FivetranおよびRedshiftとのデータ出力パートナーシップ

概要

Pendoは他のデータソースと相関させることで、企業に重要なインサイトを提供します。これを実現するために、PendoはFivetranとパートナーシップを締結し、お客様がPendoのデータをRedshiftのようなデータウェアハウスに簡単に抽出・変換・書き出し(ETL)できるようにしました。

要件

このインテグレーションを使用するには、以下のアクセス許可が必要です。

  • インテグレーションキーを生成するためのPendo APIアクセス
  • Fivetran(ETLツール)アカウントへのアクセス
  • AWS Redshift(データウェアハウス)へのアクセス

Fivetran用にPendoを設定する

注:この手順では、Pendoインテグレーションキーへのアクセス(Pendo管理者権限)が必要です。管理者であってもインテグレーションキーを生成できない場合は、Pendoの担当者にお問い合わせください。

Pendoインテグレーションキーを生成したら、Fivetranにログインし、右上の[コネクタの追加(+ Connector)]ボタンをクリックします。「Pendo」と入力して検索し、FivetranのドキュメントにあるFivetranコネクタのセットアップ手順に従います。

add-connector.png

接続テストに成功すれば、RedshiftなどのデータウェアハウスをFivetran用にセットアップする準備は完了です。

pendo-connector.png

Fivetran用にRedshiftを設定する

Fivetranのドキュメントを参照して、Redshiftをデータウェアハウスとして設定します。

設定が完了すると、Fivetran Redshiftが自動的にPendoとのデータ同期を開始します。同期が完了すると、確認のメールが送られてきます。

redshift-setup.png

FivetranとRedshiftを使用する

データの同期が完了すれば、従来のSQLデータベースと同様の方法で、データの検索が可能です。必要に応じてビジネスインテリジェンス(BI)ツールにデータをプッシュすることもできます。

よくある質問

他のETLまたはデータウェアハウスサービスを使用できますか?

はい。Pendo APIを使うことで、お客様は使用するETLおよびデータウェアハウスを柔軟に選択できます。詳しくはこちらのレシピをご覧ください。