SDKのバージョンをアップグレードする方法

 

Android SDKを新しいバージョンにアップグレードする

SDKのバージョンをアップグレードするには、次の手順で行います。

  • Gradleファイルで、依存関係をSDKの最新バージョン番号に変更します。アプリケーション内に記述されている「dependencies」ステートメントからバージョン番号をコピーできます。

ProGaurdeを使用している場合は、上記のとおり、ProGaurdeステートメントを必ず最新にしてください。

SDKのバージョンを確認するには、Android Studioを使ってGradleファイルで検証します。

注:SDKのメジャーバージョンをアップグレードする場合(つまり、1.50.00から1.51.00など)は、アプリのバージョン番号も上げる必要があります。そうすることで、すべての機能が使えるだけでなく、アプリのリリースを通してSDKのバージョンを追跡できます。

下位互換性の問題については、リリースノートを参照してください。

 

iOS SDKを新しいバージョンにアップグレードする

SDKのバージョンをアップグレードするには、次のいずれかの手順で行います。

  • PODファイルを使用している場合は、次のCocoaPodsコマンドラインを使用してSDKを新しいバージョンに更新します。‘pod repo update’

または

  • モバイルSDKを手動でダウンロードした場合は、その新しいバージョンでSDKを置き換えます。
警告:問題やクラッシュを回避するには、SDKを最新バージョンに更新した後に、アプリをコンパイルします。手動でSDKフレームワークをローカルにダウンロードした場合は、SDKの最新バージョンを使用していることを必ず確認してください。

SDKのバージョンは、Podfile.lockを参照して、PODS: 'Insert'の値で確認できます。

注:SDKのメジャーバージョンをアップグレードする場合(つまり、1.50.00から1.51.00など)は、アプリのバージョン番号も上げる必要があります。そうすることで、すべての機能が使えるだけでなく、SDKのバージョンがアプリのリリースを通して追跡できます。

下位互換性の問題については、リリースノートを参照してください。