PendoフィードバックでSalesforceインテグレーションを利用する

Salesforceインテグレーションを使うと、次のことができます。

  • 連絡先や商談相手の代理でフィードバックリクエストを作成する。
  • 既存リクエストに連絡先や商談相手を追加する。
  • 連絡先と商談相手のリクエストに関する最新状態を参照する。
  • より良い取引の成約に役立ったリクエストを追跡・報告する。

重要な理由
Salesforceインテグレーションにより、効率が大幅に向上します。見込み客からのリクエストや商談のリクエストがある場合、それらがリリースされるとさらに多くの取引が成立できるため、Salesforce内からリクエストを追跡し、フォローアップできます。ロードマップに載せるものを決定する際に、プロダクトチームは、見込み客や商談における重要事項を分析し、リクエストごとの潜在的な価値を判断できます。

このガイドに含まれる内容:

Salesforceでできること:

  1. 新規リクエストを作成する、または既存リクエストを連絡先にリンクする
  2. 新規リクエストを作成する、または既存リクエストを商談相手にリンクする

フィードバックでできること:

  1. Salesforceの連絡先をリクエストにリンクする
  2. リクエストに投票したSalesforceの連絡先と商談相手を表示する
  3. 見込み客のリクエストに関して報告する
  4. 商談相手のリクエストに関して報告する

注:Salesforceインテグレーションの設定が完了していない場合は、こちらの手順に従ってください。

Salesforceでできること

1. 新規リクエストを作成する、または既存リクエストを連絡先にリンクする

Salesforceで関連のある連絡先のページに移動します。フィードバックセクションまでスクロールし、[リクエストの作成/リンク(Create / Link Request)]ボタンをクリックします。

mceclip0.png

新規リクエストを作成するには、フィールドに入力して[新規リクエストの作成(Create New Request)]をクリックします。

mceclip2.png

Salesforceの連絡先を既存のフィードバックリクエストにリンクしたい場合は、タイトルの入力を始めると、類似のリクエストが下に表示されます。

mceclip1.png

リクエストの横にある[リクエストの選択(Select Request)]をクリックすると、詳細説明が表示されます。リクエストを正しく選択して、[既存リクエストのリンク(Link Existing Request)]をクリックします。

2. 新規リクエストを作成する、または既存リクエストを商談相手にリンクする

Salesforceで関連のある商談相手のページに移動します。Pendoフィードバックセクションまでスクロールします。

Opportunity_SFDC-FDBK.png

[リクエストの作成/リンク]をクリックします。

フィードバックで新規リクエストを作成するには、フィールドに入力して[新規リクエストの作成]をクリックします。

mceclip2.png

Salesforceの商談相手を既存のフィードバックリクエストにリンクしたい場合は、タイトルの入力を始めると、類似のリクエストが下に表示されます。

mceclip1.png

その中から関連するリクエストを選択し、次ページの[既存リクエストのリンク]をクリックします。

フィードバックでの動作

1. Salesforceの連絡先をフィードバックのリクエストにリンクする

フィードバックで、見込み客/リードからのリクエストを見つけます。

[リクエストアクション(Request actions)]の下にある[訪問者の追加(Add visitor)]ボタンをクリックします。

 

AddVisitor.png

 

連絡先の名前を検索バーに入力し始めると、その候補がリスト表示されます。Salesforceに記録がある訪問者の横には、Salesforceのロゴが表示されます。

mceclip0.png

対象の連絡先をクリックして、リクエストに追加します。

注:Salesforceの連絡先がリストに表示されない場合、大抵はその連絡先のメールアドレスがSalesforceに記録されていないことが原因です。Salesforceで連絡先にメールアドレスを追加して、再度検索してください。

2. リクエストに投票したSalesforceの連絡先と商談相手を表示する

フィードバックでリクエストに投票したSalesforceの連絡先と商談相手を確認するには、リクエストページを開いて「Salesforce」セクションまでスクロールしてください。

Salesforceの連絡先や商談相手がリンクされている場合は表示されます。

mceclip1.png

3. 見込み客のリクエストに関するレポート

見込み客のリクエストをフィードバックレポートでセグメント化すると、見込み客のリクエストの理解に役立ちます。

このセグメント化は、[見込み客スマートリスト(Prospect SmartList)]を使って実行できます。左側のナビゲーションを使用してレポートページに移動し、右側から[見込み客スマートリスト]を選択します。

mceclip6.png

または、フィルタを使ってレポートを絞り込むこともできます。

レポートページで、右側の[高度(Advanced)]タブをクリックします。次に、[アカウントフィルタ(Account filters)]までスクロールし、ドロップダウンを開きます。

mceclip7.png

次に、[アカウントステータス(Account Status)]として[見込み客(Prospect)]を選択します。

4. 商談相手のリクエストに関するレポート

フィードバックレポートには、商談相手のリクエストを含めることができます。

左側のナビゲーションを使用してレポートページに移動し、右側の[高度]タブをクリックします。[商談相手フィルタ(Opportunity filters)]までスクロールしてドロップダウンリストを開き、次のチェックボックスを選択します。

mceclip8.png

注:フィードバックに対応したSalesforceインテグレーションの最新バージョンでは、Salesforceから15分ごとにアップデートを取得します。Salesforceパッケージを更新して、最新バージョンで捜査していることを確認してください。

関連記事:Salesforceインテグレーションの設定方法