人気投票よりもスマートリストを見ることを勧める理由は何ですか?

人気投票のレポートは消化しやすい反面、多くの有益な情報を見落としてしまいます。

優先順位

人気投票のレポートでは、各ユーザーにとって何が緊急なのか、重要なのか、最重要なのか、一方で何が「あったらいい」のかについては何もわかりません。

たとえば、100票ずつの2つのリクエストがあったとします。どちらがより価値があるか、どうやって見極めればよいでしょうか。

これらのリクエストは、投票したほとんどの人にとってあまり重要ではない、「あったらいいな」というものかもしれませんが、50人、60人の人にとっては商談の妨げになるものかもしれません。

単純に各リクエストの人気度を見ているだけでは、このようなインサイトを大規模に得ることはできません。スマートリストを使用することで、優先度の高いリクエストには、レポートの中でより大きな権限を与えることができます。

人気投票のレポートでは、アカウント価値も除外されています。

たとえば、戦略が企業顧客に焦点を当てることだとします。あなたは、企業顧客が最も望んでいる機能を構築したいと考えています。

人気投票を見ると、小規模なお客様から大規模な企業アカウントまで、すべての投票が平等です。投票数の多いアイデアは、スタートアップのお客様が投票したものかもしれませんが、その場合は現在の戦略とは関係ありません。スマートリストを使用することで、アカウント価値の高いリクエストには、レポートの中でより大きな権限を与えることができます。

時間

人気投票のレポートでは、投票がいつ提出されたかも除外されています。

人気投票のレポートを見ると、2年前に追加されたものも、5分前に追加されたものも、すべての票が平等です。人気投票のレポートの上位にある項目は、もはや重要ではない項目かもしれません。

フィードバックでは、ユーザーがより多くの項目に投票すると、(優先順位の高いリクエストを継続的に調整しない限り)古い項目は自然と優先順位が下げられます。

繰り返しになりますが、スマートリストを使用することで、最近賛成されたリクエストの比重が高くなり、最新の情報を見ることができるようになります。

 

フィードバックでスマートリストを見ることで、優先順位やアカウント価値、項目がいつ賛成されたかなど、さまざまな情報を考慮することができます。

これにより、多くの情報に基づいた、より良いプロダクトの決定を行うことができます。