ガイドのテキストスタイリングのためのMarkdown構文

:この記事は、2019年2月18日にリリースされた新しいビジュアルデザインスタジオの操作性について説明しています。この日付以前からのお客様で、旧デザイナーを使用したいとお考えの場合は、前のバージョンを参照してください

概要

Pendoのビジュアルデザインスタジオは、HTML、CSS、JavaScriptをコードブロックでサポートしています。これにより、ユーザーは技術的なカスタマイズを追加することができます。ガイドコンテンツ内のテキストにスタイルを設定するために、いくつかのMarkdown構文がサポートされています。WYSIWYGコントロールを使用すると、ガイドコンテンツにMarkdown構文が自動的に適用され、プレビュー内でスタイルがレンダリングされます。

wysiwyg.gif

この記事では、PendoガイドのテキストブロックでサポートされているMarkdownの構文について説明します。

利用可能な構文

太字

**Bold**
 

斜体

斜体の構文は2つの方法をサポートしています。

*Italics*

または

_Italics_

 

下線

++Underline++

 

取り消し線

~~Strikethrough~~

 

リンク

[title](https://www.example.com)

 

順序付きリスト

1. First item
2. Second item
3. Third item

 

順序なしリスト

- First item
- Second item
- Third item
または
* First item
* Second item
* Third item

または

+ First item
+ Second item
+ Third item

 

個別の色付きテキスト

{color: #000000}色付きテキスト{/color}

マークダウンをエスケープする

Markdownの構文を使用しない場合は、表示テキストで特殊文字を使用できます。このシナリオでMarkdownをエスケープするには、Markdownとしてピックアップされている文字の前に\を追加します。

:メールリンク[first_lastname.example.com](mailto:first_lastname.example.com)を作成しようとしている場合。

表示テキストの_はMarkdownとして拾われる可能性がありますが、_の前に\を追加することでこれをエスケープでき、リンクは以下のようになります。[first\_lastname.example.com](mailto:first_lastname.example.com)