フィードバックでのSalesforceインテグレーション設定

この記事では、Pendo FeedbackでSalesforceインテグレーションを設定する方法について説明します。すでにSalesforceとFeedbackのインテグレーションを完了させていて、インテグレーションの使い方を知りたい場合は、PendoフィードバックでSalesforceインテグレーションを利用するをご覧ください。

要件と前提条件

Salesforceインテグレーションを開始するためには、以下が必要となります。

  • Feedback API キー。
  • サードパーティ製アプリの追加/設定や、レイアウトの設定を含む、Salesforceの管理者権限。
  • Pendo Feedbackの管理者権限。
  • Pendo Snippetを通じて渡す一意の訪問者IDやアカウントIDが、SalesforceのID(またはSalesforceの他の一貫したフィールド)と一致していることを確認してください。

注:Salesforceとのインテグレーションを行う前に、PendoスニペットとSalesforceの間でIDが一致していることを確認してください。この共通キーは、2つのデータソースの紐付けを行うために必要です。共通キーがないと、Salesforceインテグレーションではアカウントレコードと訪問者レコードが重複して作成されます。Pendoスニペットの詳細については、開発者のためのPendoインストールガイドを参照してください。

Feedback API キーを取得するには:

  1. app.pendo.ioまたはapp.eu.pendo.ioでFeedbackのアカウントにログインします。(続行するには、プロダクトスイッチャーを使用してFeedbackにアクセスする必要がある場合があります)。
  2. [設定]>[プロダクト設定(Product Settings)]>[APIアクセス(API Access)]に移動します。
  3. [APIキーの表示(Show API Keys)]を選択し、次に[APIキーの作成(Create API Key)]を選択します。
  4. 後述のステップ2でSalesforceによる認証を行うため、このページは開いたままにしておきます。

注: Feedback APIキーは、それを生成したユーザーに固有のものとなります。APIキーを生成したユーザーが退職し、そのユーザーレコードが削除されると、APIキーは無効になり、APIキーがアクティブなユーザーによって置き換えられるまでインテグレーションは解除されます。

ステップ1:SalesforceでFeedbackのインテグレーションを開始する

1. 以下のいずれかのリンクを開きます。これらは2022年3月に更新されました。

2. Salesforceアカウントにログインします。

3.[すべてのユーザーにインストール(Install for All Users)] を選択します。

4.[インストール]を選択します。

mceclip0.png

5.[サードパーティアクセスの承認(Approve Third-Party Access)] の下にある [はい、これらのサードパーティウェブサイトへのアクセス権を付与します(Yes, grant access to these third-party web sites)] のチェックボックスをオンにします。

6.[続行]を選択します。

インストール完了が通知されると、 [設定] ページでAPIキーを入力するよう促されます。

ステップ2:APIキーとホスト名をSalesforceに入力する

1.Salesforceで、[設定(Setup)]>[アプリ(Apps)]>[パッケージング(Packaging)]>[インストール済みパッケージ(Installed Package)]に移動します。

または、[Setup(セットアップ)]パネルから[Installed Packages(インストール済みパッケージ)]を検索して選択します。

Salesforce_Preferences_Setup_Search.png

2. [インストール済みパッケージ(Installed Packages)]テーブルでFeedbackのパッケージ名を選択します。

Salesforce_InstalledPackages_Feedback.png

3. [インストール後の手順(Post Install Instructions)]の横にある[参照(View)]を選択すると、インテグレーション環境設定が表示されます。

Salesforce_Setup_InstalledPackages_View.png

4. Salesforceのインテグレーション環境設定でAPIキーを入力します。

5. 必要に応じて、ホワイトラベルのFeedbackドメインfeedback.examplesite.com)がある場合は、[Feedbackホスト名(Feedback hostname)]の下にドメインを入力します。

Feedback_API_Key.png

ステップ3:訪問者IDとアカウントIDをマッピングする

Pendo Snippetから渡された訪問者IDとアカウントIDをSalesforceのキーにマッピングすることで、SalesforceとFeedbackのデータソースの紐付けができます。

1.[ユーザーの詳細(User Details)]で、 一意の識別子(Feedbackインテグレーションのuser.idフィールド)のドロップダウンメニューから該当するキー(例:メール(Email))を選択します。

2.[アカウントの詳細(Account Details)] で、 一意の識別子(Feedbackインテグレーションのaccount.idフィールド) のドロップダウンメニューから該当するキーを選択します。

注:account.idフィールドのみをSalesforceのフィールドにマッピングすることで、アカウントの紐付けができます。これにより、SalesforceからFeedbackにメタデータ(ARR)を渡すことができます。連絡先を訪問者にマッピングしなくても問題はありませんが、マッピングすると次のような利点があります。

  • Salesforce UI内で連絡先にリクエストを追加できます。Salesforceの連絡先とPendoの訪問者レコードを紐付けせずにこの操作を行うと、Feedbackに重複した訪問者レコードが作成されます。
  • Salesforceインテグレーションでは、Salesforceの連絡先にリンクされているリクエストのみが集約されるため、すべてのリクエストをアカウントレベルでより完全に表示できます。

ステップ4:既存のアカウントもしくは商談価値をマッピングする

必要に応じて、Salesforceの既存の月間もしくは年間アカウント価値と Feedbackのアカウント価値もしくは商談価値をマッピングできます。これを行うには、以下から該当するフィールドを選択します。

  • [アカウントの詳細][月間アカウント価値フィールド(Account monthly value field)](オプション)のドロップダウンメニュー。
  • [商談相手の詳細(Opportunity Details)][商談価値フィールド(Opportunity value field)](オプション)のドロップダウンメニュー。

Feedback_Value.png

ステップ5:アカウントタイプをマッピングする

Feedbackのアカウントタイプ(有料(Paying)無料(Not Paying)、および見込み客(Prospect))をマッピングすることを強く推奨します。

デフォルトでは、FeedbackインテグレーションはSalesforceの[アカウントタイプ (Account Type)] フィールドを参照します。このフィールドに「顧客(Customer)」や「見込み客(Prospect)」などのテキストが含まれている場合、Feedbackのアカウントタイプは、以下の表に示す3つのオプションのいずれかにデフォルトで設定されます。

Salesforceアカウントタイプに次のものが含まれる場合: フィードバックアカウントタイプのデフォルト:
「顧客」 有料顧客
「見込み客」 見込み客
その他 「無料」顧客

 

これらのデフォルトのルールを上書きして、独自のアカウントタイプにマッピングしたい場合:

1.[アカウントの詳細][アカウントのステータスフィールド(Account status field)](オプション)のドロップダウンメニューを使用して、Salesforceアカウントの対応するデータフィールドを選択します。

2. 有料(Paying)アカウントと見込み客(Prospect) アカウントの識別子を追加します。ここで指定しないものは、Feedbackで[無料(Not Paying)] がデフォルトとなります。

Feedback_Account_Type.png

ガイダンス:

  • スペースに注意してください。「顧客 」と「顧客」は同じものとみなされません。
  • ケースを確認してください。「Prospect」と「prospect」は同じものとみなされません。
  • 「見込み客」という考え方がない場合は、値を空白にしておくことができます。

ステップ 6:インテグレーションの保存、表示、および編集

以下の最初の5ステップを終えたら、 [保存] を選択し、[完了] を選択します。

Feedbackインテグレーション設定後に変更を行う場合:

1. Salesforceの[環境設定(Preferences)] ページに移動します。

2.[セットアップ(Setup)]パネルを開きます。

3.「インストール済みパッケージ(Installed Packages)」を検索します。

4. 「Feedback」のパッケージ名を選択します。

5. [参照(View)]の隣にある[インストール後の手順(Post Install Instructions)]を選択し、インテグレーション環境設定を表示します。

6. 変更を加え、[保存]を選択します。

mceclip1.png

ステップ7:FeedbackでSalesforceを認証する

Salesforceサンドボックスのインスタンスに接続する場合は、このステップを続行せずにPendoサポートにお問い合わせください。

1. Feedbackで左下の[設定] を選択します。

2. [プロダクト設定(Product Settings)]>[インテグレーション(Integrations)]>[サードパーティインテグレーション(Third Party Integrations)]を選択します。

3. Salesforceセクションで認証ボタンを選択します。

4.[許可] を選択します。

mceclip2.png

これでFeedbackのインストールページにリダイレクトされ、認証を確認できます。

mceclip3.png

ステップ8:自動同期を有効にする

インテグレーションの設定を完了するには、Pendoサポートに連絡して自動同期を有効にします。

自動同期により、SalesforceとFeedbackの間でデータをシームレスに同期できます。そして、メタデータはSalesforceからFeedbackに渡され、Feedbackで入力されたリクエストはSalesforceに表示されます。

SalesforceとFeedbackとの間のデータアーキテクチャの詳細については、PendoフィードバックとSalesforceのインテグレーションの概要を参照してください。

SalesforceのページにFeedbackのレイアウトを追加する

SalesforceのページにFeedbackレイアウトを追加すると、顧客対応チームはPendo Feedbackを開かなくてもSalesforce UIから直接Feedbackのリクエストを生成することができます。リクエストは [連絡先]ページや[商談相手(Opportunities)] ページから作成できます。[連絡先]ページ、[商談相手] ページ、[アカウント]ページで、すべてのリクエストの一覧を確認できます。

注:Feedback UIで生成されたリクエストは、Salesforceでも表示されますが、訪問者がSalesforceの連絡先にマップされている場合のみに表示されます。

Salesforce ClassicでのFeedbackページの追加

1. Salesforceダッシュボードの右上にある[設定(Setup)]をクリックします。

2. 左上の検索バーで「ページレイアウト(page layout)」を検索します。

mceclip4.png

3. 左側のナビゲーションで、以下を選択します。

  • [連絡先]>[ページレイアウト] でSalesforceの連絡先ページにFeedbackを追加する。
  • [商談相手(Opportunities)]>[ページレイアウト]でSalesforceの商談相手ページにFeedbackを追加する。
  • [アカウント]>[ページレイアウト] でSalesforceのアカウントページにFeedbackを追加する。

mceclip2.png

4. 対応するレイアウトの横にある[編集]を選択します。

5. 選択したメインレイアウトのヘッダーの下で、左側の列から[フィールド]を選択し、そのオプションから[セクション]を選択します。

6. [セクション]をページの下にある連絡先、商談相手もしくはアカウントのセクションの下にドラッグします。

mceclip3.png

mceclip4.png

7.[選択設定(Selection Properties)]ウィンドウが表示されたら、[セクション名]を「Feedback」に変更します。

8.[レイアウト] の下にある[1コラム(1-Column)]を選択します。

9.[OK]を選択して続行します。

SF_Section_Properties.png

10. 再びメインレイアウトヘッダーに戻り、その下の左のメニューから[Visualforceページ(Visualforce Page)]を選択します。

11.[連絡先特性(ContactFeatures)][商談相手特性(OpportunityFeatures)] 、もしくは [アカウント特性(AccountFeatures)]を選択し、新しく作成したFeedbackセクションにドラッグします。

mceclip5.png

12. 特にリクエストの量が多いアカウントレベルでは、リクエストの全リストをスクロール表示できるように設定を追加してください。フィードバックセクションの右上にある歯車アイコンを選択します。

13.[Visualforceページ]のプロパティボックスが表示されたら、[スクロールバーの表示(Show scrollbars)]のチェックボックスをオンにします。

14.[保存]を選択します。

mceclip6.png

mceclip7.png

Salesforceページにさまざまなボタンやコンポーネントが多数追加されている場合、[フィードバック]ボタン(ユーザがリクエストを提出できる)がページの下側に表示されることがあります。

ドロップダウンメニューまたは[取引先責任者の詳細]セクションに[クイックアクション]ボタンを追加すると、ユーザーがフィードバックアクションを見つけやすくなります。

クイックアクションボタンの追加の詳細については、 Salesforceの取引先責任者または商談に対するクイックアクションボタンの作成方法を参照してください。

Salesforce LightningでのFeedbackページの追加

1. Salesforceで、歯車アイコンを選択します。

2. 表示されるメニューから[設定]を選択します。

3. 左上の[クイック検索(Quick Find)]検索ボックスで、Lightning App Builderを検索して選択します。

mceclip8.png

mceclip9.png

4. Lightning App Builderの設定画面で、[新規(New)]を選択します。

5.[新規Lightningページ作成(Create a new Lightning page)]というメッセージが表示されたら、[ページの保存(Record Page)]を選択します。

6.[次へ(Next)]を選択します。

mceclip10.png

mceclip11.png

7.[アカウント]、[連絡先]もしくは[商談相手(Opportunity)]のオブジェクトを選択し、Salesforce UIに表示させるラベルを付けます。たとえば、オブジェクト[アカウント]を選択し、[アカウント機能リクエスト(Account Feature Requests)]というラベルを付けます。

8. 新しいページのページレイアウトを選択します。(例:[Salesforceのデフォルトページの複製(Clone Salesforce Default Page)]>[グループ化されたアカウントのデフォルト表示(Account Grouped View Default)]

mceclip12.png

mceclip13.png

9。ページビルダーで、左側の[コンポーネント(Components)]リストを下にスクロールします。[Visualforce]コンポーネントを、ページ上の目的の場所にドラッグ&ドロップします。

10. 右上の[保存]を選択します。左側の[起動(Activation)]ボタンが点灯します。

11. インストールを終了するには、[起動] を選択します。

12.[組織デフォルトとして割り当てる(Assign as Org Default)]を選択します。

13. この組織デフォルトを利用できるようするフォームファクターを選択します。

14.[次へ] を選択して割り当てを確認します

15.[保存]を選択します。

mceclip14.png

mceclip15.png