ガイドの詳細 - 指標

ガイド指標(Guide Metrics)では、個々のガイドの詳細な使用状況の指標が表示されます。これらの指標は、閲覧数、訪問者、時間、投票調査、要素のクリック、およびその他のガイドのアクティビティに関するデータを示します。このデータにより、どのユーザーがガイドのコンテンツを見ているのか、そのコンテンツをどのように利用しているか、およびその利用結果について包括的に把握できます。

ガイドの詳細ページは、[ガイド概要リスト(Guide Overview List)]で、見たいガイドをクリックすると表示されます。ガイドの詳細ページには、設定(Settings)、指標、投票調査の回答(Poll Responses)(該当する場合)のセクションがあります。ガイド指標は、リソースセンター(Resource Center)の[お知らせ(Announcements)]ウィンドウで[ガイドの詳細]を開くことでも利用できます。

[ガイド指標(Guide Metrics)]タブには、ガイドの使用状況データを抽出して表示するいくつかのセクションがあります。

  • フィルタ(Filter)
  • 上位の情報(Top Stats)
  • ガイド閲覧数
  • アンケート調査
  • ガイド表示時間(Time on Guide)
  • ガイドのステップごとの訪問者数(Visitors per Guide Step)
  • ガイド要素(Guide Elements)
  • ガイドアクティビティ(Guide Activity)

 

GuideMetrics2Page.png

 

要件

  • Pendoエージェント バージョン2.69.1以降
  • ビジュアルデザインスタジオ(Visual Design Studio)で作成されたガイド
  • コードブロックではなく、ビルディングブロックで作成されたガイドのコンテンツ

注:[サブスクリプション設定(Subscription Settings)]の[テキストコレクションの除外(Exclude Text Collection)]によって、Pendoにガイド要素の名前が表示されなくなる現象があります。これらの要素は、Pendoによってプログラムで割り当てられた要素IDとともに[ガイド要素(Guide Elements)]の表に表示されます。

フィルタ(Filter)

GuideMetricsFilters.png

フィルターは、グラフと表に表示されるデータを制御します。セグメント、データ範囲、ガイドの翻訳にローカライズ(Localization)を使用している場合はガイドの言語バージョンの制御が可能です。

このセレクターは、スクロールしてもページの上部に固定されているので、それぞれのグラフを見ながら簡単に選択内容を変更できます。

  • セグメント(Segment)- セグメントを選んで、特定のグループがどのようにガイドを利用しているかを確認します。デフォルトは[全員(Everyone)]です。
  • 日付範囲(Date Range)- データを、選択した日付範囲に限定します。当日昨日過去7/30/60/90/180日間、1年以内のカスタム日付の範囲をあらかじめ設定できます。過去7/30/60/90/180日間の事前定義された範囲には、今日のデータは含まれません。
  • 言語(Languages) - 翻訳されていなくても、アプリで設定されたすべての言語が指定できます。デフォルトは[全ての言語(All languages)]です。

 

上位の情報(Top Stats)

GuideMetricsTopStats.png

[上位の情報]グラフでは、ガイドのリーチと利用状況を分析するための主な指標が強調表示されます。

  • 初回閲覧数(First Time Views) - 初めてガイドが訪問者に表示された回数
  • 総閲覧数(Total Views) - 初回閲覧とリピート閲覧の総閲覧数(ガイドはマニュアルで有効にしなくても、解除されるまで表示を続けます)
  • 訪問者率(Visitor Ratio) - ガイドのターゲットセグメント内の対象となる訪問者の総数のうち、ガイドを閲覧した訪問者の数(対象となる訪問者は、[セグメント]フィルタを使用してさらに絞り込むことができます)
  • 平均ガイド表示時間(Average Time on Guide) - 異常値を除いた、ガイドの平均表示時間
  • ガイド表示時間の中央値(Median Time on Guide) - 異常値を除いた、ガイドの平均表示時間の中央値

ヒント:閲覧数と訪問者数には、日付範囲内のイベントのみが表示されます。日付範囲を[ガイド作成日以降(Since Guide Creation)]に設定すると、ガイドの有効期間中の総閲覧数と総訪問者数が表示されます。訪問者数にはリピート閲覧数が含まれており、日付範囲が限定されている初回閲覧数とは一致しない場合があります。

ガイドのターゲットセグメントを複製し、[ガイドを閲覧したことがない([Your Guide] seen never)]というルールを追加して、ガイドをまだ見ていない訪問者を調査します。ガイドがターゲットに使用しているセグメントを編集しないように注意してください。

[平均ガイド表示時間]は、訪問者がコンテンツを閲覧しているか、[閉じる(Dismiss)]ボタンをすぐに押してしまっているかを示すものです。この平均時間は、コンテンツの長さと複雑さが期待に沿っているかどうかを表します。時間が極端に短い場合は、ユーザーがコンテンツに目を向けていない可能性が高いため、コンテンツやアクティベーションを見直す必要があります。

 

ガイド閲覧数

GuideMetricsGuideViews.png

[ガイド閲覧数]グラフは、初回閲覧とリピート閲覧に分けられた合計閲覧数の棒グラフです。表示項目はドロップダウンメニューで変更でき、週ごとまたは月ごとの閲覧数の合計と、閲覧数または一意の訪問者数を表示できます。[+フィーチャーを追加(+ Add Feature)]では、タグ付けされたフィーチャーの使用状況データを[ガイド閲覧数]データと共にグラフに追加できます。フッターのデータ要素をクリックすると、グラフでの表示・非表示が切り替わります。

 

:ガイド閲覧数、初回閲覧数、および総閲覧数の指標は、ガイドの最初のステップに対して計算されます。マルチステップガイドの後続ステップの閲覧数は、これらの合計では計算されません。

フィーチャーオーバーレイ(Feature Overlay)

GuideMetricsAddFeature.png

フィーチャーオーバーレイを使うと、ガイドがフィーチャーの使用にどのような影響を与えたかを把握できます。ガイドがフィーチャーを起動するように作成されている場合、またはユーザーを既存のフィーチャーに誘導するように作成されている場合は、コンテンツが実際の使用に与える影響を追跡することが重要です。

[ガイド閲覧数]グラフに[フィーチャー]のクリックデータを追加するには、[+フィーチャーを追加]ボタンからタグ付けされたフィーチャーを選択します。一度に複数のフィーチャーを選択し、ドロップダウンメニューからクリックすると、これらのフィーチャーがグラフに追加され新しいデータが処理されます。[コアイベント(Core Event)]は、検索可能な選択リストで優先され、その下に他のすべてのフィーチャーが表示されます。追加できるフィーチャーの数に制限はありませんが、フィーチャーが多すぎると表示が煩雑になるため、Y軸はフィーチャーのクリック数に合わせて調整されます。

 

アンケート調査

GuideMetricsPolls.png

[投票調査]セクションでは、すべての投票の質問概要、質問タイプ、総閲覧数、総回答数、投票の質問が表示されるガイドステップが表示されます。投票の質問をクリックすると、投票の詳細な回答が表示されます。このセクションは、ガイドに投票調査がある場合のみ表示されます。

 

ガイド表示時間(Time on Guide)

GuideMetricsTimeonGuide.png

[ガイド表示時間]グラフは、0秒から30秒以上までの3秒単位でグループ化された、ガイドビューごとのガイドの平均表示時間を表します。それぞれのバーにカーソルを合わせると、その時間刻みの閲覧数が表示されます。平均時間の計算では、ガイドの表示時間を10分以上超過した異常値は除外されます。

 

GuideMetricsTimeonGuideMultistep.png

マルチステップガイドの場合、[ガイド表示時間]グラフには、ガイドステップごとの平均時間が最初に表示されます。ステップにカーソルを合わせると、平均表示時間と総閲覧数が表示されます。

[ステップ]をクリックすると、そのガイドステップの1回あたりの平均表示時間の内訳が3秒単位で表示されます。

GuideMetricsTimeonGuideStep6.png

 

ガイドのステップごとの訪問者数(Visitors per Guide Step)

GuideMetricsVisitorsPerStep.png

[ガイドのステップごとの訪問者数]グラフには、複数ステップのガイドの各ステップを見たそれぞれの訪問者数が表示されます。バーにカーソルを合わせると、各ステップの訪問者数と、そのステップを見た訪問者全体に占める割合が表示されます。

 

GuideMetricsVisitorsperStepClick.png

ステップをクリックすると、現在のガイドターゲットとフィルタセグメントから、そのステップを見た訪問者と見ていない訪問者を含む訪問者リストが、スライドアウトで表示されます。リストをCSV形式でエクスポートすることで、それらの訪問者のセグメントの作成や、Pendoの外部での分析が行えます。

 

ガイド要素(Guide Elements)GuideMetricsElements.png

[ガイド要素]の表には、ガイドにおけるビルディングブロックの要素の使用状況が表示されます。この表には、要素の名前タイプ、ボタンアクションクリック数、およびステップあたりのクリック率が表示されます。マルチステップガイドでは、要素をステップごとにグループ化するか、単一のリストビューで表示するかを切り替えられます。

削除済み要素(Deleted elements)とは、Pendoが使用状況データを保持しているが、現在のバージョンのガイドには存在しない要素を指します。オンとオフを切り替えて、ガイド要素の使用状況の全履歴を確認できます。削除済み要素が古いバージョンのPendoエージェントにあった場合、またはサブスクリプションのテキスト収集が無効になっていて要素名を識別できない場合、削除済み要素が[不明(Unknown)]と表示されることがあります。

サポートされている要素

  • 閉じるボタン
  • ボタンのビルディングブロックとそれに関連するアクション
  • Markdown記法テキスト内のリンク

ボタンのアクション - 表の値

  • 次のステップ(Next Step) -次のステップ
  • 前のステップ(Previous Step) - 前のステップ
  • URLリンク(URL Link) - 外部リンクのURLのクリック
  • 閉じる(Dismiss) - 閉じる
  • ステップに移動(Go to Step) - ステップ番号とステップ名に移動
  • ガイドのスヌーズ(Snooze Guide) - 一定期間のスヌーズ
  • すべての投票を送信して先に進む(Submit All Polls + Advance) - 投票を送信 & 次のステップ
  • すべての投票を送信してステップに進む(Submit All Polls + Go to Step) - 投票の送信 & ステップ番号とステップ名に移動
  • ガイドの起動(Launch Guide) - ガイド名でガイドを起動

訪問者とアカウントリストのスライドアウト

Clicksslideout.png

クリック数をクリックすると、その要素を使用した[訪問者]と[アカウント]のリストを含むスライドが開きます。

  • [+ セグメントの作成(+ Create Segment)]をクリックして、その要素をクリックしたことのあるすべての訪問者またはアカウントのセグメントを作成します。このセグメントは、フィーチャーの使用状況によるセグメントに似ており、アナリティクスやガイドのターゲティングに使用することができます。
  • リストをCSV形式でダウンロードしてリストをエクスポートし、サードパーティのアナリティクスやコミュニケーションに利用できます。
  • IDをクリックすると、その訪問者やアカウントの詳細ページに移動します。

注:すべてのビルディングブロックは、HTMLの各要素に対して複数の一意のIDを持っています。ほとんどのビルディングブロックには静的IDが設定されていますが、テキストのビルディングブロックは動的IDを持っており、テキストのビルディングブロックを開くたびに変化して、異なるバージョンのテキストに対応します。Markdown記法テキスト内のリンクは、テキストのビルディングブロックの変更に伴って変更される動的な一意のIDによって識別されます。これにより、[ガイド要素]の表に新しいリンク要素が作成されます。前のバージョンのリンクとすべての使用状況データは、[削除済み要素]として引き続き使用できます。

 

ガイドアクティビティ(Guide Activity)

GuideMetricsGuideActivity.png

[ガイドアクティビティ]の表には、すべてのガイドイベントが時系列で[訪問者別(By Visitor)]にグループ化されたもの、もしくは連続したリストで表示されます。[訪問者別]ビューでは、訪問者の使用状況がすべてのイベントに時系列で展開され、最新のステータスが一番上に表示されます。

デフォルトの列は、[訪問者ID]、[閲覧数]、[ガイドの表示時間]、[ステータス]、[日付と時刻]です。また、マルチステップガイドでは、各ガイドステップの進行状況やステップごとの時間も表示されます。この表をカスタマイズして、訪問者レポートで利用可能な任意のプロダクト使用状況データまたはメタデータを含めることで、ユーザーの行動に関する追加のコンテキストを提供できます。表内の[訪問者]をクリックすると、その[訪問者の詳細]ページが新しいタブで表示されます。

ガイドのステータスとは、ユーザーがガイドを見た結果のことです。ステータスは、ユーザーがガイドを閉じたかどうか、何かの要素を操作したかどうか、または完全に無視したかどうかを示します。

ガイドステータスのリスト

  • アクション実行(Action Taken) - 訪問者はガイドを操作し、ボタンやその他の動作でガイドを進めたことを示します。[投票の送信]ボタンを押すと、このステータスになります。
  • 進む(Advanced) - このステータスは、マルチステップガイドにおいて、訪問者がステップ1から進んだときにのみ発生します。ガイドが自動的に起動された場合、訪問者がガイドを閉じたりウォークスルーを完了したりするまで、ガイドは再び訪問者に表示されます。訪問者が閉じずにガイドから離れて移動した後に、最後に見たガイドのステップに戻ってきた場合、最大10分間は、直前のイベントからガイドが自動的に表示されます。10分が経過すると、ガイドがリセットされて最初のステップが表示されます。
  • ボタンをクリック(Button Clicked) - ビルディングブロックで作られたボタンを訪問者がクリックしたことを示します。
  • 閉じるボタンをクリック(Close Button Clicked) - 訪問者が「X」(閉じるボタン)をクリックしたことを示します。自動ガイドは訪問者に再表示されません。
  • 閉じる(Closed) - 訪問者が[閉じる」アクションをしてガイドを閉じたことを示します。自動ガイドは訪問者に再表示されません。
  • 完了(Completed) - このステータスは、マルチステップガイドにおいて、訪問者がガイドを無視せずにすべてのステップを完了した場合にのみ表示されます。
  • 表示(Displayed) - ガイドは訪問者に表示されたが、ガイドを進めたり閉じたりするアクションは行われなかったことを示します。ガイドが自動的に表示されるように設定されている場合は、再度ガイドが表示されます。
  • スヌーズ(Snooze) - [スヌーズ]ボタンの操作によって、ガイドが一時的に閉じられたことを示します。