モバイルのオフラインサポート

最終更新日:

オフラインアナリティクス

PendoモバイルSDKは、動的な環境で動作します。多くのエンドユーザーは、アプリの起動時にネットワークに接続できなかったり、アプリのセッション中にネットワーク接続が切断されたりといった経験があります。

ネットワークの状態に関わらず使用状況分析の結果を確実に提供するために、SDKは接続状態に関わらず分析結果の収集を続けます。

  • ネットワーク接続が可能である限り、SDKは使用状況分析データを一括して送信し、モバイル機器のネットワークに負荷をかけないようにします。
  • ネットワーク接続ができない場合でも、SDKは分析結果の収集を継続し、デバイスに保存します。アプリが容量を消費しすぎないように、分析結果の保存にはデフォルトで10MBの制限が設けられています。容量全体が消費された場合、容量は先入れ先出しで使用されます。
  • デバイス上の10MBの容量は、サポートチケットによってアプリごとに調整することができます。これは、オフラインの時間が長いアプリに使用します。
:特定のアプリで異なるストレージサイズが必要な場合は、 サポートチームにお問い合わせください。

インターネット接続が復旧すると、SDKに通知され、保存されているすべての分析結果をPendoサーバーに送信します。

注:Pendo SDKは、setup()とstartSession()の呼び出しが成功するまで、アナリティクス収集の開始やガイド表示を行いません。つまり、アプリ起動時にエンドユーザーの接続が確立していない場合、SDKはsetup()とstartSession()を自動的に呼び出しますが、アナリティクスを収集することはありません。

ガイドの場合はどうなりますか?

  • startSession()呼び出し時に接続がなかった場合、ガイドはユーザーに表示されません。
  • startSession()の呼び出し時にネットワークに接続されており、ネットワーク接続が失われる前にすべてのガイド画像がダウンロードされていた場合、ガイドは次のセッションが開始されるまでユーザーに表示されます(バックグラウンドで30分経過した後、またはアプリの再起動時に、SDKはPendoバックエンドに対して再起動してガイドを再取得します)。

 

この記事は役に立ちましたか?
3人中2人がこの記事が役に立ったと言っています