Pendoにおけるデータマッピングとデータ型

最終更新日:

データマッピングは、Salesforceなどのシステムからのデータを、アカウントタイプや訪問者の役割など、Pendoが収集したデータと結び付けるプロセスです。マッピングは、アカウントレベルと訪問者レベルのメタデータに分けられます。

データマッピングのためにPendoに送信するデータは、正しいデータ型を選択することが重要です。データ型は、テキスト、ブール値、数値など、取り得る値によって定義されます。適切なデータ型を選択すると、Pendoでデータが正しく表示され、セグメントルールを作成する際に正しく使用できます。

データマッピング

データマッピングを表示するには、管理者である必要があります。[設定(Settings)]>[データマッピング(Data Mapping)]に移動すると、Pendoが分析に使用するデータの名前とタイプを確認できます。

このページから、特定の訪問者またはアカウントのメタデータのデータ型を選択できます。詳しくは、訪問者やアカウントのメタデータをご覧ください。

使用可能なデータ型

現在、Pendoでは6つのデータ型が使用可能です。インストールスクリプトを使ってPendoに送信するデータ(一般的には「スニペット」と呼ばれます)は、データをマップするデータ型の形式と一致している必要があります。このセクションでは、各データ型の概要と、その型に対応するデータの例を示しています。

テキスト

テキストは、Pendoで最も基本的なデータ型であり、メールアドレスなど、Pendoで単純なテキストを表示するフィールドとして使われます。

visitor:{{
id:62343,
email:'john@doe.com',

ブーリアン

ブールデータ型は、訪問者が管理者ユーザーかどうかなど、値にtrueまたはfalseを設定する場合に使用します。

visitor:{{
  id:62343,
  isAdmin: true,

数値型(整数)

整数とはゼロおよび自然数のことで、ダッシュボードの数など、小数点のない数値データタイプです。

visitor:{{
id:62343,
dashboardCount: 3,

数値型(小数)

浮動小数点数は、使用されるストレージの割合など、小数点を持つことができる数値データタイプです。

visitor:{{
id:62343,
percentStorageUsed: .776,

日付

日付は、サブスクリプションの開始日など、Pendoに渡すすべての日付に使用します。

visitor:{{
id:62343,
subscriptionStart: "2006-01-02T15:04:05.999-05:00",

渡す日付の値は、サポートされている形式でなければなりません。サポートされている日付形式の詳細については、訪問者やアカウントのメタデータを参照してください。サポートされている日付形式のリストについては、Engage APIドキュメントを参照してください。

リスト

リストは、役割など、複数の値を含む可能性のあるデータフィールドに使用します。

 visitor:{{
id:62343,
roles: ['admin', 'end-user', 'super-user'],

このデータ型は、エージェントメタデータでのみ使用します。

データ型のセグメントルール

Pendoの各データ型には、一緒に使用するセグメント化ルールが関連付けられています。たとえば、日付フィールドには日付に関連するセグメント化ルール(前/後)を設定することができ、数値フィールドには数値に関連するルール(等しい/等しくない)を設定することができます。

データマッピング型 使用可能なセグメントルール
テキスト

等しい(equal to)
等しくない(not equal to)
含む(contains)
含まない(does not contain)
空(is empty)
空でない(is not empty)

ブーリアン 真(is true)
偽(is false)
数値型(整数)

等しい(equal to)
等しくない(not equal to)
以下(less or equal to)
以上(greater or equal to)
空(is empty)
空でない(is not empty)

数値型(小数) 等しい(equal to)
等しくない(not equal to)
以下(less or equal to)
以上(greater or equal to)
空(is empty)
空でない(is not empty)
日付 より後(since)
より前(before)
過去の指定期間内(within last)
過去の指定期間外(not within last)
未来の指定期間内(within next)
未来の指定期間外(not within next)
間(between)
空(is empty)
空でない(is not empty)
リスト

含む(contains)
含まない(does not contain)

空(is empty)
空でない(is not empty)

セグメントルールで「含む(contains)」を使用する場合、テキストとして構成されたメタデータとリストとして構成されたメタデータでは、動作が異なることに注意することが重要です。

  • テキストタイプのメタデータフィールドで「含む」ルールを使用すると、部分一致で検索されます。 たとえば、「従業員を含む」のようなルールを使用すると、「Pendoの従業員」や「Mind the Productの従業員」など「従業員」という単語を含むすべてのメタデータ値が抽出されます。
  • 一方、リストタイプのメタデータフィールドで「含む」ルールを使用すると、文字列の正確な一致が必須になります。 たとえば、 「従業員を含む」というルールでは、「従業員」という値のみが抽出され、「Pendoの従業員」や「Mind the Productの従業員」などは抽出されません。
この記事は役に立ちましたか?
14人中6人がこの記事が役に立ったと言っています