トラブルシューティング:クラシックアプリ内デザイナー

概要

ウェブアプリケーションからPendoをインストールしたURLをアプリ内デザイナーの「URL」フィールドに入力し、送信の矢印をクリックした後に[読み込みエラー(Loading Error)]が表示される場合は、正常に動作が行われていません。

アプリが見つからない場合

アプリがまったく読み込まれず「読み込みエラー(Loading Error)」が表示される

このようなトラブルが起こる要因は、主に2つあります。

1.X-Frame-Optionsが原因の可能性があります。これは通常はサーバー上で設定されるもので、iframe内にサイトを読み込まないようにブラウザに指示するものです。Pendoのアプリ内のタグ付け/ガイド機能はiframe内にあるため、ブランクページが表示されます。このような場合は、Google Chromeブラウザを使用し、Ignore X-Frame-Headers拡張機能をインストールすることをお勧めします。

2. Chromeのバージョン80を使用していて、アプリケーションのSameSiteクッキーがNoneに設定されていない場合に発生します。この新しいバージョンのChromeでは、すべてのSameSiteクッキーをNoneに設定する必要があり、そのように設定されていない場合はブラウザによってブロックされます。以下を実行して、設定を確認してください。

  • お使いのChromeのバージョンが80以上であることを確認する
  • ブラウザのデベロッパー ツールを開く
  • コンソールタブをクリックし、「A cookie associated with a cross-site resource at <yourdomain.com> was set without the `SameSite` attribute. It has been blocked....」で始まる警告メッセージがあるか確認する

Screen_Shot_2020-03-20_at_5.41.54_PM.png

  • この警告メッセージが表示され、メッセージ内のドメインがアプリケーションのドメインである場合は、これが問題である可能性が高くなります

これは、アプリケーションのSameSiteクッキーがNoneに設定されていないことを意味します。そのため、クラシックデザイナーでアプリケーションのフレームを作成する際に、Chromeがこれらのクッキーをブロックしてしまい、アプリケーションへのログインが許可されていないように見えることがよくあります。この問題を完全に解決するには、開発チームにSameSiteクッキーをChromeの新しい要件に対応するように修正してもらう必要があります。ただし、この問題には以下の2つの回避策があります。

1. Firefoxを使用します。以前Chromeで必要だった場合は「Ignore X-Frame-Headers拡張機能」があることを確認してください。

2. Chromeで「chrome :// flags」にアクセスし、下の画像のように2つのフラグを無効にします。

Screen_Shot_2020-03-17_at_1.07.16_PM.png

 

アプリがある場合

アプリは読み込まれるが、「読み込みエラー」が表示される

Pendoスニペットがページにインストールされていないか、誤ってインストールされている可能性があります。アプリケーションのすべてのページからコードが使用できるかどうかを、エンジニアリングチームに確認してください。左パネルにガイドが表示されるのに、アプリケーションの特定のページではガイドが消えてしまう場合は、ほぼこれが原因です。一例として、Pendoのお客様の中には、ログインページにPendoをインストールしたくないという方もいらっしゃいます。これは問題ありませんが、このようなページではフィーチャーのタグ付けやガイドの作成はできません。