制限されたネットワーク環境での訪問者のホスト名リスト

最終更新日:

ファイアウォール、VPN、ウェブフィルターなどを使用して、事前承認されたドメインにしかアクセスできないようにネットワーク環境を制限している場合、その環境を利用するお客様のユーザーは、Pendoサーバーへのトラフィックを許可するようネットワーク管理者にリクエストする必要がある場合があります。

ドメインごとの許可リスト

アウトバウンドトラフィック(TCP 443)の場合、次のドメインが許可されていることを確認してください。

  • app.pendo.io
  • cdn.pendo.io
  • data.pendo.io
  • pendo-io-static.storage.googleapis.com
  • pendo-static-YOUR_SUB_ID.storage.googleapis.com

上記の最後のドメインでは、YOUR_SUB_IDをお客様固有のサブスクリプションIDに置き換える必要があります。サブスクリプションIDは、Pendoにログインした際のURLで確認できます(例:https://app.pendo.io/s/YOUR_SUB_ID/ )。これは、すべてのPendoインスタンスに適用されます。

サブスクリプションIDの確認にサポートが必要な場合、または上記の完全修飾ドメイン名(FQDN)を使用する代わりにIPアドレスの許可リスト登録が必要な場合は、Pendoアカウントの担当者またはテクニカルサポートまでお問い合わせください。

代替手段としてのCNAME

PendoはCNAMEの設定にも対応しており、すでに組織で承認済みのドメインをPendoドメインのエイリアスとして設定することもできます。この設定の詳細については、Pendo EngageのCNAMEを参照してください。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています