フィーチャーのタグ付けの概要(ビジュアルデザインスタジオ(Visual Design Studio))

注:この記事では、2019年2月18日に公開されたビジュアルデザイナーの機能を取り上げます。この日付以前からのお客様で、クラシックデザイナー(Classic Designer)をご利用になりたい方は、クラシックデザイナーを使用したバージョンを参照してください

 

概要

この記事は、アプリケーションでフィーチャーのタグ付けをすぐに使い始めたいお客様を対象としています。名前が付けられたページには、フィーチャーをタグ付けすることをお勧めします。ページのタグ付けの概要はこちらです。

フィーチャーのタグ付け

  1. プロダクトアイコンをクリックし、[フィーチャー(Features)]セクションへ移動します。
  2. 右上の[アプリ内フィーチャーの管理(Manage Features In-App)]をクリックします。
  3. 画面下のアドレスバーからアプリケーションに移動し、ログインします。
  4. ビジュアルデザイナー(Visual Designer)が開いたら、[フィーチャーをタグ付け(Tag a Feature)]をクリックしてターゲットモードに入り、フィーチャーのタグ付けを行います。
  5. タグ付けする要素の上にマウスポインタを置くと、赤いボックスが表示されます。タグ付けする要素を選択します。
  6. そのフィーチャーに関連する名前を付けます。
  7. [場所(Location)]で、Pendoはアプリケーション内の要素の場所を把握します。[サイト全体(Sitewide)]は、アプリケーション全体に表示されるナビゲーションメニューなどの要素に対応します。フィーチャーがひとつのページにしか存在しない場合は、デフォルトの[当該ページのみ(Only on Page)]オプションを推奨します。
  8. [要素の一致(Element matching)]設定では、CSSルールを使用してトラッキング対象のフィーチャーにタグ付けします。ほとんどのユーザーが使用できる[推奨される一致(Suggested Match)]の設定があります。選択した要素のみを対象とするのでは不十分な場合は、[親要素を選択(Choose Parent)]または[カスタムCSS(Custom CSS)]オプションで選択してみてください。
  9. [保存(Save)]をクリックすると、フィーチャーのタグ付けが完了します。

追加情報

すべてのタグ付けされたフィーチャーを表示し、その使用状況を直感的に把握するには、[ヒートマップ(Heatmap)]オプションを有効にします。このヒートマップは、Pendoで指定された日付範囲でタグ付けされたフィーチャーを色分けして表示します。単純に言えば、高温で色付けされているほど、使用されているフィーチャーだということを表します。

 

注:デザイナーが開いている間は、クリックイベントはPendoに取り込まれず記録されません。