組織設定の概要

最終更新日:

組織設定は、サブスクリプション設定の上位のレベルです。この設定では、1つまたは複数のPendoサブスクリプションに対する企業ユーザーのアクセスおよび共有コンテンツを管理できます。組織設定の構成は単一のサブスクリプションで利用でき、また共有の組織IDを使用した場合はビジネス全体の複数のサブスクリプションで利用できます。

組織レベルの設定では、次に関しての設定ができます。

  • 過去30日間にアプリケーションを使用した一意のアクティブな訪問者数を示す、現在の月間アクティブユーザー(MAU)を表示できます。詳細については、MAU指標を参照してください。
  • CNAMEを設定することで、独自のサブドメイン名の下にホスト名を作成し、これをPendoのホスト名の代わりに使用できます。詳細については、PendoのCNAMEを参照してください。
  • SCIMを設定することで、ビジネス全体でPendoデータへのアクセスを管理できます。詳細については、PendoでSCIMを設定するを参照してください。
  • 組織レベルのユーザーアクセスを設定することで、組織管理者組織コンテンツマネージャーのいずれかのアクセス権を他のPendoユーザーに割り当てることができます。詳細については、組織ユーザーを参照してください。
  • 複数のサブスクリプション間で共有されるガイドのテーマやレイアウトを構築できます。詳細については、組織ライブラリを参照してください。

[組織設定(Organization Settings)]で表示されるタブは、上記のどの機能を契約しているかによって異なります。

前提条件

  • Pendoが付与する[組織の設定(Organization Settings)]へのアクセス権限
  • 組織の設定を管理するための組織管理者権限
  • サブスクリプション設定を管理するためのサブスクリプション管理者権限。
  • [組織ライブラリ(Organization Library)]を管理するための組織コンテンツマネージャー権限

MAUタブ

MAUタブには、月間アクティブユーザー(MAU)の計算と概要が表示されます。MAUとは、過去30日間にあなたのアプリケーション(複数ある場合は複数のアプリケーション)を利用した一意のアクティブな訪問者の総数を指します。一意の訪問者は、一意の訪問者ID値から推測されます。訪問者IDの値は、Pendoをインストールして設定するときに定義されます。

[組織の設定]のMAUタブは、次のようなことに活用できます。

  • 請求の透明化:利用中のPendoプランはMAUの上限によって決まる部分があり、過去のMAUを定期的に追跡することで、予期せぬ請求を回避することができます。
  • MAUデータのフィルタリング:MAUを日付範囲、サブスクリプション、アプリケーション、識別された訪問者、匿名の訪問者ごとに確認して、急増した一意のアクティブ訪問者がどこから来ているのかを確認できます。

詳細については、MAU指標を参照してください。

CNAMEタブ(ベータ版)

クローズドベータ版のお客様は、CNAMEタブを使用して、組織レベルで独自のCNAMEレコードを設定できます。ここでは、お客様独自のバニティドメイン(サブドメイン)の下にホスト名を作成できます。このホスト名は、イベントの送信やガイドコンテンツのダウンロードの際に、Pendoのホスト名の代わりに使用されます。設定のためにサポートチームに連絡する必要はありません。これは、ブランドの一貫性を保ち、広告ブロックソフトウェア、ファイアウォール、ウェブフィルターなどによって引き起こされるアクセスの問題を解決するのに役立ちます。

詳細については、組織のCNAMEを設定するを参照してください。

SCIMタブ

SCIMタブでは、組織をSCIMプロバイダーに接続し、その組織内のPendoサブスクリプションのSCIMユーザー管理を有効にすることができます。これらのユーザーは、セキュリティアサーションマークアップ言語(SAML)のシングルサインオン(SSO)を使ってPendoにアクセスできます。ここでは、特定のサブスクリプションとそのサブスクリプション内のグループに付与されたアクセスに対してSCIMを有効にすることで、企業全体のPendoアクセスを正確に制御することができます。

詳細については、PendoでSCIMを設定するを参照してください。

ユーザータブ

[ユーザー(Users)]タブでは、組織の設定の編集アクセス権限を管理することができます。[組織ユーザー(Organization Users)]テーブルには、組織レベルの権限を持つすべてのユーザーのリストが表示されます。

組織アクセス権限には、組織管理者(Org Admin)組織コンテンツマネージャー(Org Content Manager)の2種類の役割があります。組織管理者は、組織のユーザーアクセス、プロビジョニング、セキュリティ設定、組織ライブラリなど、すべての組織の設定にアクセスできます。組織コンテンツマネージャーは、組織ライブラリ内の複数のサブスクリプション間でのみ、テーマやレイアウトを共有できます。詳細については、組織ユーザーを参照してください。

組織管理者

組織の設定は、組織管理者が管理を行います。通常、システムセキュリティと技術スタック内のソフトウェアツールへのアクセスを担当するITマネージャーがこの役割を担います。組織管理者は、組織内の任意のサブスクリプションの任意のユーザーによる組織の設定へのアクセス権を管理できます。

組織管理者は、デフォルトでは組織内のサブスクリプションに対するサブスクリプション管理者アクセス権を持ちません。サブスクリプションレベルの設定は、サブスクリプション内のサブスクリプション管理者によってのみ管理されます。ユーザーを組織管理者に割り当てるには、サブスクリプションへのいずれかのレベルのユーザーアクセス権(閲覧者など)が必要です。

新しい組織の最初のユーザーには、組織管理者の役割が自動的に割り当てられ、必要に応じて追加の組織管理者を指定できます。組織管理者は常に1名必要です。最初の組織管理者を含む組織管理者アクセス権は、別の組織管理者がいつでも取り消すことができます。

組織コンテンツマネージャー

組織ライブラリで共有されるガイドのテーマやレイアウトは、組織コンテンツマネージャーが管理します。組織コンテンツマネージャーは、組織内のすべてのサブスクリプションにわたってすべてのテーマとレイアウトを閲覧でき、すべてのテーマとレイアウトを組織内の他のサブスクリプションで表示できるよう設定できます。組織コンテンツマネージャーは、他の組織の設定にはアクセスできません。

組織ライブラリタブ(ベータ版)

[組織ライブラリ(Organization Library)]タブは、組織内のサブスクリプション間でガイドテーマとレイアウトを共有するための中心的なハブです。組織コンテンツマネージャーは、組織全体でガイドデザインコンポーネントを共有できるため、各Pendo環境でコンポーネントを手動で再作成する必要がありません。

組織コンテンツマネージャーは、任意のサブスクリプションでテーマやレイアウトを選択し、そのコンテンツを組織内の一部のサブスクリプションまたはすべてのサブスクリプションで表示できるよう設定できます。

あるサブスクリプションのガイドデザイナーが、個々のサブスクリプションでテーマとレイアウトを設定すると、それが組織ライブラリに自動的に表示されます。テーマとレイアウトがサブスクリプションと共有されると、ガイド作成者のガイド作成ワークフローには、サブスクリプションのテーマやレイアウトと一緒に、組織テーブルごとの組織のテーマとレイアウトが表示されます。

詳細については、組織ライブラリを参照してください。

この記事は役に立ちましたか?
1人中1人がこの記事が役に立ったと言っています