Pendoモバイル用のReact Nativeトラックイベントをインストールする

最終更新日:

注:お客様のアプリがCodeless React Nativeに対応していることをご確認ください。弊社のノーコードソリューションには、ツールチップやウォークスルーを含むあらゆるタイプのモバイルガイドや、ノーコード分析機能(PendoモバイルSDKのインストール時までさかのぼって機能します)など、ネイティブモバイルアプリケーションで利用可能なPendoのモバイル機能がすべて含まれています。

React Nativeフレームワークで作成されたモバイルアプリは、PendoモバイルSDKを使用でき、以下のことが可能です。

  • トラックイベントによる使用状況の収集と分析
  • ユーザーがアプリを起動したときや、トラックイベントによってアクティブ化される、シングルライトボックスまたはマルチステップライトボックスのガイドの作成と公開

前提条件

サブスクリプションがモバイルで有効になっている必要があります。[サブスクリプション設定(Subscription Settings)]ページに[アプリを追加(Add App)]ボタンがあることを確認します。これを選択すると、モバイルアプリのオプションが表示されます。

利用可能なインサイト

このトラックイベントソリューションを使用するReact Nativeアプリは、以下をサポートします。

  • トラックイベントアナリティクス([トラックイベント(Track Events)]ページでは、ユーザーやアカウントの分析、使用量の合計、時間経過による使用量を確認できます)
  • パスとファネル(トラックイベント経由)
  • データエクスプローラー、トレンド(トラックイベント経由)
  • 定着率の分析(トラックイベント経由)
  • 訪問者とアカウントの分析
  • アプリケーションの滞在時間(トラックイベントに基づく)
  • ページ閲覧数/ボタンのクリック数に関連しないダッシュボードウィジェット
  • ガイドまたは分析を目的とした、作成した任意のセグメントでのトラックイベントアナリティクスの使用

React Nativeをサポートするアプリをインストールする

  • モバイルアプリをインストールします。詳細については、モバイルアプリを追加するを参照してください。
  • 開発者と協力して、そのアプリ用のPendoモバイルSDKをインストールします。

ページやフィーチャーの追跡方法

追跡を行うには、以下のAPIを使用して、ページ閲覧数やフィーチャーのクリックなどアプリの重要なイベントをトレースします。画面やフィーチャーのアクティビティに以下のコールを追加します。

 PendoSDK.track("EVENT_NAME",{'KEY1':'VALUE1','KEY2':'VALUE2',...})}}

たとえば、「order_form」ページでクリックされた「submit」というフィーチャーをトラッキングするには、以下を使用します。

<ListItem 
...
onPress={() => {PendoSDK.track(data.name,{'page':'order_form','feature':'submit'})}}
>

訪問者やアカウントの追跡方法

startSession:このAPIを使用して、訪問者やアカウントとのセッションを開始します。
PendoSDK.startSession(visitorId, accountId, visitorData, accountData);
setVisitorData:このAPIを使用して、セッションの途中で訪問者のデータを更新できます。主に訪問者が詳細を更新する際に使用されます。
PendoSDK.setVisitorData({"KEY1":"VALUE1","KEY2":"VALUE2",...})
setAccountData:このAPIを使用して、セッションの途中でアカウントデータを更新できます。主にアカウントデータを更新したい場合に使用されます。
PendoSDK.setAccountData({"KEY1":"VALUE1","KEY2":"VALUE2",...})

 

よくある質問

どのガイドを使用すればよいですか?

ガイドタイプ: React Nativeアプリケーションでは、モバイルガイドや 投票調査を利用できます。ツールチップは現在、React Nativeアプリケーションでは利用できません。

ガイドのアクティベーション:アプリの起動時やアプリがトラックイベントをトリガーしたときに、React Nativeアプリにガイドを表示できます。ガイドのアクティベーション方法として、[アプリの起動(App Launch)]または[トラックイベント]を選択してください。ガイドを起動する可能性のある場所に、トラックイベントを追加することをお勧めします。

イベントとして何を報告すればよいですか?

「トラックイベント」を使用すると、アプリ内で発生したあらゆるイベントを報告することができます。ユーザーのステータスの変更、「サーバーが利用できません」などの例外条件、重要なビジネストランザクションやユーザーが実行したアクション、分析を収集するときのボタンのクリックやページビューなどが、報告するイベントとなります。

ページ閲覧数やボタンのクリック数を把握するにはどうすればよいですか?

React Nativeアプリは特有の構成であるため、ページやフィーチャーの自動追跡は現在サポートされていません。React Nativeアプリケーションでページをキャプチャしてフィーチャーのタグ付けを行っても、うまく機能しません。

ページビューとボタンクリックの分析を行うには、それぞれにトラックイベントを送信する必要があります。

近日公開:React Nativeアプリケーションでのページ閲覧数や機能のコードレストラッキングは近日中に対応予定です。

この記事は役に立ちましたか?
1人中1人がこの記事が役に立ったと言っています