初回使用までの時間ウィジェット

最終更新日:

[初回利用までの時間(Time to First Use)]ダッシュボードウィジェットは、新規訪問者が1つ以上のイベントを初めて使用するまでに要した平均時間、最小時間、最大時間を、前の期間と比較して表示します。このデータは、新規訪問者がアプリ内の特定のイベント(ページ、フィーチャー、トラックイベント)を使用するまでにかかる時間を知るのに役立ちます。さらに、訪問者レポートデータエクスプローラで調査を行うことで、ユーザーセグメントによるオンボードの違いを理解し、イベントへのユーザーの定着化を図るためにガイドやプロダクト設計を改善することができます。

Dashboards_TimeToFirstUse.png

データを理解する

初回使用までの時間ウィジェットでは、訪問者が各イベントを初めて操作するまでの時間をボックスプロットと平均値で表示しています。これは、Pendoで記録された訪問者の最初のイベントから、イベントを初めて利用するまでに要した時間です。ボックスプロットは、最小値、下位四分位値、中央値、上位四分位値、最大値で構成され、平均値はボックスプロット内にドットで表示されます。

この計算の対象となるのは、訪問者が最初のイベントを使用し、選択した日付範囲内にそのイベントを使用した場合のみです。

CEFTUBoxPlotExample.png

プロットにマウスポインタを合わせると、プロット上の各ポイントの正確な日数やデータセット内の対象となる訪問者の数など、詳細な情報が表示されます。

  • 最小値:左端の線で表される、外れ値を除き、イベントを使用するまでに訪問者が要した最も短い日数
  • 下位四分位値:ボックスの左端で表される、データセットの下半分の中央値
  • 中央値:ボックスの中央の線で表される、データの中央値
  • 平均値:黒いドットで表される、データセットの平均値
  • 上位四分位値:ボックスの右端で表される、データセットの上半分の中央値
  • 最大値:右端の線で表される、外れ値を除き、イベントを使用するまでに訪問者が要した最も長い日数

ヒント: 訪問者の少なくとも25%が初日にイベントを利用した場合、最小値と下位四分位値は0日を示す可能性が高く、ボックスプロットはタイムラインの先頭付近で圧縮されて表示されます(これは、訪問者がそのイベントを素早く見つけていることを意味します)。これに対し、平均値、中央値、上位四分位値が離れている場合は、訪問者がイベントを素早く見つけられる方法を探す必要があります。

ボックスプロット全体がタイムラインの序盤に集中している場合、訪問者の大半がイベントを早期に発見していることになります。別のイベントの改善に重点を置くか、そのイベントの選択を見直すことを検討してください。たとえば、ログインやプロフィール情報の入力など、必要なステップであるにもかかわらず何の価値も提供しない場合は、イベントを修正する必要があります。

トレンド値には、現在の平均値と、前の期間と比較した時間の増減が表示されます。トレンド値にマウスポインタを合わせると、その変化率が表示されます。

CEFTUTrendExample.png

ウィジェットには、選択したアプリのイベント設定が表示されます。アプリのイベントを変更した場合、ウィジェットを追加または更新したり、ダッシュボードに移動したり、ブラウザを更新したりすることで、次にウィジェットを読み込んだときにその変更を確認することができます。

注:アプリの設定の[訪問者に対して受信したトラックイベントをアプリケーションの時間としてカウント]が無効になっている場合、トラックイベントに負の値が表示される可能性があります。これは、デフォルトでは、トラックイベントがアプリケーション滞在時間の計算に含まれていないためです。この設定の詳細と有効にする方法については、テクニカルノートを参照してください。

ダッシュボードにウィジェットを追加する

  1. ダッシュボードに移動し、ページの右上にある[+ウィジェットを追加(+ Add Widget)]を選択します。
  2. 利用可能なウィジェットのリストから、[初回使用までの時間(Time to First Use)]を選択します。
    Dashboards_AddWidget_TimeToFirstUse.png
  3. 必要に応じて各フィールドを編集します。
    • 名前(Name):ダッシュボード上の表示名
    • 日付範囲(Date Range):イベントの使用状況を測定する期間
    • アプリ(App):イベントの選択とプロダクトの使用状況データを照会するアプリ
    • イベント(Events):ページ、フィーチャー、またはトラックイベントの選択
    • セグメント(Segment):使用状況データを照会する訪問者(セグメントが大きいほどデータの変動が少ない)
    • アカウント(Account):使用状況データを照会するアカウント
  4. [保存(Save)]を選択し、ウィジェットをダッシュボードに追加します。
    Dashboards_TimeToFirstUse_Save.png

一般的なダッシュボードとウィジェットの機能の詳細については、ダッシュボードを参照してください。

この記事は役に立ちましたか?
3人中2人がこの記事が役に立ったと言っています