Pendoエージェントのセルフホスティング

概要

Pendoエージェントは、ウェブアプリケーションで動作し、生のイベントデータを収集し、ガイドを表示するJavascriptです。標準のPendoインストールでは、CDNからpendo.jsが安全かつ非同期に読み込まれます。最新のバージョンを使用するために、CDNからPendoエージェントを読み込むことを強くお勧めします。ただし、セキュリティ上の制約により必要な場合は、Pendoエージェントをセルフホストすることができます。

インストールに関する詳細情報

Pendoインストールの計画

開発者のためのPendoインストールガイド

 

セルフホスティングのデメリット

Pendoは、通常毎週、Pendoエージェントのアップデートを継続的にリリースしています。これらのアップデートの多くには機能強化が含まれており、その機能強化が正しく動作するためには、更新されたPendoエージェントがアプリケーションに存在する必要があります。Pendoエージェントをセルフホスティングすると、アプリの読み込み時に最新バージョンのエージェントを受け取ることができず、アップデートへのアクセスがブロックされる可能性があります。さらに重要なのは、Pendoエージェントをセルフホスティングすると、重要なセキュリティアップデートを自動的に受け取ることができないということです。また、セルフホスティングでは、エージェントをインストールして管理するための追加の開発の時間も必要になります。

エージェントには、現在のサブスクリプション設定が反映されます。変更があった場合は、その変更を有効にするために、お客様がエージェントを更新する必要があります。たとえば、[匿名の訪問者にガイドを表示]の設定を変更すると、Pendoがエージェントをホストしている場合、リアルタイムでガイドの表示が開始します。この変更は、更新されたエージェントがダウンロードされ、ローカルでホストされているエージェントでホストされるまで発生しません。

Pendoでステージング環境を追加または削除するには、その変更を認識するために更新済みのエージェントが必要です。ステージング環境は、本番環境の外でガイドを展開し、テストするために使用されます。Pendoエージェントのステージング版は、常にPendo CDNから提供されており、これを変更するためにインストールスニペットを変更することはサポートされていません。

 

Pendoエージェントのダウンロード

アプリの設定の中にある[サブスクリプション設定]の[エージェント設定(Agent Settings)]から、Pendoエージェントをダウンロードします。

[サブスクリプション設定]をクリックします

SettingSubSettings.png

アプリのサブスクリプションを複数お持ちの場合は、関連するアプリの[アプリの詳細を表示(View App Details)]をクリックします

AppSettings.png

[エージェント設定]タブクリックします

AgentSettings.png

[本番設定の管理(Manage Production Settings)]をクリックします

ManageSettings.png

[ガイド配信設定]のダウンロードリンクをクリックしてpendo.jsをダウンロードします

DownloadLink.png

 

Pendoエージェントをホストする

pendo.jsのダウンロード後、アプリケーションがアクセスできる場所にファイルをホストします。たとえば、エージェントを https://myapp.com/assets/pendo.jsでホストすることができます。

 

インストールスニペットの更新

pendo.jsをディレクトリにアップロードしたら、インストールスニペットを更新して、現在の場所からpendo.jsを読み込みます。インストールスニペットのsrc='https://cdn.pendo.io/agent/static/'+apiKey+'/pendo.js'を、ローカルでホストされているエージェントの場所で更新する必要があります。この変更は、スニペットがアプリケーションにインストールされているすべての場所で行う必要があります。これは、お客様の特定のインストールの詳細に応じて、アプリケーションの単一のページまたは複数のページになります。

エージェントを更新する必要がある場合は、場所やファイル名も変更しない限り、ディレクトリ内のpendo.jsを置き換えるだけで済みます。