SlackインテグレーションでNPS回答をプッシュする

概要

PendoのSlack向けNPSでは、リアルタイムのNPS回答を直接Slackで確認することができます。ご希望のチャンネルに通知を送信します。次に、カスタムメタデータを設定して、より情報量の多いサマリーを作成し、回答に対して行動できるようにします。

アカウントで有効にする方法

設定には、次の権限が必要です。

  • Slackアカウントの管理者権限
  • Pendoアカウントの管理者権限

設定方法

ステップ1. Pendoサブスクリプションの[インテグレーション(Integrations)]セクションに移動します。

IntegrationsNav.png

 

ステップ2. [Slack向けNPS(NPS for Slack)]を選択します。

SlackNPSTile.png
 

ステップ3. [Slackに追加(Add to Slack)]を選択します。クリックすると、slack.com経由でプライマリチームにリダイレクトされます。

AddSlackModal.png

 

注:Slackインスタンスの管理者権限を持っていない場合は、設定にはSlack管理者に連絡する必要があることを知らせるメッセージが表示されます。
Unauthorized.png
 

ステップ4. 回答を格納したいSlackチャンネルを選択し、[承認(Authorize)]を選択します。

Authorized.png
 

[承認]をクリックすると、Pendoサブスクリプションに戻り、インテグレーションの設定が完了したことを示すメッセージが表示されます。

 

メッセージ概要の設定

インテグレーションを承認した後に、Pendoのメタデータ値を使用してSlackメッセージを設定できます。次の手順に従って設定します。

ステップ1. Pendoサブスクリプションのインテグレーションセクションから移動している場合は、このページに戻ります。

SlackNPSTile.png

 

ステップ2. 再度[Slack向けNPS(NPS for Slack)]を選択します。今回は、PendoがSlackで承認済みであるため、設定オプションが表示されます。

EditSlackModal.png
 

ステップ3. 受信したい訪問者とアカウントのメタデータをSlackメッセージに追加します。

 

注:訪問者IDとアカウントIDは、Slackメッセージ概要の必須フィールドです。

 

ステップ4. メタデータオプションを確認する前に、上部の[プレビュー(Preview)]をクリックしてSlackメッセージの例を確認してください。

SlackNPSPreview.png
 

ステップ5. [保存(Save)]クリックして、Slack NPSインテグレーション設定を更新します。