Microsoft Teams:PendoのNPS回答を送信する

概要

Microsoft Teamsインテグレーションに対応したPendoのNPSを使えば、リアルタイムでNPS応答をTeamsから直接参照できます。選択したチャネルに通知を送信できます。より有益なカスタムメタデータをメッセージに設定して、回答に対するアクションを実行します。

MSTeamsFlow.png

 

ユースケース

このインテグレーションにより、Pendo NPS投票調査の有益な回答を自動的にMicrosoft Teamsのチャネルで利用できるようになります。

  • NPS調査でユーザーが回答したスコアが6点以下の場合は、[批判者チャネル(Detractor Channel)]にメッセージを作成して、うまくいくように頑張っているユーザーを優先的に対応します。
  • ユーザーが回答したNPSスコアが9または10の場合は、[推奨者チャネル(Promoter Channel)]にメッセージを作成して、ユーザーの肯定的なフィードバックを共有し、広げていきます。
  • メッセージテンプレートを作成する際は、他のメタデータ(使用状況など)を含めて、顧客に対する全方位的な視点を提供するようにします。

 

要件

  • Pendo管理者ユーザー
  • Microsoft Teams管理者ユーザー
  • Tray.io管理者ユーザー
  • Pendo、Tray.io、Teamsにアクセス権限がある技術担当者(別のプラットフォームの管理者ユーザーにすることもできます)
  • Pendo Webhooksのサブスクリプションがアクティブ
  • Microsoft Teamsのサブスクリプションがアクティブ
  • Tray.ioのサブスクリプションがアクティブ(コネクタとして機能するもので、Tray.ioの追加コストが発生する場合があります)

 

Microsoft TeamsでPendo NPSを有効にする方法

約4週間の実装プロセスの中で、Tray.ioの担当者がPendoとMicrosoft Teams間の接続を開発しました。これは、Tray.ioアカウントの作成後に開始します。

Tray.io実装では、PendoメタデータとNPS調査Webhookを使用して、Microsoft Teamsと接続します。実装を開始する前に、これらを設定して有効にする必要があります。

Pendoの営業担当者またはカスタマーサクセスマネージャーに問い合わせて、お客様のPendoサブスクリプションがMicrosoft Teamsとインテグレーションできることを確認してください。