Intercomチャットインテグレーションの概要

概要

Pendoリソースセンター内にIntercomのライブチャットを埋め込むと、状況に合わせたガイダンスとプロダクトウォークスルーとともに、リアルタイムのサポートを提供できます。このインテグレーションにより、Intercomのチャットスニペットによって作成されたネイティブのアクティベーションバッジが削除され、Pendoリソースセンター内でライブチャットが完全に有効になります。リソースセンターは、Pendoバッジまたはアプリケーションのターゲット要素から起動できます。

 

要件

  • Pendo管理者ユーザー
  • Intercom管理者ユーザーもしくはIntercomのチャット権限
  • Pendoサブスクリプション用の有効なIntercomインテグレーション
  • Intercomチャットスニペットをインストールできる技術者
  • 公開されたPendoリソースセンター
  • エージェントバージョン2.93.2以降

IntercomインテグレーションをPendoサブスクリプションに追加するには、Pendoカスタマーサクセスまたは営業担当者にご連絡ください。

重要事項

  • Intercomスニペットは、ページヘッダーのPendoスニペットの下にインストールする必要があります
  • リソースセンターでIntercomチャットモジュールを公開せずにIntercomスニペットをインストールすると、Intercomチャット起動バッジがUIにロードされます
  • リソースセンターは1つのチャットインテグレーションのみをサポートするため、リストにある最初のモジュールのみをロードします

インストール

Intercomチャットのインストールは、2段階で行います。リソースセンターにチャットモジュールを追加した上で、チャットモジュールを使用するすべてのページにIntercomチャットスニペットをインストールする必要があります。

Intercomスニペットがインストールされていて、RCモジュールが公開されていない場合、IntercomスニペットはUI上にIntercomの起動ボタンをロードします。公開されているリソースセンターにチャットモジュールがある場合、アプリケーションにインストールされているチャットスニペットが検出されるまで、そのモジュールはリソースセンターに表示されません。このインストール順序がフェールセーフとなり、チャットモジュールは機能しているときのみ表示されるようになります。

リソースセンターへのIntercomチャットモジュールの追加

Intercomチャットインテグレーションをサブスクリプションに追加すると、チャットモジュールをリソースセンターに追加できるようになります。アプリケーションにスニペットをインストールする前に、チャットモジュールをリソースセンターに追加し、公開する必要があります。これを行わないと、リソースセンターモジュールが追加されるまで、Intercomは起動バッジを表示します。

インテグレーション

1.[設定]>[インテグレーション]へと移動します。

2. ライブチャットインテグレーションでIntercomチャットインテグレーションを探し[インテグレーションの編集(Edit Integration)]をクリックします。

3. リソースセンターモジュールの詳細を編集します。

4. [ステージングに保存(Save to staging)]をクリックして、リソースセンターでインテグレーションを利用できるようにします。

リソースセンターの設定

5. [ガイド]>[リソースセンター]に移動します。

6.[モジュールを追加(Add Modules)]をクリックし、Intercomチャットモジュールを追加します。[モジュールを追加]をクリックして、新しいモジュールをリソースセンターのドラフトに保存します。

  • リソースセンターモジュールの順番の変更や、その他の変更を行う必要がある場合は、[自分のアプリで管理する]をクリックします。
  • Intercomチャットモジュールのセグメントは、デフォルトで[全員]に設定されています。これは変更しないでください。制限されたセグメント以外のユーザーには、Intercomチャット起動バッジが表示されます。

7.[ステージングへプッシュ(Push to Staging)]をクリックし、リソースセンターをステージングに移行します。新しいリソースセンターを確認し、ステージング環境でチャットインテグレーションをテストすることをお勧めします。

8.[本番環境へプッシュ(Push to Production)]をクリックし、新しいリソースセンターをステージングから本番環境に移行させます。これで、リソースセンターでIntercomチャットモジュールが使用できるようになります。

 

Intercomチャットスニペットのインストール

Intercomでは、チャットスニペットをインストールするためのインストール手順を提供しています。その手順は、Pendoスニペットのインストールと同様です。Intercomでは、スニペットを<body>の閉じタグの前に追加することを推奨していますが、<head>にインストールすることも可能です。スニペットがページ上に存在しない限り、リソースセンターのチャットモジュールはロードされません。

Intercom Chatスニペットは、<head>内のPendoスニペットの下にインストールする必要があります。IntercomスニペットがPendoスニペットの前にロードされた場合、Intercomはリソースセンターモジュールを使用せずに自分自身のチャット起動ボタンをロードします。

 

Intercomチャットモジュールの使用方法

エンドユーザーがリソースセンターの[Intercomチャット]モジュールをクリックすると、Intercomチャットウィンドウが開き、リソースセンターが非表示となります。これで、サポートエージェントとのチャットが開始されます。

ユーザーがサポートエージェントに接続されると、アプリ内のチャットモジュールですべての会話を行うことができます。

リソースセンターのバッジまたはアクティベーション要素をクリックすると、チャットが終了し、チャットウィンドウが閉じます。リソースセンターを再度開くと、ホームページにリソースセンターが表示されます。