アカウントへのタグの追加

注:Pendoスニペットからアカウントに自動的にタグを付けるオプションがあります。自動タグ付けの設定方法に関する詳細は、こちらをご覧ください

アカウントのタグが重要な理由
アカウントにタグを付けることで、レポートを好きなようにセグメント化することができます。一般的な例としては、訪問者のアカウントに業界、場所、成長可能性などのタグを付けることが挙げられます。これにより、選択したタグに基づくフィーチャーの需要の変動について、さらなるインサイトを得ることができます。

アカウントのタグはどのように選べばいいですか?

あなたやあなたのビジネスにとって最も価値のあるインサイトは何かを考えてみてください。以下はその例です。

  • 地理的場所 - 訪問者のアカウントの場所は彼らのニーズに影響するでしょうか?たとえば、金融サービスや教育の分野では、外部要因により、異なる場所にいるユーザーのSaaSプロダクトに対する要求が大きく異なる場合があります。
  • 業界 - 複数のセクターのユーザーにサービスを提供しているSaaS企業は、さまざまな業界セグメントのユーザーの特定の要件を理解することが役立つと考えています。
  • 成長可能性 - フィードバックとリクエストを主要アカウントまたは戦略的アカウントから分離することで、最も重要なユーザーの要件と優先順位を理解できます。

その他の例:

  • サブスクリプションプラン
  • 契約期間
  • 会社の規模

アカウントにタグを追加するにはどうすればいいですか?

上部の検索バーでアカウントを検索してください。

または、左側のナビゲーションで[アカウント(Accounts)]を選択し、リストからタグを追加したいアカウントを選択してください。

[タグ]ボックスをクリックし、タグを入力して追加します。

アカウントがすでにタグ付けされている場合は、以下のように表示されます。

mceclip0.png

入力したタグは、タグボックスの外をクリックすると、そのお客様に対して自動的に保存されます。

また、タグを特定のカテゴリーにまとめることも可能です。これにより、[レポート]ページに関連するタグが隣り合って表示されるので、大量のリストからタグを探す手間が省けます。

カテゴリーの下にタグを追加するには、前述のようにタグセクションに入力する必要がありますが、今回は次のような形式で入力します。

[カテゴリー]:[タグ]

たとえば、「教育」というタグを「業界」というカテゴリーの一部にしたい場合は、タグセクションに「教育:業界」と入力します。

レポートでアカウントタグを使用するにはどうすればいいですか?

左側のナビゲーションにあるレポート(Reports)をクリックすると、該当ページにアクセスできます。

右側に[レポートフィルタ(Report filters)]のボックスが表示されます。

[詳細設定(Advanced)]をクリックし、[アカウントフィルタ(Account filters)]セクションが表示されるまでスクロールダウンします。

mceclip1.png

これにより、カテゴリーのリストにドロップダウンメニューが表示され、タグを選択することができます。カテゴリーに割り当てられていないタグは、このセクションの下部にある[その他(Other)]のリストに表示されます。

必要なタグを選択すると、レポートが更新され、それらのタグが付けられたリクエストのみが含まれるようになります。