ガイドのパーソナライズ

概要

ガイドのパーソナライズにより、モバイルガイドのテキストビルディングブロックやウェブガイドのコードブロックに、訪問者やアカウントのPendoメタデータを組み込むことができます。ガイドコンテンツプロパティを選択して、ガイドのコピーに変数を追加します。これらの変数は、Pendoの訪問者またはアカウントからメタデータを自動的に取り込むか、メタデータがない場合はフォールバックテキストを取り込みます。たとえば、ガイドのパーソナライズを使用して、オンボーディング時にユーザーの名前で挨拶したり、モーダルでユーザー情報を確認したり、アプリ内トレーニングの動的要素として役割やステータスを含めたりすることができます。

guidepersonalization.png

 

要件

  • モバイルガイドSDK 2.14以降
  • コードブロックのウェブガイド
  • ガイドの作成者もしくはコンテンツ編集者のユーザーの役割

ガイドコンテンツプロパティの使用

ガイドコンテンツプロパティは、ガイド表示時に訪問者またはアカウントのメタデータ値で置き換えられるコード化された変数です。たとえば、visitor.agent.name = "Jane Doe"とした場合、こんにちは、<%=visitor.agent.name%>さんこんにちは、Jane Doeさんと表示されます。

訪問者やアカウントにそのメタデータの値がない場合、デフォルト値としてフォールバックテキストを使用します。たとえば、フォールバックテキストフィールドが「最も初期の採用者」に設定されている場合、こんにちは、<%=visitor.agent.name%>の皆様こんにちは、最も初期の採用者の皆様と表示されます。

モバイルセッション中にPendoに渡された訪問者とアカウントのメタデータのみがプロパティとして使用できます。Pendoに保存されている、前のセッションで渡されたデータやインテグレーション(Salesforceやsegment.ioなど)から渡されたデータは、ガイドのパーソナライズには使用できません。

 

モバイルガイド

ガイドコンテンツプロパティは、テキストビルディングブロックや投票調査の質問など、あらゆるテキストビルディングブロックで使用できます。プロパティは、他のテキスト編集と一緒に、テキスト編集モーダルの[一般]セクションに追加されます。

1. [プロパティの選択(Select a property)]ドロップダウンをクリックします

propertydropdown.png

 

2. ガイドに含めたいプロパティを選択します。コード化された変数は、テキストカーソルの位置にインラインで追加されます。プロパティはいくつでも使用できます。

Propertycopy.png

 

3. フォールバックテキストを追加します。このテキストは、訪問者またはアカウントのメタデータに値がない場合に、コピーの相違を避けるために使用されます。フォールバックテキストは必須ではありません。フィールドを空白のままにすると、変数コードは自動的に削除され、何も表示されません。

Fallbacktext.png

 

4. [完了]をクリックすると、テキストの変更が保存されます。

mobileguidedone.png

 

5.ガイドをテストします。[ステップデザインを表示(View Step Design)]または[アクティベーションしてガイド全体をテストする(Test Full Guide with Activation)] で、デバイスにパーソナライズされたプロパティが表示されることを確認します。

PreviewGuide.png

 

よくある質問

データが表示されることを確認するにはどうすればいいですか?

必要に応じてプロパティが表示されることを確認するには、同じセッション中でガイドをアクティベーションする前に、ガイドに表示したいプロパティが送信されていることを確認します。初期化中に渡されたデータが使用可能になります。必要があれば、専用APIのsetVisitorDatasetAccountDataを使用して、セッション中に訪問者とアカウントのメタデータを更新できます。