会社へのフィードバックの提示

フィードバックを会社に提示することは、最初は大変なことのように思えるかもしれません。でもご安心ください。私たちがサポートします。

ここでは、プレゼンテーションをスムーズに行うためのヒントをいくつかご紹介します。

メリットに焦点を当てる

最終的に、あなたは同僚にフィードバックを「売り込もう」としているのですから、純粋に技術的な詳細よりもメリットに焦点を当てることで、あなたの話に賛同してもらえる可能性が高くなります。フィードバックによって会社が得るものだけでなく、個人として何を得ることができるのかという観点から、メリットを明確にしてください。

以下に例をご紹介します。

  • 製品を開発する方法のより良いアイデア
  • サポートチケットの削減
  • 社内の連携強化

プライベートリクエスト

フィードバックのチャンピオンが自分の会社にPendoを紹介する際、ほとんどの場合、次のようなシンプルな質問を受けています。

「個人的なリクエストやコメントを送信できますか?」

はい、可能です。そのためには、通常通り機能を提案し、フォームの下部にある[これを顧客に非表示にしますか?(Hide this from customers?)]というチェックボックスを選択します。

リソース

ガイドラインドキュメントを作成した場合は、同僚にそれを紹介します。

これにより、ミーティングで説明しきれなかった部分をカバーするのに役立ちます。

:同僚が簡単にメモして後でアクセスできるように、bit.lyリンクを設定しておくと便利です。

難しい質問

時には同僚が、あなたが答えられないような質問を投げかけてくることもあるでしょう。でも大丈夫です。実際、それは予想されることです。

このような質問には、「解決策はあるが、今はまだ確信が持てない」と言って安心させるのが一番の方法です。「会議が終わったら、すぐに答えを見つけて連絡します」と伝えましょう。その後、私たちに連絡してください。お手伝いいたします。

モチベーションを高める

繰り返しになりますが、このプレゼンテーションの目的は、あなたの同僚のモチベーションを高め、フィードバックを最大限に活用してもらうことにあります。そのためには、彼らのモチベーションを高めることが必要です。動的なプレゼンテーションを行いながら、常にメリットを強調すれば、すぐにでも始めたいと思ってもらえるようになります。