し、そのビューをお気に入りに保存できます。 これにより、AIを活用した概要や視覚化を含めて、フィードバックのインサイトを再度確認することができます。 詳細については、フィードバックインサイトを表示するを参照してください。

仕組み

Pendo DiscoverプラットフォームでSalesforceとのインテグレーションを設定するには、SalesforceとPendoのインテグレーションの記事で説明した設定とは異なる、固有の設定が必要です。具体的には、SalesforceとDiscoverのインテグレーションには、次の設定が必要です。

  • Pendoアカウントを特定のSalesforceアカウントオブジェクトと同期する。これは、標準的なSalesforceとPendoのインテグレーションではオプションです。
  • SalesforceのURLにパッケージを追加する。

ユーザービュー

SalesforceとPendo Discoverのインテグレーションの後、サインインしているSalesforceおよびPendoのユーザーは次のことができるようになります。

  • Salesforceの[フィードバックを送信(Submit Feedback)]ボタンを使用する。これにより、顧客対応チームはSalesforceから直接、顧客に代わってDiscoverにフィードバック項目を追加できるようになります。
  • Salesforceを通じて送信されたフィードバックの概要を表示し、さらに各フィードバック項目を開いてその詳細を表示する。

Salesforceからフィードバックを送信する

Salesforceとディスカバーのインテグレーションを設定すると、PendoにサインインしているSalesforceユーザーは、[アカウント(Account)]ページから[フィードバックを送信(Submit Feedback)]を選択し、フィードバック送信フォームを開くことができます。

Submit Feedback from Salesforce.png

[フィードバックを送信(Submit feedback)]のフォームには、アカウント情報が自動的に入力されます。 Salesforceユーザーは、フォームの残りの部分を入力する必要があります。 何を含めるかに関するベストプラクティスなど、送信フォームの詳細については、顧客フィードバックの収集を参照してください。

Submit feedback form.png

Salesforceでフィードバックを表示する

Salesforceから送信されたフィードバック項目は、アカウントの[フィードバックサマリー(Feedback Summary)]の表で確認できます。 表からフィードバック項目を選択すると、詳細が表示されます。

Salesforce Details table.png

 

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています