DNPを使用して追跡からオプトアウトする

最終更新日:

DNPは「処理禁止(Do Not Process)」の略で、Pendoがサブスクリプション内の特定の訪問者やアカウントを追跡しないようにするための設定です。DNPを使用して、訪問者とアカウントをPendoによる追跡からオプトアウトする方法は、以下の2通りです。

DNPを使用しても、イベント履歴は引き続きPendoで表示できます。過去のデータを消去したい場合は、APIを使用したアカウントと訪問者の一括削除で説明しているように、訪問者とアカウントの削除エンドポイントを使ってプログラムで行うか、一般データ保護規則(GDPR)の記事で説明しているように、Pendoサポートにリクエストを送信することで行うことができます。GDPRの完全な削除をリクエストしていない場合も、Pendo UIから過去のデータにアクセスできます。

仕組み

訪問者またはアカウントにDNPとしてフラグを設定すると、その訪問者またはアカウントに関する今後のイベントは記録されなくなり、ガイドはその訪問者またはアカウントに表示されなくなります。この設定は、次の目的で使用されます。

  • GDPR削除プロセスの一環として。詳細については、一般データ保護規則(GDPR)を参照してください。
  • 単独で使用して、過去のイベントデータを削除することなく、訪問者またはアカウントの今後のイベントが記録されるのを防ぎます。

Pendo UIからDNPを有効にする

Pendo UIの訪問者またはアカウントの詳細ページを通じて、Pendoのデータ追跡から訪問者とアカウントをオプトアウトできます。

訪問者ページから

個々の訪問者をPendoによる追跡から除外する場合は、以下の手順を実行します。

  1. Pendoサブスクリプションで、[ピープル(People)]>[訪問者(Visitors)]に移動します。
  2. Pendoによる追跡をオプトアウトする訪問者を見つけて選択します。
  3. [詳細(Details)]で、 [処理禁止(Do Not Process)]チェックボックスをオンにします。

アカウントページから

個々のアカウントをPendoによる追跡から除外する場合は、以下の手順を実行します。

  1. Pendoサブスクリプションで、[ピープル(People)]>[アカウント(Accounts)]に移動します。
  2. Pendoによる追跡をオプトアウトするアカウントを見つけて選択します。
  3. [詳細(Details)]で、 [処理禁止(Do Not Process)]チェックボックスをオンにします。

メタデータエンドポイントを使用してDNPを有効にする

APIを使用して、以下のエンドポイントへのAPI呼び出しを行うことで、訪問者またはアカウントのdoNotProcessフラグをプログラムで設定できます。https://app.pendo.io/api/v1/metadata/:kind/pendo/value/:id/donotprocess

これはメタデータエンドポイントの一部であり、Pendoの訪問者とアカウントのメタデータ値を設定するために使用されます。

Pendoガイドを使用して訪問者をオプトアウトする

エンドユーザーにオプトアウトメッセージを表示し、投票とアンケート調査の回答を処理し、その訪問者のイベントの処理を停止するフラグを設定できます。

  1. Pendoガイドを作成して、追跡をオプトアウトするユーザーのリストを取得します。はい/いいえ形式の投票とアンケート調査のビルディングブロックを使用して、オプトアウトオプションを含めます。このガイドは、特定された訪問者にのみ提示してください。
  2. PendoのWebhookを、訪問者の投票とアンケート調査の回答とともにZapierなどの宛先に送信し、ガイドの結果を取得して処理できるようにします。
  3. メタデータエンドポイントにAPIコールを送信して、doNotProcessフラグを設定します。これによりWebhookが処理され、訪問者がPendoによる追跡をオプトアウトしたかどうかが識別されます。

DNPの設定は、ページが読み込まれた後に有効になります。

DNPレコードを取得する

以下のいずれかを使用してアグリゲーションエンドポイントにAPIコールを送信することで、プログラムでDNPレコードを取得できます。

  • doNotProcessVisitorsアグリゲーションソースを使用すると、doNotProcessとしてマークされた訪問者が作成したイベントを返します。
  • doNotProcessAccountsアグリゲーションソースを使用すると、doNotProcessとしてマークされたアカウントが作成したイベントを返します。

 

 

この記事は役に立ちましたか?
2人中1人がこの記事が役に立ったと言っています