ライブチャットの統合

概要

Pendoガイドセンター内にライブチャットを埋め込み、状況に合わせたガイダンスとプロダクトウォークスルーとともに、リアルタイムのサポートを提供できます。

サポート対象プロバイダー

現在サポートされているライブチャットプロバイダーは次のとおりです。

  • Intercom
  • Zopim by Zendesk(Pendoのインテグレーションを使用するには、ZendeskのWeb SDKへのアクセスが必要です。EnterpriseまたはPremium(旧バージョン)のZendesk Chatアカウントプランには、Web SDKへのアクセスが自動的に含まれます。)
  • Drift

 

注:サポートされるチャットプロバイダーは今後追加される予定です。

 

有効にする方法

インテグレーションを設定するには、以下の権限が必要です。

  • ライブチャットインスタンスの管理者権限
  • Pendoアカウントの管理者権限
  • お客様のPendoアカウントでインテグレーションハブが有効になっていること(下記注参照)

 

注:お客様のPendoサブスクリプションでインテグレーションハブを有効にするには、Pendoの担当者にお問い合わせください。

 

設定方法

ステップ1. ユーザー名をクリックして[インテグレーション(Integrations)]を選択し、インテグレーションに移動します。

ステップ2. ライブチャットプロバイダーのオプションを選択して、選択を確定します。

addConfirm.png

ステップ3. チャットインスタンスに関連付けられたアプリIDを追加して、ガイドセンターに表示するタイトルと説明をカスタマイズします。

configure.png
注:ワークスペースIDを確認する最も簡単な方法は、Intercomで開いているいずれかのページのURLを確認することです。ワークスペースIDは、URL内のapps/以降にあるコードです。

 

ステップ4. 設定が完了したら、[インテグレーションの追加(Add Integration)]を選択します。

使用方法

インテグレーションの設定が完了すると、ユーザーがガイドセンター内でチャットオプションを確認し、選択できるようになります。

chooseChat.png

このチャットオプションをクリックして、既存の会話を再開したり、新しい会話を開始したりできます。

newConvo.png

chat.png

よくある質問:

Intercomのライブチャットを設定しましたが、空白のボックスしか表示されません。

表示するには、Intercomで特定のフィールド(email、user_id)を渡す必要があります。これらは、Pendoメタデータとして追加できます。Intercomのセキュリティ設定で本人確認が有効になっている場合は、暗号化されたuser_hashも渡す必要があります。本人確認を有効にする方法

Driftを設定する際、Driftアカウントの設定も更新する必要がありますか?

はい。ウィジェットのデザイン設定(widget design settings)に移動して、ウィジェットサイズを[Large(大)]に設定する必要があります。

drift-widget-size.png