レシピ:次に何を開発するべきかを知る方法

概要

プロダクトの革新は、顧客維持や競争優位性、成長の鍵となります。次に構築するものを知ることで、適切な機能をより早く提供し、定着率と成長率を高め、顧客の価値実現までの時間を短縮し、適切なものを作るために費やすエンジニアリング時間を最大化できるため、市場に適合するプロダクトをより早く見つけることができます。

プロダクトマネージャーは必ずしも、仕事の進め方を示すための完璧なステップバイステップのフレームワークを必要としているわけではありません。彼らは良いツールを必要としており、(もっと重要なことですが)それらのツールを使って成果を上げるための良い習慣も必要です。

方法

セットアップ手順:

  1. 現在、フィードバックが行われている場所をすべて把握し、フィードバックのソースを1つの情報源に集約します。
  2. 現在のプロダクト使用状況を把握します。
  • データエクスプローラを使って、質問をしたり、質問に答えたりできます。下のグラフは、データエクスプローラで作成できるレポートの一例です。これは、あるページにアクセスしてあるフィーチャーを使用した訪問者の数を役割別に示すことができます。
  • Screen_Shot_2020-05-15_at_3.21.05_PM.png

    4. 定性的・定量的な情報をもとに、プロダクト改善の可能性に関するテーマを抽出します。

    5. 主要なテーマを顧客と検証します。

    • 投票やアンケートを利用した、プロダクトの使用状況やヒアリングから得られる仮説の検証:


    Screen_Shot_2020-05-15_at_3.27.32_PM.png

    6. 新機能の候補を優先順位付けする

    • 機能要望データの影響を精査し、各機能の潜在的な収益を評価し、作業のレベルを検討する

    7. リリースを顧客に伝える: