フィードバックにおける自動タグ付け

概要

Pendoスニペットを使用して、アカウントと訪問者に自動でタグを付けることができます。

重要な理由 タグを使うと、レポートを詳細にセグメント化するうえで柔軟性が非常に高くなります。自動タグ付けにより、手動入力なしで、需要データに対して詳細な分析ができインサイトが得られます。

簡単な設定だけで、タグでグループ化した訪問者、アカウント、または機会の単位でプロダクトの需要を表示できます。フィードバックにおけるタグの詳細については、こちらをご覧ください。

タグは柔軟性が高いため、お客様に合わせてタグを実装できます。次に例を示します。

アカウント:

  • 場所
  • サブスクリプションプラン
  • 契約期間
  • 会社の規模
  • アカウントオーナー

訪問者:

  • ペルソナ
  • ジョブの役割
  • アクセスレベル

 

「CATEGORY:TAG」の形式を使用すると、訪問者に適用するさまざまなタグをより整理しやすくなります。カテゴリーに分類されたタグは、アカウントには使えません。

次に例を示します。

  • Persona: Customer Success
  • Location: Germany
  • Product origin: Dashboard
  • Price Plan: Gold

自動タグ付けの設定方法

Pendoスニペットがすでにインストールされている場合は、アカウントと訪問者の新しい自動タグを既存のインストールスニペットに追加するか、または次のAPIを使用して追加できます。http://apidoc.receptive.io

キー 説明
account.tags アカウントタグ Simple: ["automotive", "London"]
visitor.tags 訪問者タグカテゴリと関連タグ Simple: ["sales", "London"]
Tag categories: [{"title": ["Engineer", "IT"]}]

タグの検証

タグの値に対して、次の検証を行います。

  1. タグの値が文字列であること
  2. タグカテゴリは文字列のキーで、値は文字列の配列であること(キーはカテゴリ、値は1つ以上のタグ)
  3. カテゴリ:タグ(キーと値)と単純なタグの組み合わせも使用可能。例:
    [{"title": ["Engineer", "IT"]}, "Admin", {"Location": ["NewYork", "London"]}]
    ここでは「Admin」が単純なタグにあたります。
  4. タグの長さが2文字以上であること
  5. 次の無効な文字を使っていないこと。, | { } : < >
  6. タグのカテゴリーは訪問者に対してのみ有効で、アカウントに対しては有効でないこと。

無効な例

tags: ["Admin,IT"] — 単純なタグではカンマは使用できません

tags: [{"Title":["IT, Systems & Programming"]}] — タグ値にカンマは使用できません

tags: [{"Title":[null]} — タグ値は文字列である必要があります

tags: [{"Title":["Dept | Financial and HR Manager"]} — タグ値として「|」は使用できません

:2017年1月1日より前にフィードバック(旧Receptive)をインストールしており、「セキュアモード」を有効にしてスニペットデータに署名している場合は、署名方法をJWT署名に切り替える必要があります。これにより、従来の手動の署名よりも開発が簡単になります。

スニペットの例

visitor: {
  id:              62343,
  email:           'john@doe.com',
full_name:       'John Doe',
  role:            'admin',
  creationDate:    1404326949156
tags: [{"title": ["Engineer", "IT"]}, "Power User", {"Location": ["NewYork", "London"]}] }, }, account: { id: 17, name: 'Acme, inc', monthly_value:'99.99', is_paying: true, planLevel: 995, isFoo: false
tags: ["Enterprise", "Commercial"] } }