モバイル向けトラックイベント

最終更新日:

トラックイベントでは、ユーザーが行ったアクションを、そのアクションを表すプロパティとともに記録できます。これにより、モバイルアプリでユーザーの行動を追跡し、Pendoのアナリティクスを利用することが可能になります。またトラックイベントはアプリ内ガイダンスのトリガーとして利用することもできます。

サポートされているフレームワーク

Flutter(SDK 2.8以降)、SwiftUI、React Native、ハイブリッドアプリにトラックイベントソリューションを使用できます。開始するには、インストールのヘルプページをご覧ください。

注:一部のフレームワークにはコードレスソリューションも用意されています。アプリが技術的な条件を満たしているかどうか、こちらの記事で確認してください。

ユースケース

モバイルトラックイベントの事例とユースケースをご紹介します。

アナリティクスの使用例

ページ閲覧数とボタンのクリック数の分析を行うには、それぞれにトラックイベントを送信する必要があります。

  • アプリの総使用量と時間経過のアナリティクス(訪問者、アカウント、アプリ内の時間)
  • 重要なアプリイベントと例外シナリオの特定のアナリティクス(ログイン、完了したトランザクション)
  • シングルユーザーアナリティクス
  • 行動アナリティクス:リテンション、パス、ファネル、カスタムレポート

ガイドの使用例

アプリの起動時やトラックイベントのトリガー時にガイドを表示できます。ガイドを起動する可能性のあるアプリの場所に、トラックイベントを追加することをお勧めします。ツールチップを除くすべてのモバイルガイドに対応しています。

  • オンボーディングカルーセル(ウォークスルー)
  • シングルステップまたはマルチステップのオンボーディングフロー(ツールチップを除く)
  • 投票調査によるユーザーフィードバックの入手
  • アプリ評価リクエスト(iOS+Android)
  • 機能のお知らせ
  • 新バージョンの最新情報
  • アプリのバージョンアップリクエスト
  • 古いアプリバージョンの終了

トラックイベントを使用すると、アプリ内で発生したあらゆるイベントを報告できます。以下はその例です。

  • ユーザーのステータスの変更
  • 重要な商取引など、ユーザーが行った行為
  • アナリティクスを収集したいボタンのクリック数またはページ閲覧数

 

この記事は役に立ちましたか?
2人中0人がこの記事が役に立ったと言っています