エージェントのCookieとローカルストレージ

最終更新日:

標準で、PendoはCookieよりもローカルストレージを優先的に使用します。詳細については、この記事のPendoが使用するものを参照してください。この記事では、Pendoで使用しているエージェントCookieと、PendoエージェントがこれらのCookieを使用する目的についてまとめています。これは以下の場合に当てはまります。

  • 2.28.0より前のバージョンのPendoエージェントをお使いのお客様。
  • Pendoエージェントのバージョンが2.28.0より後のバージョンのフォールバックシナリオ。

この記事に記載されているCookie内のサブスクリプションキーは、インストール設定に記載されているAPIキーと一致する必要があります。Pendoでインストール設定を見つけるには、[設定(Settings)]>[サブスクリプション設定(Subscription Settings)]に移動し、アプリケーションを選択して、[インストール設定(Install Settings)]タブを開きます。

Cookieとローカルストレージ

クライアント側のデータをHTMLで保存するには、Cookieとローカルストレージの2つの方法があります。このデータは通常、ユーザー設定や認証トークンなどの情報です。

Cookie

Cookieはサーバーからブラウザに送信され、テキストファイルに保存される小さなデータです。Cookieは有効期限が切れたり、ユーザーまたはブラウザによって削除されたりすることがあります。

Cookieにはファーストパーティのものとサードパーティのものがあります。ファーストパーティCookieは、ユーザーが現在アクセスしているウェブサイトによって設定されます。これらは主に、ユーザー設定やログイン情報などを記憶することでユーザー体験を向上させるために使用されます。ローカルストレージを使用しない場合、PendoはファーストパーティCookieに依存します。ファーストパーティCookieは、サードパーティCookieよりも侵襲性が低く、クロスサイトスクリプティング攻撃に対する脆弱性も低いと考えられています。また、GDPRに準拠し、ブラウザの変更に対応しやすく、一般的にサードパーティCookieに比べてロード時間が短縮されます。

サードパーティCookieは、ユーザーが現在アクセスしているウェブサイト以外のドメインによって設定されます。通常、サードパーティCookieはユーザーがアクセスしているウェブサイトに組み込まれたサービスであり、ウェブサイト間での行動の追跡、ユーザープロファイルの作成、ターゲティング広告の配信に一般的に使用されます。サードパーティCookieは、ユーザーのプライバシー設定やブラウザの拡張機能によってブロックまたは制限できます。

ローカルストレージ

ローカルストレージはHTML5仕様の機能で、Cookieとは異なり、リクエストごとにデータをサーバーに送信せず、セッションやブラウザのタブ間でデータを保持できます。ローカルストレージは、ネットワークパフォーマンスや帯域幅の使用に悪影響を与えることなく、Cookieよりも多くのデータをドメインごとに保存できます。ローカルストレージには、オブジェクトや配列などの複雑なデータ型を格納することもできます。

Pendoが使用するもの

Pendoエージェントの2.28.0よりも前のバージョンでは、エージェントのCookieを使用します。Pendoエージェントのバージョンが2.28.0以降の場合、ローカルストレージを標準として使用し、次の場合にファーストパーティCookieをフォールバックとして使用します。

  • ブラウザがローカルストレージをサポートしていない。
  • ブラウザのローカルストレージの容量がオーバーしている。
  • ドメインCookieを使用するようにエージェントが設定されている(値が異なるドメイン間で使用される)。

ローカルストレージが使用できない場合、Pendoはサイト固有の目的でPendoウェブサイトに関連付けられているファーストパーティCookieを使用します。つまり、特定の規制(欧州のGDPRなど)や、サードパーティCookieをデフォルトでブロックまたは制限する機能や設定を導入している一部のウェブブラウザが課すような、サードパーティCookieに関する制限の影響をPendoは受けません。これにはGoogle Chromeも含まれます。

GoogleのサードパーティCookieの制限

2024年1月4日より、Google ChromeはサードパーティCookieの制限を開始しました。Pendoの使用に関しては、GoogleのサードパーティCookieの制限の影響を一切受けません。これは、PendoがCookieよりもローカルストレージを優先して使用し、ローカルストレージを使用しない場合はサードパーティCookieではなくファーストパーティCookieにフォールバックするためです。つまり、PendoがローカルストレージまたはファーストパーティCookieのいずれを使用している場合でも、GoogleのサードパーティCookieの制限の影響を受けません。

Pendo Core(アナリティクスとガイド)のお客様

このセクションでは、Pendo Coreのお客様に対して使用されるCookieと、エージェントがこれらのCookieを使用する目的を一覧表示します。Pendo Coreのお客様とは、Pendoアナリティクスとガイドを使用しているお客様を指します。

Cookie 詳細 オフになっている場合
debug-enabled

関数pendo.isDebuggingEnabled()がトリガーされたときに書き込まれ、読み込まれます。これは、log.jsguides.jsexports.jsなど、いくつかの場所でCookieから情報を取得し、使用します。

有効期限:セッション

_pendo_meta.SUB_KEY_VALUE

現在のメタデータのハッシュを保存するために書き込まれたり読み取られたりするため、Pendoはメタデータがいつ変更されたかを確認して更新できるようになります。

有効期限:100日

_pendo_lastStepAdvanced. SUB_KEY_VALUE

_pendo_latestDismissedAutoAt. SUB_KEY_VALUE

そして

_pendo_finalDismissedAutoAt. SUB_KEY_VALUE

 

ガイドが閉じられた後に再度表示されないように、エージェント内で書き込まれ、読み込まれます。

有効期限:10秒

ガイドが複数回表示される場合があります。
active-contexts

コンソールに記録されているものとされていないものに基づいて、エージェントで書き込まれ、読み込まれます。

有効期限:100日

Pendoでは、コンソールに記録される内容を十分に制御できない場合があります。
_pendo_guides_blocked. SUB_KEY_VALUE

訪問者が広告ブロッカーを使用していることが検出された場合のガイドのエラーを回避します。

有効期限:30分。30分。広告ブロッカーが検出されない場合は、4時間に増加します。

訪問者が広告ブロッカーをより頻繁に実行しているかどうかを確認するリクエストを送信します。これは、ガイドの表示にかかる時間に影響を与える可能性があります。
_pendo_accountId. SUB_KEY_VALUE

Pendoで訪問者のアカウントIDを特定して記録します。

有効期限:100日

訪問者が再度識別されるまで、アカウントIDはイベントやXHRイベントで記録されません。これにより、アナリティクスやガイド配信の問題が発生する可能性があります。
_pendo_visitorId. SUB_KEY_VALUE

訪問者の情報を識別して記録し、アナリティクスやガイドの配信に使用します。

有効期限:100日

訪問者IDは、訪問者が再度識別されるまで、使用状況データやガイドイベントに記録されません。
_pendo_launcher-closed.SUB_KEY_VALUE

訪問者の情報を識別して記録し、アナリティクスやガイドの配信に使用します。

有効期限:10日

オンボーディングモードでは、Pendo Launcherのリストは自動表示されません。
log-enabled

トラブルシューティングのための追加情報を記録します。

有効期限:セッション

Pendo Feedbackのお客様

このセクションでは、Pendo Feedbackのお客様に対して使用される追加のCookieと、エージェントがこれらのCookieを使用する目的を一覧表示します。

Cookie 目的 オフになっている場合
_pendo_feedback_ping_sent. SUB_KEY_VALUE

pingが成功すると、エージェントは名前や値などの訪問者に関する情報を書き込みます。Cookieの有効期限が切れているかどうかを確認する5分間のタイマーがあります。その場合は、別のpingを送信します。

有効期限:60分

Pendoは5分ごと、およびページが読み込まれるたびにpingを送信します。
_pendo_feedback_ping_sent. SUB_KEY_VALUE

pingの応答には通知回数が含まれています。Pendoはこの情報をCookieに書き込んで、更新されても持続するようにしていますが、ユーザーがFeedbackを開くと削除されます。

有効期限:なし

訪問者がウィジェットタブの通知アイコンを更新すると、次のpingが来るまで通知アイコンが非表示になります。
_pendo_receptive_ping_sent. SUB_KEY_VALUE

上記と同じ。Feedback(旧Receptive)を買収した際にPendoのネーミングに合わせて改名されました。

有効期限:なし

訪問者がウィジェットタブの通知アイコンを更新すると、次のpingが来るまで通知アイコンが非表示になります。

 

この記事は役に立ちましたか?
6人中6人がこの記事が役に立ったと言っています