条件付きでPendoを初期化する

基本的なPendoのインストールでは、アプリケーションのすべてのユーザーに対してPendoを初期化し、 除外/包含リストを使用して、特定の訪問者ID、アカウントID、またはドメインから分析を除外します。これは、下位(テスト/ステージング)環境から訪問者を除外したり、内部ユーザーを除外したりするのに適しています。

ただし、ユーザーグループを除外するときに、訪問者ID、アカウントID、またはドメインを使用できない場合があります。その場合は、Pendoを条件付きで初期化できます。

 

AcmeCorp CRMアプリでは、訪問者は無料プランまたは有料プランのいずれかです。この例では、有料プランの訪問者に対してのみPendoを初期化します。無料の訪問者は複数のアカウントに属しており、全員がプライマリ(本番)ドメインでアクティブであるため、除外リストを使用してアクティビティを除外することができないからです。

この場合、条件付きでPendoを初期化して、有料ユーザーがサインインしたときにのみ実行されるようにします。これを行うには、Pendoスニペットを更新して条件付きロジックでラップし、Pendoを初期化する場合と初期化しない場合を決定する必要があります。

以下の疑似コードは、それを行う方法を示しています。

if (user.type=='paid'){
 pendo.initialize()...
else {
}

 

この例では、「無料(free)」または「有料(paid)」のいずれかの「タイプ(type)」の特性を持つユーザーがいます。Pendoの初期化コードをif/elseステートメントでラップして、訪問者の「type」特性をチェックし、「paid」と等しい場合にのみPendoを初期化します。これにより、すべての「paid」ユーザーに対してPendoを引き続き使用しながら、すべての「free」ユーザーをPendoから除外できます。