Pendoフィードバックとインテグレーション可能なもの

概要

PendoフィードバックをSalesforceJIRAZendeskZapierとインテグレーションすることで、既存のプロセスにフィードバックを簡単に組み込むことができます。

Salesforce

SalesforceとPendoフィードバックをインテグレーションすることで、市場の需要を把握し、成長を促進できます。

また、お客様担当スタッフがプロダクトの需要を入力して開発スタッフに直接伝えることができるため、セールスチームとプロダクトチーム間の効率化にもつながります。

PendoフィードバックのSalesforceとのインテグレーションにより、セールスチームはお客様とのフィードバック共有のコミュニケーションに時間と労力を費やす必要がなくなります。

Salesforceとのインテグレーションの設定について詳しくは、こちらをご覧ください。

Salesforceとのインテグレーションの設定については、こちらの便利なセットアップガイドをご覧ください。

 

Zendesk

Zendeskとの双方向インテグレーションにより、リクエスト管理が合理化され、お客様担当チームがお客様をさらに手厚く支援できます。

Zendeskチケットを使ってフィードバックで容易に直接リクエストを作成できるため、迅速な管理が可能です。

また、Zendeskとのインテグレーションにより、お客様はリクエストを送信した時点から、そのリクエストがどの段階にあるのかを自動的に把握できます。これにより、お客様と関係がより強固になります。

Zendeskとのインテグレーションの設定について詳しくは、こちらをご覧ください。

 

JIRA

フィードバックのJIRAアドオンは、プロダクトチームと開発チーム間の効率化に役立ちます。

リクエストが一定の段階に達すると、アドオンが自動的にJIRAに課題を作成し、開発チームが閲覧できるようにします。

JIRAで課題が処理されると、自動的にリリースログに追加されます。これにより、新機能をお客様や社内チームメンバーに簡単かつ迅速に伝えることができます。

JIRAとのインテグレーションの設定について詳しくは、こちらをご覧ください。

JIRAとのインテグレーションの設定については、こちらの便利なセットアップガイドをご覧ください

 

Zapier

Zapierとのインテグレーションにより、フィードバックを1000以上のツールやアプリに接続できます。

一般的な接続には、GitHubSlackPivotal TrackerAha!などがあります。これらの「zap」を設定することで、現在のワークフローにフィードバックをシームレスに組み込むことがさらに容易になり、時間のかかる手作業の多くを自動化できます。

Zapierの設定方法や一般的なテンプレートについては、こちらをご覧ください。