フィードバックでのリクエストの割り当て

これが重要な理由

リクエストを任意のチームメンバーに割り当て、アクションが必要であることを通知します。チームメンバーはリクエストをフィルタリングしてノイズを取り除き、自分に割り当てられたリクエストだけを表示することができます。[参照]ページでは、担当者を含めたリクエストの詳細を簡単に確認することができます。

概要

リクエストを割り当てるには、リクエストページを開き、ページの右側にある[リクエストアクション(Request actions)]ボックスの[担当者(Assignee)]ドロップダウンメニューをクリックします。ここから、リクエストを自分に割り当てることも、割り当てたいチームメンバーまでスクロールダウンすることもできます。ユーザーはアルファベット順に表示されます。

mceclip0.png

 

チームメンバーが割り当てられると、ページ上部に確認のバナーが表示され、担当者には通知のメールが届きます。

リクエストを一括して割り当てるには、左のナビゲーションバーにある[参照]をクリックして、参照ページに移動します。目的のリクエストを選択し、ページの右側にある[アクションの選択(Choose action)]ドロップダウンをクリックします。[担当者の一括編集(Bulk Edit Assignee)]をクリックすると、リクエストの担当者を追加または削除することができます。

mceclip1.png

 

mceclip2.png

メール通知

自分やチームメイトにリクエストを割り当てるたびに、担当者にメールが届きます。メール設定を編集してこれらのメールをオフにするには、画面右上のプロファイルアイコンをクリックし、[メール設定(Email Settings)]に進み、[リクエストの割り当て(Request Assignment)]のチェックを外します。

 

mceclip3.png

メールの例

担当者によるリクエストのフィルタリング

リクエストとその担当者をすばやく確認するには、[参照]ページに移動します。

mceclip4.png

担当者でリクエストをフィルタリングするには、[参照]ページの右側にある[フィルタと一括処理(Filters and Bulk actions)]ボックスに移動します。[担当者(Assignee)]ドロップダウンをクリックして、自分の名前、またはリクエストを確認したいチームメンバーの組み合わせを選択します。

mceclip5.png

要件

リクエストをチームメンバーに1人ずつ、または一括して割り当てるには、以下の権限が必要です。

  • 「リクエストの編集」
  • 「チームメンバーへのリクエストの割り当て」

mceclip6.png

リクエストは誰でも一括して自分に割り当てることができますが、リクエストを1つずつ、つまりリクエストページから自分に割り当てるには、「リクエストの編集」権限が必要です。

フィードバックの権限の詳細については、こちらをご覧ください

ベストプラクティス

リクエストは、アクションが必要なときに誰かに割り当てる必要があります。次に例を示します。

  • 進行中またはレビュー中のリクエストを、オーナーのビューに追加したい場合
  • リクエストにトリアージの追加レイヤーが必要であり、対象分野の専門家に確認してもらいたい場合
  • リクエストのステータスを更新する必要があるため、コミュニケーションチームに知らせる場合
  • リクエストがサポートチケットのようなもので、サポートチームからお客様に連絡を取る必要がある場合
  • リクエストが解約の可能性を示している可能性があり、PMに緊急で見てもらいたい場合

 

プロダクトエリアは、一般的にオーナーシップの領域を表すためにフィードバックで使用されます。プロダクトマネージャーは通常、1つまたは複数のプロダクトエリアを担当します。これがプロダクトまたはチームに当てはまらない場合は、リクエスト担当者からオーナーシップの概要を示すための良い代替手段が提供されます。

すべてのリクエストを分類したり割り当てたりすると、すぐに管理できなくなってしまうことがあるので注意が必要です。すべてのリクエストがロードマップの会話に付加価値を与えるわけではないので、すでに戦略に適合しているリクエスト、緊急性のあるリクエスト、投票や収益などの観点で価値が実証されているリクエストを分類することを重視してください。

リクエストの割り当てを開始する前に、社内ユーザーのメール設定を確認してください。そうすることで、特にこれが日々のワークフローとなる場合に、メール通知に圧倒されることがなくなります。

よくある質問

リクエストの割り当てができないのはなぜですか?

適切な権限を持っていない可能性があります。この記事の要件セクションを確認し、必要に応じて社内のフィードバックマネージャーに権限の調整を依頼してください。