iOS/Android向けのApp Store評価を開始する

最終更新日:

App StoreとGoogle Playでアプリの存在感を高めるには、モバイルガイドを戦略的に使用すると良いでしょう。App StoreとGoogle Playの両方に対応したアプリ内評価で、ユーザーはモバイルアプリを評価できます。ユーザーがアプリを評価できるようにすることで、次のようなさまざまなメリットが得られます。

  • より多くのユーザーが惹きつけられる
  • ランキングが上がることでアプリの認知度が向上する
  • 肯定的なフィードバックとレビューで信頼が構築される
  • ユーザーフィードバックから貴重なインサイトを得ることが、アプリの強化に役立つ

フィードバック収集のベストプラクティス

ユーザーはアプリ内の評価リクエストから、公開環境でアプリに対するフィードバックを送信できます。また、ユーザーにアンケートを取るなどして、フィードバックを社内に留めておくこともできます。両方の方法を組み合わせて使用することもできます。たとえば、まずユーザーにアンケートを取り、フィードバックを得ます。その後、満足しているユーザーをセグメント化して集約し、簡単なガイドを通じてアプリストアでの評価を依頼します。

ユーザーに投票とアンケート調査を実施してフィードバックを収集する

ユーザーにアプリストアの評価を求める前に、投票とアンケート調査を使って貴重なユーザーフィードバックを集めたり、センチメントを把握したりすることができます。次のような形式の投票とアンケート調査を使用できます。

  • 自由記入式
  • 数字による選択肢
  • 多項選択式
  • ネットプロモータースコア(NPS)

アプリ内評価を依頼する際には、以下のガイドラインを考慮してください。

  • 適切なタイミングを選ぶ(タスクを完了した後など)
  • セグメントを使用して、エンゲージメントの高いユーザーを示すユーザーセグメントに基づいてレビューリクエストをターゲティングする
  • 過度なリクエストは避け、AppleおよびGoogleのガイドラインに従って最適な頻度を保つ
  • 不満を抱いているユーザーを内部投票に誘導したり、満足しているユーザーにアプリストアでアプリを評価してもらったりすることは避ける

appstore_rating.png

注:このダイアログを開くかどうかはAppleまたはGoogleの判断に委ねられています。ユーザーのアプリ内での履歴や過去の評価リクエストの履歴、またユーザーが以前にそのようなリクエストを拒否したかどうかによっても異なります。AppleとGoogleのガイドラインに対応するため、このアクションでは評価ダイアログを開くことを試みますが、保証するものではありません。最適な頻度については、AppleおよびGoogleのガイドラインに従ってください。

事前審査の質問

GoogleやAppleは事前審査の質問への回答を快く思っておらず、回答を誘導しすぎていると判断したレビューは削除する可能性があります。事前審査の質問は飛ばしてシンプルにしましょう。次のような質問は避けてください。

  • このアプリが気に入りましたか?
  • このアプリに5つ星の評価を付けていただけますか?
  • 私たちのアプリは使いやすいと思いますか?

戦略的セグメント

セグメントを使用して、エンゲージメントの高いユーザーを示すレビューリクエストをターゲティングできます。セグメントの例は以下のとおりです。

  • NPSの推奨者:肯定的なセンチメントを活用してインパクトのあるレビューを集めます。
  • 投票とアンケート調査の回答者:投票とアンケート調査に積極的に回答するユーザーに焦点を当てます。
  • パワーユーザー:パワーユーザーの豊富な経験を活かして詳細なレビューを獲得します。

アプリ内評価リクエストを開く

  1. ビジュアルデザインスタジオ(Visual Design Studio)でガイドを開きます。
  2. [ボタンを編集(Edit Button)]ウィンドウで、 [アプリ内評価を開く+ ガイドを閉じる(Open In-App Rating + Dismiss Guide)]ボタンアクションを選択します。

    inapp rating.png
  3. [完了(Done)]を選択して終了し、ガイドを保存してビジュアルデザインスタジオを終了します。

:Androidアプリ内評価は、Android API 21以降を搭載したデバイスでサポートされています。Androidの場合、アプリ内評価機能の動作は、使用しているSDKのバージョンによって異なります。SDKバージョン2.19以降を使用している場合、この機能はcom.google.android.play:review:2.0.0依存関係ライブラリを使用します。Pendoのアプリ内評価機能を使用したいけれども、古いモノリシックなcom.google.android.play:coreライブラリを使用しているお客様は、新しい分割されたGoogle Playライブラリを使用するか、com.google.android.play:coreライブラリで機能する最後のバージョンであるSDKバージョン2.18にダウングレードする必要があります。アプリ内評価機能の使用方法については、開発者に確認してください。

アプリストアの評価リクエストを有効にする

アクティベーション設定を使用して、ユーザーが満足する瞬間をターゲットにすることで、レビューリクエストを最適化します。次の条件に当てはまるユーザーをフィルタリングすることをお勧めします。

  • タスクを完了した
  • アプリケーションにかなりの時間を費やした
  • 重要と思われるマイルストーンを達成した

レビューのリクエストを繰り返し送信してユーザーのワークフローを妨げたり、アプリを起動した直後にレビューのリクエストを送信したりすることはお勧めしません。
評価リクエストを有効にするには、次の操作を行います。

  1. ビジュアルデザインスタジオ(Visual Design Studio)で、[アクティベーション(Activation)]を選択します。
  2. [アクティベーション設定(Activation Settings)]で、[ターゲット要素(Target Element)]を選択します。
  3. [ページ選択(Page Selection)]ウィンドウで、リクエストを表示するページを選択します。
  4. ページで、[フィーチャー(Feature)]を選択します。
  5. [ターゲット要素の設定(Target Element Settings)]ウィンドウで、設定を確認し、[完了(Done)]を選択します。
  6. [保存して終了(Save and Exit)]を選択します。

詳細については、GoogleのドキュメントおよびAppleのドキュメントを参照してください。

この記事は役に立ちましたか?
5人中3人がこの記事が役に立ったと言っています