Googleタグマネージャーによるインストール

概要

Googleタグマネージャーは、アプリケーションに含まれるトラッキングタグをチームが動的に制御できるようにするタグ管理ユーティリティです。インストールすると、Googleタグマネージャーのインターフェースを介してすべてのトラッキングコードを制御できます。お使いのアプリケーションにGoogleタグマネージャーがインストールされていれば、Pendoの追加は数分で完了します。

インストールプロセス

  1. Googleタグマネージャーをウェブブラウザで開きます。[タグ]をクリックし、次に[新規]をクリックします。

  2. [カスタムHTMLタグ]を選択し、[Pendoサイト設定(Pendo Site Settings)]のブロックを[タグの設定]のエリアに貼り付けます。

  3. Pendoのスニペットの中には、ログインしたユーザー(訪問者)とお客様(アカウント)の情報を指定するブロックがあります。Googleタグマネージャーのインストール状況にもよりますが、この情報を入力するには通常Googleタグマネージャーの変数を使用する必要があります。変数の設定が完了したら、Pendoのインストール時に{{variable_name}}として指定できます。

    注:Pendoでは、訪問者IDとアカウントIDが全体を通して一意であると想定しています。

     

  4. 次に、[トリガーを選択してこのタグを配信...(Choose a trigger to make this tag fire...)]」ペインを選択して、このタグの[トリガー]を設定します。これが開いたら、[すべてのページ(All Pages)][ページビュー]トリガータイプがデフォルトのトリガーであることに注目してください。このトリガーにより、ユーザーがページを閲覧するたびにPendoスニペットが効果的にロードされます(これは望ましい動作です)。しかし、Pendoはページの読み込みの間にアプリケーションの要素とユーザーとのやりとりを記録するため、トリガーを追加する必要があります。すべての要素クリックトリガータイプを追加します。

よくある質問

Google タグ マネージャーはPendoスニペットの条件付きロジックに対応していますか?

はい、Google タグ マネージャーはPendoスニペットをJavaScriptとして実行します。