Pendo Freeの概要

Pendo Freeのサブスクリプションはhttps://www.pendo.io/pendo-free/で作成できます。

Pendo FreeはPendoプラットフォームの無料版で、Pendoで特に人気のある機能が含まれています。ユーザーの行動に関するインサイトの収集を開始し、アプリ内メッセージを配信し、レポートとダッシュボードを無料で共有できます。Pendo Freeは、ウェブおよびモバイルアプリケーションで利用可能です。

Pendoスニペットをインストールすると、Pendoはガイドを配信し、インストール時からすべてのユーザーの行動に関するイベントを収集します。これにより、それ以降いつでもフィーチャーやページにタグ付けでき、後で有料のPendoサブスクリプションにアップグレードした場合でも、使用状況データをインストール時まで遡って取得できます。

 

Freeの機能

Freeのサブスクリプションで以下の機能を利用できます

  • ダッシュボード
  • ページ、フィーチャー、およびトラックイベントのタグ付けと使用状況データ
  • 訪問者(匿名の訪問者を含む)とアカウントの追跡およびレポート作成
  • セグメント
  • リテンション、パス、ファネルのレポート作成
  • ガイド

 

追加の設定が利用可能です

  • 制限なしの追加ユーザー
  • カスタムメタデータ
  • イベントのプロパティ
  • 除外リストと包含リスト
  • ガイドのステージング

 

Freeの制限

Freeのサブスクリプションでは、利用できない機能があります。有料版のサブスクリプションにアップグレードすることで制限をなくすことができます。

Freeで利用できない有料版の機能

  • プロダクトエリア
  • データエクスプローラ
  • プロダクトエンゲージメントスコア(PES)
  • リソースセンター
  • ネットプロモータースコア(NPS)調査
  • Pendo Feedback
  • インテグレーション

 

Pendo Freeには、最大500人の月間アクティブユーザー(MAU)というソフト面での制限があります。MAUは、30日間のすべての一意の訪問者IDを合計して計算されます。サブスクリプションがこの制限に近づくと、MAUの制限に達しようとしていることを示すバナーが表示されます。500人のMAUの制限を超えると、Pendoの営業担当者が、有料版のサブスクリプションへのアップグレードとさらなる価値の提供についてご案内いたします。

 

無料トライアル

スニペットをインストールすると、14日間の無料トライアルですべての機能を利用できます。無料トライアルでは、インテグレーションとFeedbackを除くすべての有料機能を利用できます。

無料トライアルで利用可能な機能

  • ダッシュボード
  • ページ、フィーチャー、およびトラックイベントのタグ付けと使用状況データ
  • 訪問者(匿名の訪問者を含む)とアカウントの追跡およびレポート作成
  • セグメント
  • リテンション、パス、ファネルのレポート作成
  • ガイド
  • プロダクトエリア
  • データエクスプローラ
  • プロダクトエンゲージメントスコア(PES)
  • リソースセンター
  • ネットプロモータースコア(NPS)調査

 

14日間のトライアルが終了したら

14日間の試用期間が終わると、有料版の機能のみ自動的に無効になります。プロダクト領域、PES、およびデータエクスプローラーのレポートにはアクセスできなくなります。公開されていたリソースセンターとNPS調査は動作しなくなります。

 

有料版サブスクリプションへのアップグレード

Freeのサブスクリプションから有料版のサブスクリプションへのアップグレードは、いつでも可能です。ナビゲーションメニューから[アップグレード]を選択し、アップグレードリクエストフォームに必要事項を記入してください。Pendoの営業担当者がお客様にご連絡し、Pendo契約を設定してサブスクリプションをアップグレードします。インストール後に収集されたすべてのイベントデータと、Freeのトライアル中に追加したものを含む、サブスクリプションのすべての構成が保持されます。