Salesforceインテグレーションの概要

PendoのSalesforceインテグレーションでは、Pendoのアカウントオブジェクトもしくは訪問者オブジェクトとSalesforceオブジェクトの間で、双方向でのデータ同期が行えます。このインテグレーションでは、Salesforceの属性で絞り込んでPendoガイドをターゲット設定したり、Salesforceオブジェクトを使ってPendoデータを組織のより広範なプロセスに組み込んだりすることができます。

このインテグレーションは24時間ごとに自動更新され、両システムのアカウントの1対1での対応が可能になるため、ユーザーはSalesforceとPendoの間でのデータのプッシュやプルができるようになります。

Salesforce_integration_header.png

要件

  • Pendo Proパッケージ、もしくは1回以上のPendoインテグレーションキーの購入
  • Pendo管理者アクセス
  • Salesforce管理者アクセス
  • Salesforce Enterprise、Salesforce UnlimitedへのAPIアクセス、もしくはAPIアクセスが追加されたSalesforce Professionalへの有償アップグレード

ヒント:このインテグレーションをPendoのサブスクリプションに追加する必要がある場合は、Pendoの担当者までご連絡ください。

プル

SalesforceからPendoにデータをプルすることができます。データの同期は1日1回です。また、PendoのData Mapping(データマッピング)ページで、いつでも手動でデータを同期できます。

PendoのSalesforceインテグレーションでは、Salesforceオブジェクト内に存在するすべてのデータを同期できます。必要なSalesforceのフィールドを選択すると、そのフィールドがPendoのアカウントオブジェクトもしくは訪問者オブジェクトにプルされます。2つのデータソースを紐付けするためには、Pendo側とSalesforce側の両方で、1対1で対応するキーが必要となります(「salesforce ID」や一致する「訪問者ID」など)。

注:インテグレーションが正しく機能するためには、PendoとSalesforceをリンクするために選択したキーフィールドに重複がないことが重要です。

セットアップ

Pendoの管理者の場合は、Pendoの左下にある歯車を選択してアクセスできるデータマッピングページに移動します。

アカウントでSalesforceが有効になっている場合、画面の右側にSalesforceインテグレーションが表示されます。指示に従ってインテグレーションの設定を行ってください。

インテグレーションを使用する

PendoのSalesforceインテグレーションを利用するには、「APIの有効化」の権限と、アカウントオブジェクトと連絡先オブジェクトへの読み取りアクセス権を持つユーザーでSalesforceにサインインする必要があります。

Salesforceのデータをリンクすると、Pendo全体で利用できるようになります。具体的には、Salesforceの属性に基づいたデータのスライスやフィルタリング、訪問者に向けたガイドのターゲット設定が行えます。

プッシュ

Pendoのアカウントと訪問者のレポートからSalesforceに毎晩データをプッシュできます。

Salesforce Pushは、既存の「プル」機能の、認証とオブジェクトマッピングを活用します。Pendoのアカウント用の単一Salesforceオブジェクト、もしくはPendoの訪問者用の単一Salesforceオブジェクトにマッピングするオプションがあります。一般的な設定では、Salesforceのアカウントオブジェクトと連絡先オブジェクトの両方をマッピングしますが、カスタムオブジェクトをターゲットにすることもできます。

セットアップ

アウトバウンドデータの設定には、既存のPendoのアカウントレポートおよび訪問者レポートを使用しています。プッシュの設定には管理者権限が必要となります。

既存のインテグレーション設定が機能していることを確認する

1. 既存のインテグレーション設定が機能していることを確認します。

データマッピングページ([インストール設定(Install Settings)]の下)に移動します。同期が動作するかを確認します。3つの緑色のチェックマークと、最終同期の日付が表示されます。

何か問題が生じた場合、もしくはSalesforceインテグレーションの設定でお困りの場合は、Pendoサポートまでお問い合わせください。

SF_3.png

ステップ2:認証されたユーザーを確認します。

[Salesforceで認証(Authenticate with Salesforce)] を選択し、APIにアクセスできるSalesforceユーザーを確認しますアカウントと訪問者の両方にマッピングされているSalesforceオブジェクトを確認することをお勧めします。この情報にアクセスするには、[設定とマッピングのテスト(Setup & Test Mapping)]を選択します。

SF_4.png

3. マッピング設定を確認します。

アカウントと訪問者の両方にマッピングされているSalesforceオブジェクトを確認します。この情報にアクセスするには、[設定とマッピングのテスト(Setup & Test Mapping)]を選択します。

SF_5.png

4. 新規にPendoアカウントレポートを作成します。

ほとんどのお客様が、PendoのアカウントデータをSalesforceアカウントにプッシュすることを希望します。訪問者データに関しては、Salesforceでは連絡先が重複していることが多いため、プッシュするのが少々難しいかもしれません。まずはアカウントレポートから始めることをお勧めします。

[アカウントレポート(Account Report)]にアクセスし、[新規レポート作成(Create New Report)]を選択します。

SF_6.png

5. レポートを設定します。

[セグメント(Segment)][全員(Everyone)]に設定することをお勧めします。デモ用、テスト用、社内用のアカウントで、Salesforceのレコードが一致していない可能性があるからです。

[日付範囲(Date Range)]を選ぶ際には、目的を考慮してください。昨日のデータは必要でしょうか?昨日のアクティビティに基づいて何かをトリガーするなら、必要かもしれません。後でSalesforceのカスタムフィールド名に使用できるように、日付範囲をメモしておくこともお勧めします。

レポートを作成し、Salesforceシステム管理者用のサンプルのファイルを用意します。.CSVファイルをエクスポートして保存します。

SF_7-1.pngSF_7-2.png

6. 簡単な設定作業をSalesforce管理者に依頼します

同期を構成する手順については、Salesforce管理者にお問い合わせください。以下は、Salesforceシステム管理者に送信するメモの例です。

[SFDC管理者名]様

使用中のツールであるPendoについて、Pendoのデータを毎晩Salesforceと同期させたいと考えています。安全性は確認済みです。以下が、この件に関する依頼事項です。

まず、次のAPIユーザーが書き込み権限を持っていることを確認する必要があります。このインテグレーションは名前空間フィールドのみで動作するため、問題が起きることはありません。[認証済みユーザーのメールアドレスを記入]

[マッピングされたオブジェクト名を記入]オブジェクトで、3つのカスタムフィールドを作成し、それぞれのフィールド名の前に「Pendo」を付けます。問題の発生を防ぐため、インテグレーションは「Pendo」フィールドに限定されています。以下のラベルの使用をお勧めしますが、「Pendo_」さえあればフィールド名は自由に付けていただいて構いません。大文字と小文字は区別されることにご注意ください。

SF_9.pngまた、データ型がわかるように、.csvファイルを添付しました。

ご不明な点がございましたら、Pendoサポートまでお気軽にお問い合わせください。

7. プッシュの設定を行います。レポートページのSalesforceプッシュの横にある[設定(Set Up)]をクリックします。

必要なPendoの列をSalesforceのフィールドにマッピングします。利用可能なSalesforceのフィールドのリストは、フィールド名の前に「Pendo_」が付いているフィールドに限定されます。

SF_10.png

SF_11.png

8. 同期のテストを実行します。1つのアカウントを対象としたセグメントを一時的に追加することをお勧めします。準備ができたら、[今すぐ同期(Sync Now)]をクリックします。

問題が解決した場合は、セグメントを[全員(Everyone)]に戻し、再度同期します。

SF_12.png

インテグレーションを使用する

Salesforce内のPendo データを、ワークフロー、タスク生成、通知の送信、レポート作成、サードパーティ連携に活用しましょう。以下はその例です。

  • アクティビティが一定量以下になると、カスタマーサクセスにタスクを作成する。
  • PendoのデータとSalesforceの既存のサポートデータを統合して健全性スコアを作成する。
  • サードパーティのマーケティングツールを利用する。

注意事項

  1. Salesforceプッシュには、Salesforce Enterprise、Salesforce UnlimitedへのAPIアクセス、またはAPIアクセスが追加されたSalesforce Professionalへの有償アップグレードが必要です。
  2. 現在、すべてのカスタムオブジェクトと、アカウント、資産、連絡先、リード、機会のSalesforce標準オブジェクトとの同期をサポートしています。
  3. 一致するレコードがまだ存在しない場合、Salesforceレコードは作成されません。
  4. 上の図が示すように、現在プル(取り込み)しているのと同じSalesforceオブジェクトにデータをプッシュする必要があります。将来的には、異なるオブジェクトへの同期を検討しています。
  5. 当社のインテグレーションはAppExchangeでは入手できません。また、管理パッケージのインテグレーションではありません。
  6. 何か問題が発生した場合は、Pendoサポートまでご連絡ください。

データのマッピング

インテグレーションでデータをマッピングするには、Salesforceのフィールド名とPendoのフィールド名を対応させます。

注:インテグレーションが正しく機能するためには、PendoとSalesforceをリンクするために選択したキーフィールドに重複がないことが重要です。

マッピング設定を確認する

アカウントと訪問者の両方にマッピングされているSalesforceオブジェクトを確認します。この情報にアクセスするには、[設定とマッピングのテスト(Setup & Test Mapping)]を選択します。

サポート対象データタイプ

Salesforceプリミティブタイプ:Pendoメタデータタイプ

  • "int": "integer"
  • "string": "string"
  • "boolean": "boolean"
  • "date": "date"
  • "datetime": "time"
  • "double": "float"

Salesforceフィールドタイプ:Pendoメタデータタイプ

  • "combobox": "string"
  • "currency": "float"
  • "email": "string"
  • "id": "string"
  • "multipicklist": "string"
  • "percent": "float"
  • "phone": "string"
  • "picklist": "string"
  • "url": "string"
  • "number": "integer"

上記以外のデータ型はサポート対象外です。

現在、PendoはLookup Type、Record Type、Address (Workaround)、Hierarchy、Content(20)、URL(255)の各オブジェクトタイプに対応していません。

技術的なトラブルシューティング

エントリの重複

エントリが重複しているということは、同期によってPendoの特定の訪問者IDに対して、対象フィールドと一致するSalesforceオブジェクトが2つ検出されたことを意味します。

Pendoの値が重複している場合、同期では小さい方のPendoオブジェクトIDが優先され、既存のデータは置き換えられます。Salesforceの値が重複している場合、Salesforceにプッシュされた最初の値を優先して同期されます。

インテグレーションウィジェットの設定

適切なフィールドを選択してください。フィールド名と表示名のフラグを適切に設定してください。同期にはフィールド名が使用されます。

    • SFDCサブスクリプションにはAPIアクセス(有料のフィーチャー)が含まれている必要があります。
    • SFDCのユーザーアカウントは、「APIアクセス有効(API Access Enabled) 」とプル同期のための基本的な読み取りアクセス権を持っている必要があります。
    • また、SFDCのユーザーアカウントには、プッシュ同期でアクセスされるオブジェクトに対する「データ変更(Modify Data)」権限も必要です。

SFDCフィールドデータ型 != Pendoデータ型:SFDC APIからの同期エラー

動作しないフィールド

相手側に一致するものがない場合や、同期にサポートされていないデータ型が使われている場合、SalesforceやPendoでレコードは作成されません。

  • プル。次のデータ型はサポートされていません:master-detail、formula、lookup、record type、address、hierarchy、content(20)、URL(255)のオブジェクトタイプ
  • プッシュ。 レポートのプッシュ同期に「visitorId」もしくは「accountId」は使用できません。

よくある質問

どれくらいの頻度で同期されるのですか?

Salesforceインテグレーションは、24時間ごとに自動的に同期されます。データマッピングのページから、いつでも手動で同期できます。インテグレーションの設定が完了したら、すぐに強制的に同期を行い、正しく動作しているかどうかを確認することをお勧めします。手動、自動を問わず、どのような同期もSalesforceのプルとプッシュの両方を実行します。

SalesforceのサンドボックスをPendoと同期することはできますか?

はい。ただし、その前にPendoサブスクリプションの設定を変更する必要があります。ヘルプが必要な場合は、Pendoサポートにお問い合わせください

Salesforceの特定のフィールドがPendoにプルできないのはなぜですか?

「Pendoに追加するフィールドの選択」セクションを設定する際に、Salesforceの特定のフィールドが選択できない場合は、サポートされているデータ型であることと、フィールドが「Pendo」で始まっていないことを確認してください。「Pendo」で始まるSalesforceのフィールドはプッシュ専用なので、Pendoへのデータ取り込み(プル)には使用できません。

Salesforceへのデータのプッシュとは何ですか?

Salesforceへのプッシュ機能では、Pendoの訪問者やアカウントのアクティビティデータを、Salesforceの連絡先やアカウントのオブジェクトに日次で同期できます。このデータは、Salesforceのワークフロー、レポート、アクティビティで使用できるようになります。また、Salesforceに接続可能な他のアプリケーションからもアクセスできるようになります。

プッシュを使用する場合に考えられる使用例には、どのようなものがありますか?

Pendoからの情報をSalesforceにデータプッシュすることで、組織内の他の役割やプロセスから広くアクセスできるようになります。

たとえば、アプリケーションで観察された行動に基づいて、アウトリーチ(メールや電話)をトリガーすることが挙げられます。特定のアカウントのログイン頻度が著しく低下した場合、サポートやカスタマーサクセスからオフラインでのフォローアップを行うきっかけとすることができます。

また、複合的な顧客の健全性スコアの一部としてPendoのデータを使用できます。Pendoの使用状況データを他の財務データや業務データと統合し、予測的な顧客スコアリングを行うことができます。

また、Salesforceを「交換所」として使用して、カスタマージャーニーのさまざまな部分から収集したデータをまとめることもできます。たとえば、マーケティング自動化ツールを使ってログイン/登録前のユーザーの行動を追跡し、Salesforceの連絡先レコードを使ってPendoのログイン後の活動と連携させることができます。

プッシュはどのような仕組みになっていますか?

プッシュ機能は、Pendoの既存のSalesforceインテグレーション(プル)とは逆の動作をします。メタデータフィールドが取り込まれる(プル) のと同じ連絡先オブジェクトとアカウントオブジェクトを使用して、Pendoから選択された情報をプッシュします。マッピングはSalesforceのプル(取り込み)と同じ認証キーを使用するため、プッシュ機能を動作させるためには、これを正しく設定して動作させる必要があります。

プッシュを動作させるためには何を設定すればよいですか?

Salesforceへのデータプッシュを正常に有効化するには、次の設定が必要です。

  • Salesforceとのインテグレーション(プル)。プッシュ機能では、SalesforceのメタデータをPendoにプルすることができる既存の機能と同じインテグレーション(およびSalesforceのキー)を使用します。PendoのデータをSalesforceにプッシュする前に、Pendo管理者アクセスでこの設定を正しく行う必要があります。
  • Pendoのレポートにプッシュ機能を設定するには、Pendoの管理者権限が必要です。Salesforce(プル)とのインテグレーションを設定する場合にも、管理者権限が必要です。
  • Salesforceの管理者権限。Pendoのカスタムフィールドからデータを受け取るSalesforceのカスタムフィールドを設定するには、Salesforce管理者(または管理者へのアクセス権)が必要になります。
  • Pendoからのデータを受け取るためには、Salesforceのアカウントオブジェクトや連絡先オブジェクトに特定のカスタムフィールドを設定します。

どのようなデータがSalesforceにプッシュできますか?

Pendoは、Salesforceにプッシュされるデータのベースとして、アカウントレポートおよび訪問者レポートのコンテンツを使用しています。それらのレポートの任意のフィールドを、Salesforceにプッシュできます。

アカウントごとの訪問者数、サイト滞在時間、最終訪問日などのデータは、Salesforceのオブジェクトに追加することで活用できます。ほとんどのユーザーは、アカウントレポートに注目します。Salesforceではアカウントが重複していることが多いため、Salesforceで正しくマッピング(および後でデータを利用)することが難しくなります。

Salesforceへのプッシュは、特定のアカウントレポートや訪問者レポートに基づいて行われるため、レポートの日付範囲を考慮することが重要です。データは毎晩同期されますが、レポートの日付範囲は常に優先されます。たとえば、特定のレポートを作成する際に、過去7日間と30日間のどちらのデータを同期させるのがより価値があるのかを検討します。

PendoがSalesforceで書き込むフィールドはどのようなものですか?

問題を回避するために、Pendoは、Salesforceのカスタマイズされ、名前が指定されたフィールドにのみ書き込みを行います。そのため、Salesforce管理者は、プッシュを設定する前に、Pendoからのデータを保持するための特定のフィールドをアカウントオブジェクトもしくは連絡先オブジェクト内に作成する必要があります。これらのフィールドの前には、「Pendo_」を付ける必要があります。

たとえば、日付範囲を「過去30日」としたレポートからの「現地時間」の推奨される出力先フィールド名は「Pendo_TimeOnSite_Last30Days」となります。正しく名称付けられた出力先フィールドのみが、Salesforceへのプッシュが設定された際にマッピング可能となります。

一致するアカウントや連絡先がSalesforceにない場合はどうなりますか?

Salesforceプッシュは、Pendoにデータを取り込むために設定されているのと同じオブジェクトに依存しています。Pendoは一致したオブジェクトに対してのみデータをプッシュします。Salesforceに新しいレコードは作成されません。一致するレコードが見つからない場合、データはSalesforceにプッシュされません。

Salesforceプッシュのレポートに空白の行があるのはなぜですか?

アカウントレポートや訪問者レポートを作成すると、レポートには、セグメントや日付範囲の条件を満たすアカウントや訪問者のデータ行のみが表示されます。Salesforceプッシュインテグレーションをレポートで使用すると、通常ではレポートに含まれない行が追加され、これらの行の値が「0」になる場合があります。

訪問者とアカウントでIDが重複している場合も、空白の行が表示されることがあります。これには、アカウントレベルのデータを取り込む訪問者レポート と、訪問者レベルのデータを取り込むアカウントレポート が含まれます。これにより、行のIDが重複することで、同期が失敗する場合があります。このような場合、訪問者レポートには訪問者レベルのデータのみを使用し、アカウントレポートにはアカウントレベルのデータを使用することを推奨しています。

データのないアカウントや訪問者もSalesforceオブジェクトと1対1でマッピングする必要があるため、このような空白の行はSalesforceプッシュに必要です。

空白の行を削除するには、同じパラメータで新しいレポートを作成する方法しかありません。

弊社のSalesforceプッシュインテグレーションでSalesforceに送信される空白行の値は、Salesforceに送信され保存されているデータを上書きしません。

Pendoは、Salesforce APIのユーザー名とパスワードを保存しますか?

ユーザー名とパスワードをPendoに保存するのではなく、SalesforceのOAuth 2.0認証方式を使って、保存されているそのユーザーのトークンを取得します。

そのトークンは、Salesforce管理者によっていつでも取り消すことができます。

Salesforceフィールドをプルしてから列として追加すると、空白になるのはなぜですか?

プルが正常に動作していれば、特定のアカウントのアカウント詳細ページにデータがすぐに表示されますが、レポートリストに表示されるまでには1時間ほどかかることがあります。更新されているかどうか、定期的に確認してください。

Pendo側とSalesforce側の両方に、2つのデータソースを接続するための1対1で一致するキーがない場合はどうなりますか?

アカウントIDや訪問者IDなどの一意の識別子を使用することをお勧めします。ただし一意の識別子がこれらのフィールドのみに限定されるものではありません。それぞれのプラットフォームで1つのフィールドが完全に一致している必要があります。

それぞれのプラットフォームのIDを一致させる最も簡単な方法は、PendoからアカウントIDをエクスポートし、その値を同期するSalesforceオブジェクトのフィールドにプッシュするプロセスを設定することです。Salesforceの適切なレコードを特定するために、Pendoから追加のデータをプルする必要がある場合があります。

この手順を繰り返して、訪問者IDを同期させます。これらのプロセスは定期的に実行され、Pendoで新しい訪問者IDやアカウントIDが作成される時に、Salesforceの適切なレコードにこれらの値を追加する必要があります。