エージェントのCookie

概要

バージョン2.32.0以前のエージェントは、以下のエージェントCookieを使用しています。新しいバージョン(2.33.0以降)では、次の3つの理由から、localStorageを活用してCookieにフォールバックします。

  1. ブラウザがlocalStorageをサポートしていない
  2. ブラウザのlocalStorageの容量がオーバーしている
  3. DomainCookiesを使用するようにエージェントが設定されている(値が異なるドメイン間で使用される)

エージェントバージョンが2.33.0以前の場合またはフォールバックシナリオを使用している場合について、ここでは以下のCookieとその使用方法について説明します。

 

Pendoのコアなお客様

Cookie:

_pendo_accountId.YOUR_SUBSCRIPTION_KEY_VALUE

有効期限 - 100日

目的 - エージェントはこのCookieを使用して、Pendoでのガイドの配信や分析などで使用される訪問者のアカウントIDを特定し、記録します。

無効になっている場合 - ユーザーが再度識別されるまで、アカウントIDはイベントやXHRイベントで記録されません。これにより、分析やガイド配信の問題が発生する可能性があります

:サブスクリプション鍵は、インストール設定に記載されている鍵と一致する必要があります

Cookie:

_pendo_visitorId.YOUR_SUBSCRIPTION_KEY_VALUE

有効期限 - 100日

目的 - エージェントはこのCookieを使用して訪問者の情報を識別して記録し、その情報をPendoでの分析やガイドの配信に利用します。

無効になっている場合 - visitorIDは、すべての分析とガイド配信の中心となるものです。visitorIDは、ユーザーが再び識別されるまで、ガイドのイベント(例:解除、高度な設定、セグメンテーション)や使用データに記録されません。

 

Cookie:

log-enabled

有効期限 - セッション

目的 - エージェントはこのCookieを使用して、トラブルシューティングのための追加情報を記録します。

無効になっている場合 - なし

 

Cookie:

_pendo_launcher-closed.YOUR_SUBSCRIPTION_KEY_VALUE

有効期限 - 10日

目的 - エージェントはこのCookieを使用して、訪問者の情報を識別して記録します。その情報はPendoでの分析やガイドの配信に利用されます。

無効になっている場合 - オンボーディングモードでランチャーリストを自動表示しないために使用します。

 

Cookie:

debug-enabled

有効期限 - セッション

目的 - このCookieから情報を取得する、pendo.isDebuggingEnabled()という関数がトリガーされたときに書き込まれ、読み込まれます。いくつかの場所(log.js、guards.js、exports.jsなど)で使用されます。

無効になっている場合 - 該当なし

 

Cookie:

_pendo_meta.YOUR_SUBSCRIPTION_KEY_VALUE

有効期限 - 100日

目的 - エージェントで書き込まれ、読み込まれます。このCookieは現在のメタデータのハッシュを保存し、Pendoがメタデータの変更を確認して更新できるようにします。

無効になっている場合 - メタデータイベントの送信頻度が高すぎて、メタデータの変更がいつあったのか、Pendoでは追跡が困難な場合があります。

 

Cookie:

_pendo_lastStepAdvanced.YOUR_SUBSCRIPTION_KEY_VALUE

有効期限 - 10秒

目的 -  エージェントで書き込まれ、読み込まれます。このCookieは、「latestDismissedAutoAt」および「finalDismissedAutoAt,」と共に、ガイドが閉じられた後に再び表示されないようにするための短期的なCookieです(~10秒)。

無効になっている場合 - ガイドは複数回表示されることがあります。

 

Cookie:

_pendo_latestDismissedAutoAt.YOUR_SUBSCRIPTION_KEY_VALUE

Expiration - 10秒

目的 - エージェントで書き込まれ、読み込まれます。このCookieは、「"lastStepAdvanced」および「finalDismissedAutoAt,」と共に、ガイドが閉じられた後に再び表示されないようにするための短期的なCookieです(~10秒)。

無効になっている場合ガイドは複数回表示されることがあります。

 

Cookie:

_pendo_finalDismissedAutoAt.YOUR_SUBSCRIPTION_KEY_VALUE

有効期限 - 10秒

目的 エージェントで書き込まれ、読み込まれます。このCookieは、「lastStepAdvanced」および「latestDismissedAutoAt,」と共に、ガイドが閉じられた後に再び表示されないようにするための短期的なCookieです(~10秒)。

無効になっている場合ガイドは複数回表示されることがあります。

 

Cookie:

active-contexts

有効期限 - 100日

目的 - コンソールに記録されているものとされていないものに基づいて、エージェントで読み込まれ、書き込まれます。

無効になっている場合 - Pendoでは、コンソールに記録される内容を十分に制御できない場合があります。

 

Pendoフィードバックのお客様

Pendoフィードバックのお客様には、使用されているCookieの追加リストが表示されます。

 

Cookie:

_pendo_feedback_ping_sent.YOUR_SUBSCRIPTION_KEY_VALUE

有効期限 - 60分

目的 - エージェントは、pingが成功したときに、ユーザー(または訪問者)の名前や値などの情報を書き込みます。

あるユーザーにpingを送信すると、Cookieの有効期限が切れていないかどうかを確認する5分間のタイマーが作成され、切れていれば再度pingを送信します。フィードバックpingには、ユーザーの名前や値などの情報が含まれます。

無効になっている場合 - Pendoは5分ごと、およびページが読み込まれるたびにpingを送信します。

 

Cookie:

_pendo_feedback_ping_sent.YOUR_SUBSCRIPTION_KEY_VALUE

有効期限 - なし

目的 - pingの応答には通知回数が含まれています。Pendoはこの情報をCookieに書き込んで、更新されても持続するようにしていますが、ユーザーがフィードバックを開くと削除されます。

無効になっている場合 - ユーザーがウィジェットタブの通知アイコンを更新すると、次のPingが来るまで通知アイコンが非表示になります。

 

Cookie:

_pendo_receptive_ping_sent.YOUR_SUBSCRIPTION_KEY_VALUE

有効期限 - なし

目的 - 上記と同じ。フィードバックを取得した際にPendoのネーミングに合わせて改名されます(旧Receptive)。