レシピ:リソースセンターでページ固有のガイドをサイト全体に表示させる方法

概要

このレシピでは、リソースセンターがアクセス可能な場所であればどこからでも、リソースセンターガイドにアクセスできるように設定する方法について説明します。このユースケースは、特定の要素やページにタグ付けされたガイドです。これらのガイドは、以下の条件を除いてはリソースセンターに表示されないためです。

  1. ページ上のガイドもタグ付けされている、および/または
  2. ガイドがタグ付けされた要素がページ上に表示されている。

材料(必要なもの)

  • Pendoの管理者アカウント権限または次のいずれか。
    • ガイド作成のユーザー権限
    • ガイド公開のユーザー権限
  • 対象セグメント:全員(または希望するカスタムセグメント)
  • リソースセンター内にあり、特定のページや要素にタグ付けされているガイド

作成方法(段階的な手順)

オプション1:要素/バッジのクリック時、およびリソースセンター内でガイドを表示させたい場合

ステップ1. ガイドのクローンを作成する

  • クローンを作成するには -> app.pendo.io/guidesに移動 -> 該当するガイドを選択 -> 画面の右上隅にある3点アイコンをクリック ->[ガイドのクローン作成(Clone guide)]を選択

ステップ2. リソースセンターのガイドを編集する

  • それに応じてガイドに名前を付ける - 例:ガイドA - リソースセンターバージョン
  • [アプリ内で管理(Manage in-app)]をクリックし、アプリケーション内の任意のURLでデザイナーを読み込む
  • [ステップの表示(view steps)]をクリックし、[ステップの追加(Add a step)]をクリックする
  • レイアウトを選択する - [ライトボックス:最初から作成する(Lightbox:Start From Scratch)]
  • デザイナーに戻ったら、[ステップの表示(view steps)]を再度クリック -> 新しく追加されたステップをクリックして、ガイドの先頭にドラッグする
  • このステップをカスタマイズしてガイドを紹介する
    • 要素もしくはページにタグ付けしない
    • すべてのアクティベーションメソッドをオフにする(デザイナーの上部のナビゲーションバーにあるアクティベーションアイコンをクリック -> 3つのアクティベーション方法をすべてオフに切り替える)
    • ガイドステップにボタンを追加し、2つのアクションを追加する(ひとつはガイドが通常表示されるページを起動するアクション、もうひとつはガイドを進めるためのアクション)。以下を参照してください。

 Screen_Shot_2020-02-24_at_4.13.43_PM.png

例として、以下のガイド画像をご覧ください。

 

Screen_Shot_2020-02-24_at_4.16.23_PM.png

 

ステップ3. このクローンガイドをリソースセンターに追加し、オリジナルのガイドを削除します。このガイドはリソースセンターにのみ表示されますが、ガイドモジュールとリソースセンターが表示されるように設定されていれば、どこでも利用可能です。

オプション2:リソースセンターからガイドのみを表示させたい場合、および/または自動的に表示させたい場合

ステップ1. 当該するガイドをデザイナーで開き、上記のステップ2に従います。

備考:このガイドを、セグメント化されたユーザーにもそのページで初めて自動的に表示させたい場合は、ガイドのアクティベーションを自動に設定してください。これは、ガイドがサイト全体に表示されることを意味します。ガイドのフローを2つに分けたい場合は、最初のオプションに従います。