ユーザーの役割(旧)

警告:この記事は、従来の役割と権限について説明しています。ほとんどのお客様は、「役割と権限」の新しいバージョンにアップグレードされ、デフォルトの役割が増え、アプリごとに役割を割り当てることができるようになっています。詳しくは、役割と権限についての記事をご覧ください。

概要

新しいユーザーをPendoに追加すると、そのユーザーの権限を定義するよう求められます。各権限レベルの概要は以下のとおりです。

概要のマトリックスビューをご覧ください。

管理者

管理者は、ユーザーができることに加えて、他のユーザーのPendoアカウントへの追加・削除、除外リストやステージングの設定変更、データマッピングの変更、統合の設定、アカウントのタイムゾーン変更、アカウントレベルの設定調整を実行できます。ガイドの公開・非公開、公開中のガイドの編集も可能です。

ユーザー

ユーザーはページやフィーチャーにタグを付けることができ、すべてのアナリティクスに完全にアクセスできます。ガイドについては、以下のオプションでユーザーごとに権限レベルを設定できます。

レイアウト(またはテンプレート)からガイドを作成する

このオプションでは、レイアウトを使ってのみガイドを作成・編集できます。レイアウトを作成したり、ガイドのレイアウト内で定義された編集可能なフィールドを超えてガイド(HTML/CSSまたはWYSIWYG)をカスタマイズすることはできません。

レイアウト(またはテンプレート)とガイドを最初から作成する

このオプションでは、ユーザーはガイドとレイアウトの両方のデザインを完全にコントロールできます。

注:このオプションでは、自動的に「レイアウト(またはテンプレート)からガイドを作成する」オプションも有効になります。

ユーザーは、ガイドのレイアウト作成・編集、レイアウトを利用したガイドの作成・編集、ゼロから作成を実行できます。スクラッチビルドのガイドは、これまでPendoで利用していたものと同じアプローチとインターフェースを採用しています。これらは、HTML/CSSマークアップ、WYSIWYGガイドエディター、または両方の組み合わせのいずれかを使用して設計できます。

公開されたガイドを管理する

このオプションでは、ユーザーはガイドを公開したり、すでに公開されているガイドを修正したりすることができます。このオプションでは、ユーザーはガイドを削除できません(この機能を持つのは管理者のみです)。

注:これは、これまでのユーザーの役割では利用できなかった追加機能です。ガイドのレイアウトが変更されると、そのレイアウトを使用しているすべての公開済み(または未公開)ガイドは、レビュー・承認されるまで更新されません。

このオプションでは、ユーザーが自分の公開したガイドをレビューし、更新することができます。すべてのユーザーは、ドラフトまたはステージング中のガイドをレビューし、編集することができます。

読み取り専用

読み取り専用のユーザーは、すべてのアナリティクスを見ることができます。つまり、これらのユーザーはページ、フィーチャー、訪問者、アカウント、ファネル、パス、ガイドの各指標にアクセスできるということです。これらのユーザーはすべてのアナリティクスを見ることができますが、最初に作成したユーザーでない限り、既存のセグメント、レポート、ファネル、パスを変更することはできません。

既存のアイテムを編集することはできませんが、独自のセグメント、レポート、ファネル、パスを作成することができます。

注:読み取り専用のユーザーとしてセグメント、レポート、ファネル、パスを作成した場合、これらのアイテムの可視性は自動的に「自分のみ」にデフォルト設定されます。