Pendoでのコラボレーション

最終更新日:

注:コラボレーションは現在早期アクセス版であり、一部のお客様のみにテストとして提供されています。以下の情報は、誓約、保証、法的義務を伴うものではありません。ここに記載されている機能の開発、リリース、およびタイミングは、Pendoの裁量により予告なく変更される場合があります。このフィーチャーを早期に試し、フィードバックを提供したいとお考えの場合は、Pendoのアカウント担当者にお問い合わせください。

コラボレーションにより、Pendo内の個々のアイテムにコメントしたり、他のユーザーをメンションしてインサイトを共有したり、質問したり、データを称賛したりすることができます。 Pendoのアプリ内コミュニケーションのこの方法は、学習内容の共有、チームとしての連携、重要な意思決定の迅速化を促進することを目的としています。

コラボレーションは現在ダッシュボードで利用でき、次のことが可能です。

  • 最近のダッシュボード閲覧者を表示する
  • ページレベルおよび個々のダッシュボードウィジェットでダッシュボードにコメントを追加する
  • 個々のコメントとコメントスレッドを管理する
  • ダッシュボード上のすべてのコメントを1つのビューで表示する

前提条件

Pendoでコラボレーションを使用する前に、サブスクリプションの機能をアクティブ化し、サブスクリプション内の他のユーザーとダッシュボードを共有するという2つの手順を完了する必要があります。

コラボレーションの有効化

Pendoの管理者は、次の手順でコラボレーションを有効にすることができます。

  1. [設定(Settings)]>[サブスクリプション設定(Subscription Settings)]に移動します。
  2. [情報(Information)]セクションで、[コラボレーション(Collaboration)]設定のチェックボックスをオンにします。
    SubscriptionSettings_Collaboration.png
  3. モーダルの情報を読み、[同意します(I accept)]と入力して、機能の利用規約に同意します。

Pendoサブスクリプションでコラボレーションを有効にすると、サブスクリプション内のすべてのユーザーが、ユーザー権限に関係なく、共有ダッシュボードのコメント機能にアクセスできるようになります。

ダッシュボードの共有

サブスクリプション全体または特定のPendoユーザーと共有されているダッシュボードは、コラボレーションをサポートしています。

ダッシュボードを共有するには、ページの右上にある[共有(Share)]を選択し、個々のユーザーを追加するか、[[サブスクリプション名]と共有(Share with [subscription name])]を選択します。 個人ユーザーと共有する場合、そのユーザーにPendoダッシュボードに招待したことを知らせるメールが届きます。

Dashboard_Share.png

ユーザーがダッシュボードにアクセスできるようになると、この記事で説明されているようにコラボレーションを使用できます。

ヒント:共有ダッシュボードにコメントアイコンが表示されない場合は、ページを更新するか、ログアウトしてから再度ログインしてみてください。

最近のダッシュボード閲覧者を表示する

ページの閲覧状況として、ダッシュボードのライブ閲覧者と最近の閲覧者が表示されます。

Dashboard_Collaboration_PagePresence.png

Pendoユーザーが共有ダッシュボードにアクセスすると、ダッシュボードの上部、星型アイコンの左側にある色つきの円の中に、そのユーザーの最初のイニシャルが表示され、ページの閲覧状況が示されます。これらの円は自動的に表示されるため、ページを更新する必要はありません。ダッシュボードを最後に閲覧した3人のユーザーが最新のアクセス順に表示され、その他の閲覧者は合計数を示す灰色の円で表示されます。

円にカーソルを合わせると、Pendoのユーザーのフルネームと、そのユーザーが最後にダッシュボードにアクセスした日時が表示されます。現在ダッシュボードを表示しているユーザーの円は色が濃くなり、アクティブにアクセスしていない場合は色が薄くなります。

Dashboard_PagePresence_Viewed.png

コメントの表示と追加

ダッシュボードを表示する権限を持つユーザーは誰でも、新しいスレッドを作成するか、既存のスレッドに返信することで、ダッシュボードおよび個々のダッシュボードウィジェットにコメントを追加できます。1つのウィジェットにつき1つのスレッドを作成できます。

注:プレゼンテーションモードでダッシュボードを表示する場合、コメントは表示されません。

コメントを追加したり、既存のスレッドを表示したりするには、ダッシュボードウィジェットの右上にあるコメントアイコンを選択します。

Dashboard_AddComment.png

新しいコメントスレッドを立ち上げる場合は、[コメントを追加...(Add a comment...)]を選択して会話を開始してください。 すでにコメントスレッドが存在する場合は、[返信...(Reply...)]を選択し、回答を入力してください。 英数字のテキストを入力でき、さらに次の2つのオプションを選択できます。

  • サブスクリプション内の他のPendoユーザーにメンションする。これにより、Pendoダッシュボードでメンションされたことを通知するメールがユーザーに送信されます。メールにはコメントが表示され、ダッシュボードを開いてコメントに返信するか、メールに直接返信してコメントスレッドに追加するかを選択できます。

    PendoEmail_Collaboration.png

    テキストボックスで、@に続けて名前を入力することもできます。
  • 絵文字を追加する絵文字名を検索し、検索バーの横にある手の絵文字を使用してデフォルトの肌の色を設定し、検索バーのすぐ下にある上位のカテゴリーを選択して絵文字の各セクションを参照します。

Dashboard_CommentOptions.png

ダッシュボードの最新バージョンを表示すると、ページを読み込んだり更新したりしなくても、新しいコメントが自動的に入力されます。 また、ユーザーが既存のスレッドに入力中であることも確認できます。

未読のコメントは、コメントアイコン上に新しい更新の数とともに赤い点として表示されます。 相対タイムスタンプにカーソルを合わせると、デバイスに設定されているタイムゾーンに基づいてコメントが追加された正確な日付と時刻が表示されます。

このセクションの前半で説明したガイドラインに従ってコメントを追加し、他のコメントに絵文字で反応します。 絵文字でリアクションを追加する方法は以下のとおりです。

  • コメントの右側にある[リアクションを追加(Add reaction)]の絵文字アイコンを選択します。
  • 誰かがすでにコメントにリアクションしている場合は、その絵文字を選択して同じリアクションを追加するか、既存のリアクションの横にある [リアクションを追加]の絵文字アイコンを選択して新しい絵文字を選択できます。好きなだけ絵文字を使ってリアクションできます。

Dashboard_Widget_AddCommentReaction.png

ヒント:リアクションやコメントで絵文字を使用すると、最も頻繁に使用する絵文字が絵文字ピッカーの下部に表示されます。

代わりにダッシュボードレベルでコメントを追加する場合は、ダッシュボードの右上にあるコメントアイコンを選択し、[コメントを追加...(Add a comment...)]を選択します。テキストを入力し、他のユーザーをメンションし、必要に応じて絵文字を追加してから、コメントを送信します。

Dashboard_Comments_AddPageComment.png

Pendo内のコメントに有効期限はありません。ただし、コメントスレッドに返信する場合は下書きは保存されないため、スレッドを終了する前に必ず下書きしたコメントを送信してください。

コメントとスレッドの管理

コメントスレッド内では、右上にあるオプションの省略記号アイコンを使用してコメントとスレッドを管理できます。スレッド全体で利用可能なオプションは次のとおりです。

  • 購読(Subscribe)または購読解除(Unsubscribe): 特定のコメントスレッドのメール通知を受信するか停止するかを選択します。 コメントで@メンションされたり、参加したスレッドに新しい返信が追加されたりすると(40秒以内にコメントを表示しなかった場合)、自動的にメール通知に登録されます。 スレッドに返信していない、またはスレッドでメンションされていない場合は、ここで手動でスレッドを購読することもできます。
  • 解決済み(Resolve):タスクや会話が完了したらスレッドを解決済みとしてマークすることで、あなたとチームは未解決のコメントスレッドに集中することができます。 解決したスレッドは、ページ上部のコメントアイコンを使ってすべてのコメントを表示するか、またはコメントスレッド内で[再開して返信(Reopen to reply)]を選択して返信すると、再度開くことができます。

スレッドに追加した個々のコメントに対して、次の操作を実行できます。

  • 編集(Edit):編集を保存すると、コメントの末尾に「編集済み(Edited)」と表示されます。
  • 削除(Delete):削除すると、コメントは 「メッセージはユーザーによって削除されたました(Message deleted by user)と表示されるようになります

Dashboard_Widget_ManageCommentThread.png

注:メール内の購読解除リンクからメール通知の購読を解除した場合、Pendoの個々のコメントスレッドで再購読することを選択しても、そのスレッドの更新情報は届きません。

すべてのコメントを表示

ダッシュボードの右上にあるコメントアイコンを選択して[ダッシュボードコメント(Dashboard comments)]サイドパネルを開き、ダッシュボードのすべてのコメントを1つのビューで表示できます。未読のコメントがある場合は、コメントアイコンに赤い点が表示されます。

Dashboard_AllComments.png

デフォルトでは、すべてのコメントはスレッド作成時間順に表示されます。ドロップダウンメニューのフィルターを使用して、このビューに表示されるコメントを絞り込むことができます。

  • すべてのコメント(All comments):ダッシュボードレベルと個々のウィジェットの両方に追加されたすべてのコメントを表示します。
  • ページのコメント(Page comments):ダッシュボードレベルで追加されたコメントのみを表示します。
  • ウィジェットのコメント(Widget comments):ダッシュボードウィジェットに追加されたコメントのみを表示します。
  • 解決済みを表示(Show resolved):未解決のコメントに加え、解決済みのコメントも表示します。
  • 作成時間順にソート(Sort by creation time):各コメントスレッドが作成された時間順に並び替え、最新のコメントが最初に表示されます。
  • 最新のアクティビティ順にソート(Sort by most recent activity):各コメントスレッドの最新のアクティビティ順に並び替え、最新のアクティビティが最初に表示されます。

各コメントスレッドには、絵文字リアクションと各スレッド内の返信の合計数が表示されます。スレッドを選択すると、ダッシュボード内の特定の会話に移動します。

[ダッシュボードのコメント(Dashboard comments)]サイドパネルでは、個々のウィジェット内のスレッドを表示する場合と同様、コメントスレッドを操作できます(スレッドの解決を除く)。ここでは、ページレベルのコメントの追加、既存のスレッドへの返信と表示、リアクションの追加、コメントとスレッドの管理ができます。

コメントスレッドが解決済みとしてマークされると、最初のドロップダウンメニューで[解決済みを表示]を選択した場合のみサイドパネルに表示されます。必要に応じて、スレッドの右上にある[再開(Reopen)]を選択してスレッドを再開できます。

Dashboard_Comments_Reopen.png

解決済みのスレッドを選択すると、対応するダッシュボードウィジェット内のスレッドに移動します。ここでは、スレッドを解決済みとしてマークしたユーザーを確認し、スレッドを再度開いて返信を追加できます。スレッドを再開することを選択した場合、スレッドには誰が再開したかが表示されます。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています