どのブラウザに対応していますか?

概要

Pendoではエージェントのことを、インストールしたJavaScriptコードの結果と呼んでいます。すべてのフロントエンドのデータ収集を処理し、ガイドをレンダリングするからです。Pendoエージェントは以下のブラウザをサポートしており、動作を確認済みです。

  • Internet Explorer 7以上(Microsoft Edgeを含む)
  • 2010年以降のChrome、Safari、Firefoxのすべてのバージョン
注:Pendoは、Opera、Vivaldiなどの他のマイナーなブラウザでも動作しますが、積極的な動作確認は行っていません。

 

Pendoアプリケーション(ユーザーインターフェース)とは、Pendoフィードバックを含むapp.pendo.ioでアクセス可能なものすべてを指します。Pendoのアプリケーションは以下のブラウザをサポートしており、動作を確認済みです。

  • Microsoft Edge(最新版)
  • Chrome(最新版)
  • Firefox(最新版)
  • Safari(バージョン12以前)

古いブラウザを更新するには、最新のバージョンが記載されたこちらの便利なサイトをご利用ください

 

ChromiumのSamesite Cookieのアップデート

Chromiumは、Google Chromeをはじめとする最新のWebブラウザに搭載されているオープンソースのプロジェクトです。Chromiumは最近、httpを使用するサイトでのCookieの許可方法に影響を与えるセキュリティアップデートを実施しました(httpsサイトは影響を受けません)。今回のアップデートでは、「SameSite=None」属性を要求するCookieのうち、「Secure」属性のついていないもの(つまり「http」サイト)でCookieが使用できなくなります。

詳しくは、Chromium SameSiteのアップデートについてのタイムライン、またはこのアップデートに関するオリジナルのブログ記事をご覧ください。

Chromeは最近アップデートを公表し、同じアップデートを含むバージョン802020年2月4日リリースするとユーザーに通知しました。Pendoに関するアップデートの詳細をご覧ください

 

PendoデザイナーのSafari(バージョン13.0.4以降)での使用

Pendoデザイナーはガイドの制作装置のようなもので、アプリケーション上で起動され、アプリ内で表示されるものと同じガイドを作成し、モックアップできます。

Safariは、ファーストパーティとサードパーティのアプリ間におけるCookieの共有を制限するために、Intelligent Tracking Prevention(ITP)と呼ばれる別のセキュリティを実装しました。2020年2月20日現在、ITP(バージョン2.3)は、Catalina、Mojave、High SierraのmacOSのSafariに実装されています。PendoはCookieを利用してお客様のアプリケーション上でデザイナーを起動する仕組みですが、ITPの制限によってガイドデザイナーを起動できなくなっています。現時点では、PendoはSafariのバージョン13.04以降(Catalinaは全バージョン)ではサポートされていませんが、将来的には対応を検討する可能性があります。回避策として、別のサポート対象ブラウザからPendoにアクセスしてご使用いただけます。