レシピ:基礎となるデータレイヤーの作成

概要

基礎となるデータレイヤーの作成は、Pendoで価値を引き出すための重要な前提条件です。Pendoへの投資を最大限に活用し、最適化するためには、インサイトを正確にキャプチャして整理し、組織全体で製品の使用状況データを一元管理することが重要です。

組織全体でデータを民主化することに加えて、顧客基盤の全体像を維持し、製品内のバリュードライバーを特定することが容易になります。

プラスのビジネス成果:

  • 顧客のコホートとペルソナを作成できる
  • 製品内のバリュードライバーを特定できる
  • ROIにつながるデータ主導ロードマップを作成できる
  • リソース投資を定量化できる
  • 組織全体のデータを民主化できる

 

方法

責任の委譲

  1. Pendoを使用すると、製品の使用状況に関するインサイトを会社全体で利用できるようになりますが、初期の導入に焦点を当てたユーザーの役割をいくつか定義し、長期的にこの情報を消化しやすくすることが重要です。
  2. タグの重複や混乱を避けるために、新しいページやフィーチャーにタグを付け、命名規則と構成を管理する責任者を決定します。

 

ページとフィーチャーを整理する

  1. グループを使用して、プロダクトのさまざまな領域(ダッシュボード、レポートなど)を定義します。これは、グループが指定された後、特定のページおよびフィーチャータグのセットをフィルタする簡単な方法として機能します。これにより、グループページを表示すると、グループに関するマクロレベルの分析インサイトも提供されます。
  2. タグ付けされたページやフィーチャーの命名規則を定義することで、新しいPendoユーザーが簡単にインサイトを見つけられるようにします。グループは、ユーザーがプロダクトの特定の領域に絞り込むのに役立ちます。多くのPendoユーザーは、ページやフィーチャーのタイトルに階層型の命名規則を使用しています。新しいページやフィーチャーにタグを付ける際には、「レポートビルダー > レポートの編集 > 保存ボタン」のような形が、「保存ボタン」のようなタイトルよりも正確にタグを表現します。詳細については、命名のベストプラクティスの記事をご覧ください。
  3. 規則が維持されるように、新しい事業体にタグ付けする人を1人以上任命するか、より多くのユーザーグループがタグ付けできるようにしたい場合は、誰かに定期的にタグの見直しをしてもらってください。

 

メタデータの設定と使用例

メタデータとは、お客様がアプリケーションの訪問者やアカウントについてPendoに提供する情報です。ほとんどのメタデータはインストールスニペットに含まれており、エンドユーザーの新しいページが読み込まれるたびに更新されるため、設定は一度だけで済みます。将来いつでもメタデータを追加することができます。

 

メタデータを使用すると、セグメンテーションを介してより良いインサイトを得て、特定のオーディエンスをターゲティングすることができます。このドキュメントでは、より多くのユースケースを可能にするために、お客様がPendoに提供する可能性のあるメタデータの例を示しますSalesforceとの直接のインテグレーションまたはAPIコールを介して情報を渡すこともできます。

Metadata_Avery.png

管理者は、データマッピングページでメタデータの状態を確認できます。想定されるすべてのメタデータがPendoに流れ込んでいること、フィールド名がその目的を正確に反映していることを確認します。メタデータの数が多い場合は、各フィールドの定義やPendoでの使用方法をまとめたwikiやドキュメントを組織内で作成すると便利です。

Data_Mappings_Avery.png

主要フィーチャーの特定

  1. ユーザーが価値を感じ、そのフィーチャーのためにアプリケーションに戻ってきていることがわかっている主なフィーチャーをいくつか特定します。
  2. これらの主要フィーチャーをすでにご存知の場合は、セグメントを利用して、誰が期待するアクションを完了しているのか、していないのかを理解することができます。
  • セグメントを開発して、特定のフィーチャーを使用したことがある、または使用したことがないユーザーを定義します。これにより、その集団によるアプリケーションの使用方法がどのように違うのかを理解したり、使用していないユーザーに直接ガイドを提供して行動を促したりできるようになります。 Create_Segment_Avery.png
  • 主要フィーチャーがわからない場合は、ダッシュボードにあるフィーチャー定着化分析ウィジェットなどのツールを使用して、ユーザーが最もよく使用しているフィーチャーを見つけることから始めてください。
  • Feature_Adoption_Avery.png

     

    共有ダッシュボードの設定

    1. 共有ダッシュボードは、製品の使用状況の情報に関して信頼できる唯一の情報源を確立するのに役立ちます。すべてのPendoユーザーは、高度にカスタマイズされたダッシュボードから同じインサイトを得ることができ、ダッシュボードの構築は一度で済みます。
    2. ダッシュボードを編集できるのは、ダッシュボードの作成者のみです。それ以外のユーザーは、URLを介してダッシュボードへの読み取り専用アクセスを取得します。これは、ユーザーのダッシュボードリストに表示されます。

    Dashboards_Avery.png

    もっと読む