メールのホワイトラベルの設定

この記事では、Pendo Feedbackでメールのホワイトラベルを設定する手順を説明します。

フィードバックでは、メール通知(エンゲージメントメール柔軟なメールステータスレスポンス)をチームと訪問者に送信する際の差出人はデフォルトで「no-reply@pendo.io」になります。

メールのホワイトラベルを使用することで、Pendoのドメインではなく、自社のドメイン(たとえば、feedback@yourdomain.com)からメール通知を送ることができます。これは次の場合に役立ちます。

  • ブランディングおよびプロダクトへのフィードバックの一貫性を保つ
  • 通知に直接返信できる訪問者とのコミュニケーション

メールのホワイトラベルがなければ、Pendoのドメインから送信された通知に対する訪問者の返信は届きません。ホワイトラベルのメールでは、返信は、ホワイトラベルのメールとして設定したメールアドレスにルーティングされます。ただし、コメントは例外です。顧客がリクエストに追加されたコメントに関する通知をメールで受け取った場合、このメールへの返信は、ホワイトラベルのメールアドレスが設定されているかどうかにかかわらず、新しいコメントとして顧客のフィードバックアカウントにルーティングされます。

ステップ 1:サポートに連絡し、DNSレコードを受け取る

メールのホワイトラベルを設定するには、以下の情報をPendoサポートに送信してください

  • メール送信元(From email)。これにより、実際のドメインの実際のメールアドレス(feedback@yourdomain.comなど)に返信されます。
  • 送信者名(From name)「Feedback株式会社」のような会社名など。
  • ホスト(Host)。メールの送信元となるドメイン。

ドメインは、選択したメールアドレスと一致している必要があります。たとえば、feedback@yourdomain.comの場合、ドメインとしてyourdomainが使用されます。feedback.subdomain@yourdomain.comなどのサブドメインを使用することもできます。

DNSエントリの準備が整い次第、Pendoからサポートチケットでお知らせします。

 

Pendoサポートへのメッセージの例

Pendoサポート様
 
Please configure our Feedback email white-label using the following info:(以下の情報を使用して、Feedbackメールのホワイトラベルの設定をお願いいたします。)
 
From email: feedback@example.com
From name: "Feedback Example"
Host: example.com
 
[あなたの署名]

ステップ2:DNS レコードを設定する

[フィードバック ]>[設定]>[プロダクト設定]でDNSレコードを検索し、ネットワーク管理者に送信して設定します。ネットワーク管理者がDNSレコードを設定したら、サポートチケットに返信してお知らせください。

その後、弊社でDNSレコードを確認し、ホワイトラベルのメール機能を有効にします。

この後、選択したメールアドレスからチームとお客様にメールを送信できます。Pendo Feedbackのサーバーがお客様に代わってメールに署名し、最大限の配信を行います。

 

DNSレコードの例

mceclip1.png