NPS収益に関するインサイト

最終更新日:

経常収益は、優先順位を付けるためによく使われる指標です。収益に関するインサイトとNPSデータを組み合わせることで、プロダクトマネージャーやカスタマーサクセスマネージャー(CSM)がアカウントや課題に優先順位を付けるために活用できる包括的なビューを作成できます。

要件

この機能を利用するには、以下の権限が必要です。

  • Pendo管理者権限:アカウントの収益データとして使用するメタデータフィールドを指定できます。
    • Pendoで収益データを表すメタデータフィールドがまだない場合は、エージェント、カスタム、またはSalesforceのメタデータのフィールドで追加できます。
注:収益の設定はサブスクリプションに対してグローバルに適用されます。つまり、Pendoサブスクリプションに複数のアプリケーションがある場合、収益フィールドがすべてのアプリケーションに適用されます。

管理者設定プロセス

開始するには2つの方法があります。

  1. 左側のナビゲーションで[行動(Behavior)]>[NPS]に移動してNPS散布図にアクセスする、もしくは
  2. [データマッピングページ(Data Mappings Page)]に移動します。

NPS散布図から設定する

Pendoサブスクリプションでメタデータの値を設定していない場合は、散布図詳細の下の[+ 収益メタデータを追加(+ Add Revenue Metadata)]を選択します。そうすると、アカウントレベルの[データマッピング(Data Mappings)]セクションが開き、Pendoが使用するメタデータの値を指定できます。

scatter-plot-add-revenue.png
注: このリンクは管理者ユーザーのみ有効です。収益アカウントのメタデータが設定されるまでは、Pendoサブスクリプションのすべての管理者にこのリンクが表示されます。

[データマッピング]ページから設定する

1. 左下の[設定(Settings)]メニューの[データマッピング]ページに移動して、[アカウントレベルのメタデータ(Account Level Metadata)]タブを開きます。

data_mapping_1.png

2. 画面の右側にある[収益の管理(Manage Revenue)]を選択して、 [収益の管理]モーダルを開きます。

choose-metadata.png

3. アカウントの収益データを表すメタデータを選択します。

choose-arr.png

4. [保存(Save)]を選択して終了します。右上に確認メッセージが表示されます。

saved-confirmation.png
注: 収益の設定は、サブスクリプション全体に対して適用されます。つまり、Pendoにアクセスしているすべてのユーザーが、同じ収益メタデータにアクセスすることになります。

収益に関するインサイトの使用方法

  1. メタデータの値を設定したら、NPS散布図に戻ります。
  2. [収益の表示(Show Revenue)]ボタンをトグルで切り替えて、NPSデータで[収益(Revenue)]ビューを有効にします。この機能をオンにすると、散布図の円が変化します。
scatter-plot.gif

円のスケールについて

収益の表示をオンにすると、批判者、中立者、推奨者のすべてのNPS散布図の収益を表す円が拡大されます。円が大きいほど、収益がより多いことを表しています。

circle-scale.png

Pendoは、選択された収益メタデータの範囲を5等分して、円をスケーリングします。アカウントの収益は、これらのカテゴリのいずれかに分類され、それに応じてスケールが拡大縮小されます。

例:0ドル(トライアルやフリーミアムの場合)から1,000,000ドルまでの収益をキャプチャすると、5つのバケットは次のようになります。

example-scale.png

NPS散布図を使用する

NPSスコアのレスポンスは、アクティブな1日あたりの使用量と相関しています。これにより、中立者や批判者がプロダクトに時間を費やしているのか、あるいは価値を実感できていないのか、といったことを把握することができます。このNPSチャートの目的は、ユーザーを対角線方向に移動させることです。

user-movement.png

これは、回答者がアプリケーションに多くの時間を費やして利点を学んでおり、プロモーターであることを示しています。実際アプリケーションに多くの時間を費やしているデトラクターがいる場合は、問題が起きているか、プロダクトに対するニーズが満たされていない可能性があります。

しかしこの論理では、すべてのお客様に注意が必要です。収益を使用して、まずどこに注意を向けるべきかの優先順位を付けることができます。収益の表示をオンにするとバブルが拡大され、まず大きなものを探し、それに取り組んでから次のものに移ることができます。これは、NPS回答にセグメントを適用して、アクションを起こせる特定のグループに焦点を絞り、必要に応じてより深く掘り下げることで最適化できます。

 

よくある質問

[収益メタデータを追加(Add Revenue Metadata)]オプションが散布図でグレーアウトしている場合はどうすればよいですか?

これは、収益のメタデータを設定する権限がないことを意味します。設定するには、Pendo管理者である必要があります。
scatter-plot-add-revenue-disabled.png

 
この記事は役に立ちましたか?
4人中3人がこの記事が役に立ったと言っています