ガイドの詳細 - 設定(ビジュアルデザイナー)

注:この記事では、2019年2月18日にリリースされた新しいビジュアルデザインスタジオ(Visual Design Studio)ガイドの操作性を取り上げます。この日付以前からのお客様で、クラシックデザイナーを使用したいとお考えの場合は、前のバージョンを参照してください

 

概要

ガイドの詳細ページには、ユーザーが特定のガイドをどのように利用しているかが一目でわかる、詳細情報が記載されています。ガイドの詳細ページにアクセスするには、ガイドリスト(Guide list)からガイドの名前をクリックします。ガイドの詳細ページには、[設定(Settings)]と[指標(Metrics)]の2つのセクションがあります。

guideDetails.png

設定

ガイド詳細ページの[設定]セクションには、[コンテンツ(Content)](1)、[アクティベーション(Activation)](2)、[セグメント(Segment)](3)、[スケジューリング(Scheduling)](4)のタイルがあります。これらのタイルによって、それぞれのコンポーネントの表示や管理が容易になります。

settings.png

タイルの上にはドロップダウンボックス(5)があり、ガイドをドラフト、ステージング、無効に設定したり、完全に削除したりできます(ただし管理者権限がない場合は、これらのオプションがすべて表示されないことがあります)。省略記号(「…」)ボタン(6)をクリックすると、ガイドの詳細確認、履歴の編集、ガイドの複製などの追加オプションが表示されます。タイトル(7)の下には、自分のガイドがどのグループに割り当てられているかが表示されます。

1 - コンテンツ

[コンテンツ]セクションには、ガイドのプレビューが表示されます。複数のステップがある場合は、デザイナーを起動しなくても各ステップをスクロールできるようになります。

content.png

ガイドのプレビュー

ガイドをプレビューするには、[ガイドのプレビュー(Preview Guide)]オプション(1)をクリックするか、希望するガイドのステップにカーソルを合わせて[プレビュー(Preview)]アイコン(2)をクリックします。

preview-guide.png

[プレビュー]を選択したら、ページのURLを入力して[起動(Launch)]ボタンをクリックし、ライブプレビューを表示します。

preview-mode.png

プレビューモードでは、対象となるページのセグメント、スロットリング、ステータス、アクティベーション方法に関わらず、ガイドのテストを行うことができます。ガイドの対象ページと一致しないプレビューを開いた場合は、「ページが違います(Wrong Page)」というエラーメッセージが表示されます。

wrong-page.png

「プレビュー」モードでガイドの対象ページに移動すると、ガイドが表示されます。

顧客とまったく同じようにガイドを体験するには、ステージング環境でガイドをテストしてください。

2 - アクティベーション

このタイルは、ユーザーに対してどの方法でガイドを表示するよう選択したかをまとめたもので、アクティベーション方法(Activation Method)と呼ばれます。ガイドは、自動的に(ユーザーがアプリやページを開くと同時に)表示することも、ユーザーがクリックするカスタムバッジを介して表示することも、ユーザーがクリックするアプリやページのターゲット要素を介して表示することもできます。ガイドは、「自動+バッジ」または「自動+ターゲット要素」の組み合わせで使用することもできます。ガイドのアクティベーション方法はガイド作成時に設定され、必要に応じてデザイナー内で更新できます。

activation-tile.png

詳細については「ガイドのアクティベーションオプション」の記事をご覧ください

3 - セグメント

[セグメント]タイルには、ガイドのターゲティングルールと、本日時点での対象となる訪問者の総数がまとめられています。

segment-tile.png

4 - スケジューリング

特定の日付や時間にガイドを開始または終了させたい場合は、このタイルから設定します。

scheduling-tile.png

関連記事

ビジュアルデザインスタジオ(Visual Design Studio)の[ガイドの詳細]ページについては、以下の記事をご参照ください。