アカウントデータとは?

概要

Pendoインターフェイスの[アカウント(Account)]タブには、プロダクトに最近アクセスしたすべてのアカウントの概要が表示されます。SaaS企業であれば、個々のユーザーや訪問者がプロダクトにサインインしますが、これらの訪問者のうちの多くは、下の画像のように同じ支払いアカウントに属しています。

accountTree.png

[アカウント]タブでは、アカウントの全体的なアクティビティと状態をまとめて表示したり、各アカウント内の個々の訪問者にドリルダウンしたりできます。また、スニペットからアカウントレベルのデータをPendoに渡して、特定の[アカウント]レベル属性をガイドの対象にすることもできます。たとえば、SaaSサービスのゴールドプランレベルのアカウントに属するすべての訪問者に、またはエネルギー部門のアカウントに属するすべての訪問者にガイドを表示することができます。プロダクトのアカウントを保有しているにもかかわらずそのデータがPendoに表示されない場合は、Pendoの設定時にJavaScriptスニペットの[アカウント]情報を送信していない可能性があります。

 

複数のアカウント内の訪問者

訪問者は複数のアカウント内で操作できます。レポートの精度を高められるよう、各イベントには訪問者IDとアカウントIDの両方が含まれています。訪問者に現在のアカウントIDが設定されていることを確認します。複数のアカウントに紐づけられた訪問者は、Pendoにカンマ区切りのアカウントリストを保持します。

 

階層性アカウント

一部のアカウントには階層があります。アカウントの次に、サブアカウントがあります。これは、複数サイトまたは複数拠点があるお客様によくあるパターンです。アカウント階層を定義するために、親アカウントとも呼ばれる複数レベルのアカウント構造への切り替えを検討することをお勧めします。詳しくは、「 複数レベルのアカウントの管理」の記事をご覧ください。